【特別企画】

今だからわかる...多くの会社が「データ活用」で陥った失敗を繰り返すな! - プロ視点で考える解決方法まとめ

[2015/02/10 12:24] ブックマーク ブックマーク

データ分析

近年、企業が取り扱うデータの規模と種類は、ネットワーク技術の発達にともない爆発的に増加している。しかし、その大半は、データリソースごとに"サイロ化"していたり、データの整合性がとれていなかったりして、"システムのお荷物"になっているのが現状だ。

インフォマティカ・ジャパン
セールスコンサルティング部
ソリューションアーキテクト
久國淳氏

データを格納する"ハコ"だけを充実させても、真のデータ活用は出来ない。どこに、どのようなデータが、どのような形式で存在しているかを正確に資産管理し、さまざまな目的に応じて使える状態に準備することが、データ活用の基本となる。

また、データを単なる資産として保有するのではなく、活用するためのデータマネジメントには2つのアプローチとして、「データガバナンスの強化」と「マスターデータマネジメントの高度化」がある。これらを推進することで、必要としている人が、必要な時に、必要なすべてのデータにアクセスし、活用できる環境を実現することが可能となる。本稿では、インフォマティカ・ジャパン セールスコンサルティング部 ソリューションアーキテクト 久國淳氏に、同社のデータ統合プラットフォーム「Intelligent Data Platform(IDP)」を一例として、データを経営資源に転換するデータマネジメントの極意を聞いた。

データを経営資源に転換するデータマネジメントの極意
- 攻めと守りの2つのアプローチ

データを単なる資産として保有するのではなく、活用するためのデータマネジメントには2つのアプローチとして、「データガバナンスの強化」と「マスターデータマネジメントの高度化」がある。これらを推進するには具体的に何が必要なのだろうか。データを経営資源に転換するデータマネジメントの極意が記された詳細な資料をこちらからダウンロードいただけます。

⇒ホワイトペーパーをダウンロードする

集めたデータも活用できなければ資産とはならない

サイロ化したデータを抱える企業は、企業全体のシステムの中で、「どこに、どのようなデータが存在し、どういった経路で流通しているのか」を把握できていないことが多い。加えて、データの精度や鮮度といったデータ品質を把握・改善・維持することが困難であり、さらにはデータの管理・統合コストの増大という課題に直面している。こうした課題を解決するためIDPには、データの所在とシステム横断の包括的な移動経路を示す「データの辞書と地図」を生成/可視化する「メタデータ管理機能」と、データの健康状態を診断し、改善・維持に繋げる「プロファイリング機能」が搭載されている。久國氏は、「データ資産を可視化するこれら2つの機能を活用することで、データガバナンスを強化できるだけでなく、IT部門の役割も大きく変化する」と指摘する。

はたして、IT部門の役割はどのように変化するのだろうか、そして、理想的な「マスターデータマネジメントの高度化」はどのように行われるべきなのだろうか。今回は本稿の続きとして、それらの詳細を記載したホワイトペーパーをご用意した。ぜひ、ご覧いただき、これからの「データ活用」のご参考にしていただきたい。

<詳細を確認 ⇒ ホワイトペーパーをダウンロードする

データを経営資源に転換するデータマネジメントの極意
- 攻めと守りの2つのアプローチ

データを単なる資産として保有するのではなく、活用するためのデータマネジメントには2つのアプローチとして、「データガバナンスの強化」と「マスターデータマネジメントの高度化」がある。
これらを推進するには具体的に何が必要なのだろうか。データを経営資源に転換するデータマネジメントの極意が記された詳細な資料をこちらからダウンロードいただけます。

⇒ホワイトペーパーをダウンロードする

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
565
2
今だからわかる...多くの会社が「データ活用」で陥った失敗を繰り返すな! - プロ視点で考える解決方法まとめ
2017-09-07 10:49:20
データを単なる資産として保有するのではなく、活用するためのデータマネジメントには2つのアプローチとして、「データガバナンスの強化」と「マスターデータマネジメントの高度化」がある。これらを推進することで、必要としている人が、必要な時に、必要なすべてのデータにアクセスし、活用できる環境を実現することが可能となる。本稿では、インフォマティカ・ジャパン 久國淳氏に、データを経営資源に転換するデータマネジメントの極意を聞いた。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-02-10-002-index.top.jpg
データを単なる資産として保有するのではなく、活用するためのデータマネジメントには2つのアプローチとして、「データガバナンスの強化」と「マスターデータマネジメントの高度化」がある。これらを推進することで、必要としている人が、必要な時に、必要なすべてのデータにアクセスし、活用できる環境を実現することが可能となる。本稿では、インフォマティカ・ジャパン 久國淳氏に、データを経営資源に転換するデータマネジメントの極意を聞いた。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る