【特別企画】

バックアップを革新する次世代型データ保護ソリューションとは

[2019/02/13 10:00] ブックマーク ブックマーク

  • 事業継続

事業継続

データの価値がますます上がってきている今、バックアップに代表されるデータ保護の重要性が高まっている。これまでのバックアップシステムは必要に応じて順次アプライアンス製品などを追加しなければならないケースが多く、構築も運用も複雑化する傾向があった。

つまり、誰もが自由にバックアップデータを活用するためには「設計・構築を簡素化するシンプルな構成」と、「簡単かつわかりやすい操作性」が求められるようになるのだ。そして、これらを提供できるのが、次世代型のバックアップソリューション「ルーブリック(Rubrik)」だ。

「オールインワンのアプライアンスによる、容易な設計と構築」「クラウドの活用、クラウド利用を加速」「単一障害点がなく、どのノードダウンにも対応。対障害性に優れる」など、そのメリットは多岐に渡る。

本ホワイトペーパーでは、オンプレミスからクラウドへと移行が進みつつあるデータ活用の現状と、その中で特に大きな課題として立ちはだかるデータ保護について、ルーブリックをすでに導入しているお客様の事例をもとに紹介していく。

提供レポートのご案内

バックアップを革新する
次世代型データ保護ソリューション「ルーブリック」

≪目次≫

  • 次世代型データ保護「ルーブリック」とは何か
  • 1年使ってノートラブル「株式会社 コミュニティ ネットワークセンター」

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:ルーブリック・ジャパン

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る