【特別企画】

Hadoopを社内に取り入れるチャンス!ユーザー・エクスペリエンスを考慮した設計でビッグデータ・アナリティクスを実現

[2014/10/24 08:30] ブックマーク ブックマーク

データ分析

大規模データの分散処理には欠かせない"Hadoop"。Apacheプロジェクトのオープンソースとして、日々改良が重ねられるこのフレームワークは、もはや欠かすことができない。まだ創生期にあるといは言え、その価値はITの世界では広く認識されはじめている。もはや"導入するか、しないか?"という問いは過去のものになりつつあるのだ。そんなHadoopにも課題がないわけではない。

Hadoop活用を阻む3つの課題とはなにか

Hadoopやビッグデータと近年話題に上がることの多い2つのキーワードだが、Hadoopを活用するにあたっては、さまざまな課題に直面することになる。「最大のネックとなるのはデータの移動時間」である。従来のアナリティクスは、基幹DBなどのデータソースから分析基盤へデータを移動させることで行われてきた。

多くの企業・組織における、Hadoopの活用を阻む3つの課題

昨今、このやり方は限界に達しているというのだ。分析対象のデータが数百ギガバイト、場合によっては数テラバイトといった規模に大容量化しており、移動しようとすると数時間から数日といった単位の時間がかかってしまう。迅速な意思決定が求められる現在のビジネスは、それを待ってはくれない。これを解決するには抜本的に改める必要がある。具体的には、・・・

続きはホワイトペーパーで>>

「すべてのユーザーにHadoopの恩恵を - Hadoopを意識させないアナリティクスを実現」ホワイトペーパー無償配布中

Hadoopの分散処理フレームワークに加え、独自のインメモリ分散処理技術をベースとしたエンタープライズ・アナリティクス・アーキテクチャと、グラフィカルで対話的なインターフェイスにより、利活用しやすいユーザー・エクスペリエンスを提供する。

Hadoopをご検討の方は、この機会にぜひご一読をお勧めします。

⇒ホワイトペーパーダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
530
2
Hadoopを社内に取り入れるチャンス!ユーザー・エクスペリエンスを考慮した設計でビッグデータ・アナリティクスを実現
2017-09-07 10:49:20
大規模データの分散処理には欠かせない"Hadoop"。Apacheプロジェクトのオープンソースとして、日々改良が重ねられるこのフレームワークは、もはや欠かすことができない。まだ創生期にあるといは言え、その価値はITの世界では広く認識されはじめている。もはや"導入するか、しないか?"という問いは過去のものになりつつあるのだ。そんなHadoopにも課題がないわけではない。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-10-24-001-index.top.jpg
大規模データの分散処理には欠かせない"Hadoop"。Apacheプロジェクトのオープンソースとして、日々改良が重ねられるこのフレームワークは、もはや欠かすことができない。まだ創生期にあるといは言え、その価値はITの世界では広く認識されはじめている。もはや"導入するか、しないか?"という問いは過去のものになりつつあるのだ。そんなHadoopにも課題がないわけではない。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る