【特別企画】

大容量のデータ移行問題。製品の比較検討の末、急成長企業が出した答えとは!?

[2014/03/10 15:10] ブックマーク ブックマーク

事業継続

急成長を続けるソフトバンク・テクノロジーが抱えていたデータ管理問題。すでに3.5TBに達していたデータを、いかに業務を止めずに遠隔地の大容量ファイルサーバへとリプレースするかが課題となっていた。本稿では、同社がどのように問題解決へたどり着いたのか、さらには解決後の効果についても詳しく紹介する。

会社が急成長を続ける中で、増大するデータへの対応に追われる。

3.5TBにも及ぶ大容量データも、レプリケーションソフトを使用すれば、業務を止める事なく実行できる

ソフトバンク・グループの一角を占めるITサービスベンダーのソフトバンク・テクノロジー株式会社。 「会社が大きく成長すること」をスローガンとして掲げ、成長戦略を続ける同社は、増収を重ねながら、更なる成長を続けている。 しかし、急成長の中にあって、限界が見え始めたのが社内のITリソースだ。 業務で扱うデータが膨れ上がり、既存のファイルサーバの余裕がなくなりつつある状況を受け、いかに現場の業務を止めることなく、ファイルサーバを拡張、もしくは刷新するか迫られる中、その解決策として採用されたレプリケーションソフトとは......

比較検討の結果、ソフトバンクテクノロジーが出した最適解とは!?

他社製のバックアップ・ツールの比較はもちろん、当初はDFS-Rやrobocopyを使用する事を検討していた同社が、何故"レプリケーションソフト"を選択したのか? 本項では、ソフトバンク・テクノロジー株式会社の事例を基に、 大容量データを引き継ぎながら、遠隔地にあるWindows Server 2012のクラスタリング環境へのレプリケーションを、ごく短期間で成し遂げたレプリケーションソフトの実力と導入経緯をご紹介する。

<続きはPDFで ⇒ ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

内容一覧

  • 複数の企業で利用しているファイルサーバから自社のデータだけを切り出してWindows Server 2012へ移行したい
  • DFSレプリケーションや複数のバックアップソフトで比較検討した結果
  • 業務を止めずにリプレースを実現し、自社サービスとしての展開も視野に

『遠隔地へのファイルサーバのリプレースを業務を止めずに実現』の
導入事例を無償配布中


本稿で紹介している、日本CA株式会社による『遠隔地へのファイルサーバのリプレースを業務を止めずに実現』の導入事例を無償で配布しています。

大容量のファイル管理問題に悩むシステム管理者の方に、ご一読をお勧めいたします。

⇒ホワイトペーパーダウンロード

475
2
大容量のデータ移行問題。製品の比較検討の末、急成長企業が出した答えとは!?
2017-05-23 14:22:34
急成長を続けるソフトバンク・テクノロジーが抱えていたデータ管理問題。すでに3.5TBに達していたデータを、いかに業務を止めずに遠隔地の大容量ファイルサーバへとリプレースするかが課題となっていた。本稿では、同社がどのように問題解決へたどり着いたのか、さらには解決後の効果についても詳しく紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-02-12-001-index.top.jpg
急成長を続けるソフトバンク・テクノロジーが抱えていたデータ管理問題。すでに3.5TBに達していたデータを、いかに業務を止めずに遠隔地の大容量ファイルサーバへとリプレースするかが課題となっていた。本稿では、同社がどのように問題解決へたどり着いたのか、さらには解決後の効果についても詳しく紹介する。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る