【特別企画】

20超のシステムを抱える東京証券取引所が採ったデータ連携施策とは?

[2015/04/01 07:30] ブックマーク ブックマーク

データ分析

データモデル一元化の運用で明らかになった大きな課題

世界三大証券所の1つである東京証券取引所。その内部では20以上の情報系システムが運用されているという。

システムを複数抱える企業の御多分に漏れず、同社も各システムを部分最適というかたちで強化してきた。その結果、システムはサイロ化し、ビジネス要件の変化に対応するには膨大なコストと時間を要する環境ができあがってしまった。

こうした課題を前に同社はかつて「データモデル一元化」に着手。共通のデータモデルを策定し、企業全体の情報を可視化するデータ連携基盤を構築した。

満を持して構築した同基盤だが、運用が始まると問題も露見する。Oracleデータベースを活用して異種システム間のマスターデータを連携させるアーキテクチャを採用したが、システム間のデータ差異が大きく、共通化できる情報に限りがあったという。そのうえ、データ連携基盤にデータベースを置いたことで、データの二重、三重管理という状況が生まれ、コストのかかる運用体制になってしまった。

画像クリックでダウンロード

疎結合の連携基盤

こうした状況を改善するべく取り入れたアーキテクチャが"疎結合"のデータ連携基盤だ。標準仕様を用意して各システムに対応させるのではなく、個々のシステムを容易につなげるデータ連携基盤を置く。連携の粒度を小さく、結合を"疎"にすることで、運用の柔軟性を高めるという方針だ。

もちろんそこには、少なからず発生するデータモデルの変更に対して迅速かつ容易に対応できなければならないなど、不可避の課題がいくつか存在する。同社はそうした課題を、インフォマティカが提供するデータ統合基盤「Informatica PowerCenter」を活用して解決しようとしている。

では、東京証券取引所の課題に対してPowerCenterのどういった機能がマッチしたのか。また、東京証券取引所のシステムのどういった部分でPowerCenterが導入されたのか。

詳細はPDFをダウンロードしてご確認いただきたい。

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

事例から学ぶ、データ連携の留意点
――東京証券取引所のデータ統合基盤


本稿で紹介している、Informatica PowerCenterを活用した東京証券取引所のデータ連携事例資料を無償で配布しています。

本稿でも簡単に触れましたが、東京証券取引所がどういった課題を抱えており、どういった解決アプローチを採用したのか。また、何を期待してPowerCenterを取り入れたのかが解説されています。

ビッグデータ対応などで、データ整備、インフラ整備に関わる方は必見です。

<PDF見出し>

  • シームレスなシステム間連携で国際競争力を強化
  • SOAを適用し、システム間を疎結合で連携
  • データ移行スピードや実績を評価し、PowerCenterを導入
    ......ほか

⇒PDFダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
584
2
20超のシステムを抱える東京証券取引所が採ったデータ連携施策とは?
2017-09-07 10:49:20
世界三大証券所の1つである東京証券取引所。その内部では20以上の情報系システムが運用されているという。サイロ化したシステムの運用課題を解消するべく、同社はデータモデルの一元化を実施。しかし、運用開始後に大きな問題が明らかになる。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-04-01-001-index.top.jpg
世界三大証券所の1つである東京証券取引所。その内部では20以上の情報系システムが運用されているという。サイロ化したシステムの運用課題を解消するべく、同社はデータモデルの一元化を実施。しかし、運用開始後に大きな問題が明らかになる。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る