【特別企画】

「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術

[2015/07/15 08:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを持っているのは、"現場"の担当者だと言える。現場自らが、これまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実を素早く見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行える。

売上アップにつながる現場でのデータ活用方法を知る

データ活用の主人公は「ビジネスパーソン」

高度なデータ活用には、データサイエンティストの育成が必須だという論もある。しかし、本当にそうだろうか? BIツールを導入しデータ活用に成功してきた企業には、実はそうしたデータサイエンティストと呼ばれる人は存在しないことが多い。それでも業務改革や業績拡大に効果が出るのはなぜなのか?

データ分析を成功に導く最大の鍵は、「データに興味があること」だ。データサイエンティストがデータ分析で何かを見つけても、それをいかに現場に適応し生かすかを見つけ出すことは難しい。現場を知り、"次の打ち手"を知っている担当者自らが、仮説を立てデータを分析した方が、本当に必要な何かを見つけやすい。

現場は何をしなければいけない? BI活用の4ステップ

ではいったい現場はどのようにBI活用をしていくべきなのか。データ活用する環境を整備したうえで、BI活用のステップは以下の4つにわけられる。

レポート作成の効率化から、最終的には企業にイノベーションを起こす環境につながっていく。

BI活用における重要な4つのステップの詳細を見る

「業務改善」「イノベーション」を実現した、お客様事例

本稿では、上述したようなBI活用により、イノベーションの実現に成功した企業事例も紹介している。
京都府内に複数店舗を構える宇治茶の老舗である伊藤久右衛門は、カタログとEC サイトを通じて宇治茶や抹茶スイーツの製造・販売を展開する中でBI活用を導入。売り上げや在庫の状況を容易に把握できる仕組みを実現し、会社全体に"数字の文化"を根づかせた。さらに第三者データを活用することで......

その他企業の先進的な成功事例などもあるため、ぜひ一度、ホワイトペーパーをダウンロードしていただき、企業全体の競争力アップに役立ててほしい。

⇒詳しくはホワイトペーパーをダウンロード

(マイナビニュース広告企画:提供 ウイングアーク1st)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
757
2
「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術
2017-09-07 10:48:50
今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを持っているのは、"現場"の担当者だと言える。現場自らが、これまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実を素早く見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行える。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/10/06/20150715001/call.jpg
今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを持っているのは、"現場"の担当者だと言える。現場自らが、これまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実を素早く見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行える。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る