【特別企画】

ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?

[2018/10/19 08:00] ブックマーク ブックマーク

事業継続

データの安全で効率的な管理に役立つソリューションをチェック

⇒ PDFのダウンロードはこちら

「企業や事業の成長に合わせてシステムを拡張していった結果、複雑で難解なものになってしまった」という課題を抱える企業は、少なくないだろう。こうしたシステムでは運用業務が非効率になり、データの保護管理においても統制をとることが難しくなる。重要なデータがいくつものストレージに散在していたり重複保存されていたりすれば、セキュリティ上のリスクも高まってしまうだろう。

場当たり的な修正や機能追加を繰り返しながら、現状のシステムを運用し続けなければならない理由には、高額なリプレース費用があるだろう。だが非効率な運用・保守にかかるコストやITスタッフの労力、さらにはデータ管理での混乱から発生するかもしれない大きな損失のことを考えれば、今こそ、将来性のあるシステムへの移行を検討すべきだといえるかもしれない。

ソフトウェア導入によりデータ保持コストが約70%削減

本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得るCommvaultについて説明した資料を紹介する。Commvaultは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

資料では、複雑なスクリプトを作成することなく、様々なベンダーのストレージ アレイからアプリケーションと整合性のあるスナップショットを作成できる「ハードウェア スナップショット管理技術」、データ保持コストを約70%も削減できるデータ保持の仕組みなど、データの安全で効率的な管理に役立つCommvaultの特長や導入効果が解説されている。

IT分野の人材不足が深刻化するなか、効率的な業務と高い安全性の両立を望まれているなら、ぜひ本資料をご一読いただき、新システムの構想にお役立ていただきたい。

提供レポートのご案内

バックアップとリカバリ環境をコントロールする5つの方法

従来の混乱を乗り越え統合を選択する


≪目次≫

  1. アプリケーションとの整合性
  2. スマートなデータ保持
  3. 冗長データの排除

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:Commvault Systems Japan

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
4105
2
ツギハギだらけのシステムによる非効率とセキュリティリスクを、どう解決する?
2018-10-19 08:03:36
本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/10/18/Commvault_index.jpg
本稿では、新システム構築時の有力なプラットフォーム候補となり得る製品について説明した資料を紹介する。資料で紹介するのは複数の製品を組み合わせることなく、企業内のデータのバックアップとリカバリが行える統合データ保護/管理ソフトウェアだ。これをプラットフォームとすることで、IT部門のデータ管理業務は効率化・高速化が期待できるという。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る