【特別企画】

デキる企業はここが違う! 分析業務を成功に導くポイントとは - AIT

[2015/01/19 10:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

せっかくのツールを生かしきれてない分析業務現場

AIT ソリューション営業本部
戦略ビジネス営業部 部長
環貫 修氏

ここ数年、ビッグデータをビジネスに活用する動きが活発化している。すでに具体的な取り組みを行っている、これからツールの導入を予定している、といった企業も多いだろう。最近はGUI操作で直感的に仮説発見やパターン予測が行えるツールも増加。従来のように、統計学/分析手法/データベースなどの分野で豊富な経験・ノウハウを持つ分析の専門家がいなくても、分析業務が行いやすくなってきたのは確かだ。

しかし、ここに大きな落とし穴が存在する。いくらツールの操作が簡単になったとはいえ、分析業務には最低限の知識・スキル・ノウハウなどが求められるのも事実。

このように、ビッグデータのビジネス活用が注目を集める一方、具体的になにをすれば良いかが分からないという企業も増えている。こうした企業の課題を解消するべく、12月3日にマイナビニュース主催「ビッグデータ」セミナーAITデータを活かすITシリーズ(1)「ビッグデータ競争社会の到来! 経営に活かす戦略分析とは!?」を開催。AITソリューション営業本部 戦略ビジネス営業部 部長の環貫修氏による講演「企業における分析業務を成功に導くポイントとは」では、分析業務に関する課題や解決方法などが紹介された。

本稿では、その詳細な講演内容が記載されたホワイトペーパーを無償配布中。ビッグデータを活用している、または本格的に取り組もうとしている企業の担当者は必読の内容となっている。

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

デキる企業はここが違う! 分析業務を成功に導くポイントとは


本稿で紹介している、AITによる『デキる企業はここが違う! 分析業務を成功に導くポイントとは』の、PDF形式のホワイトペーパーを無償で配布しています。

⇒ホワイトペーパーをダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
558
2
デキる企業はここが違う! 分析業務を成功に導くポイントとは - AIT
2017-09-07 10:49:20
ここ数年、ビッグデータをビジネスに活用する動きが活発化している。すでに具体的な取り組みを行っている、これからツールの導入を予定している、といった企業も多いだろう。しかし、昨今ではツールの操作が簡単になったとはいえ、分析業務には最低限の知識・スキル・ノウハウなどが求められるのも確かだ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-01-19-002-index.top.jpg
ここ数年、ビッグデータをビジネスに活用する動きが活発化している。すでに具体的な取り組みを行っている、これからツールの導入を予定している、といった企業も多いだろう。しかし、昨今ではツールの操作が簡単になったとはいえ、分析業務には最低限の知識・スキル・ノウハウなどが求められるのも確かだ。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る