【特別企画】

管理者にお馴染みの"バックアップ問題"、Win/Linux混在環境の担当者が出した答えとは?

[2013/12/27 16:54] ブックマーク ブックマーク

事業継続

地味ながらも面倒なうえ、ミスが許されないために精神的苦痛も伴うシステム管理作業。それがバックアップではないだろうか。

特に潤沢な予算を確保できない中堅・中小企業の非基幹システムでは、こうした苦痛を強いられるケースが多い。

コスト抑制のためにLinuxを使って自力で構築したが、運用に関してもお金をかけられず、シェルスクリプトを組んでバックアップを行う。しかし、細かい作業にそれなりの人足をとられるため結果的にコストが嵩んでいるうえ、実のところ正常にリストアできるかも怪しい。そんな現場は枚挙に暇がない。

ここで取り上げるのは、そうした課題に直面していたアプライドテクノロジーの事例である。

Windows系とLinux系のバックアップ作業をまとめ、
Amazon S3へもデータ転送!

Windows系システムはツールにより効率的なバックアップができていたが、Linux系システムは手つかずだったというアプライドテクノロジー。

Windows系システム38世代と、Linux系システム4世代をバックアップ。すべてを一画面で管理している

できればLinux系システムも同様に効率化したい、というのが同社の要望である。

しかも、どうせならWindows系システムの作業と統合したい。さらに言えば、事業継続のためにAmazon S3へもデータを転送しておきたい。そんなニーズを併せ持っていたという。

当然ながら予算にも限りがあった同社だが、いかにしてこれらの要望を実現したのか。詳細をPDFで解説しているので、確認してほしい。

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

Linux/Windows混在環境の"バックアップ問題"
解決事例を無償配布中


本稿で紹介している、日本CA株式会社による『Linux、Windows混在環境のシステム復旧体制を構築、自社と顧客双方へのさらなる安心・安全を提供する』の導入事例を無償で配布しています。

Windows系システム、Linux系システムでのバックアップ環境構築の課題を抱える方々にぜひ、「CA ARCserve D2D for Linux」導入事例のご一読をお勧めします。

⇒ホワイトペーパーダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
458
2
管理者にお馴染みの"バックアップ問題"、Win/Linux混在環境の担当者が出した答えとは?
2017-05-22 17:48:35
地味ながらも面倒なうえ、ミスが許されないために精神的苦痛も伴うシステム管理作業。それがバックアップではないだろうか。コスト抑制のためLinuxを使って自力で構築したが、運用に関してもお金をかけられず、シェルスクリプトを組んでバックアップを行う。しかし、細かい作業にそれなりの人足をとられるため結果的にコストが嵩むうえ、実のところ正常にリストアできるかも怪しい。そんな現場は枚挙に暇がない。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-12-27-006-index.top.jpg
地味ながらも面倒なうえ、ミスが許されないために精神的苦痛も伴うシステム管理作業。それがバックアップではないだろうか。コスト抑制のためLinuxを使って自力で構築したが、運用に関してもお金をかけられず、シェルスクリプトを組んでバックアップを行う。しかし、細かい作業にそれなりの人足をとられるため結果的にコストが嵩むうえ、実のところ正常にリストアできるかも怪しい。そんな現場は枚挙に暇がない。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る