【特別企画】

「とにかく使いやすい」ビッグデータ活用ツールだから、現場社員が操作できる!

[2014/09/04 08:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

アイコンがすべて日本語化されているので、見やすい

ビックデータの活用に対するニーズが高まっている。自社が保有するデータのみならず、第三者が提供するオープンデータや、FacebookなどのSNS(Social Networking Service)上にある膨大なデータを収集/分析し、新たなビジネスに役立てる企業も増加している。今、データは「新たな価値を創出する、重要な経営戦略リソース」となっているのだ。

実際、「ビッグデータ活用ソリューション」と銘打たれた製品は多い。例えば、データ蓄積に特化したDWH(Data Ware House)やNoSQLデータベース、分析用のBIツール、大量のデータを並列実行させる仕組みのHadoopなどがそれにあたる。こうしたビッグデータを「貯める」「解析する」ツールは、ビッグデータ活用に必要不可欠だ。

しかし、単にDWHやBIツールを導入しただけでは、「ビッグデータ活用を実現した」とは言えない。重要なのは、「あらゆる場所に散在する、種類(形式)の異なるデータを、適切なタイミングで、効率よく収集する」ことである。また、ツールを駆使するためには、「わかりやすい操作性」も重要な要素となってくる。

今後、ビッグデータ活用が、企業の経営戦略において重要になることは間違いない。さらにクラウドや仮想化技術の普及で、必要なデータはますます"散在"することが予想される。そのような状況では、効率のよいデータ収集と、現場の社員が活用できるツールの存在が経営を左右すると言っても過言ではないだろう。

そのために最適なツールとは何なのか?新たな企業価値の創出をサポートする、ビッグデータ活用ツールについて紹介しよう。

目次

  • データの『種類』『更新頻度』『場所』の違いを"吸収"する
  • 高速データ処理にも、既存のビッグデータソリューションにも対応
  • お客さまの評価ポイントは「とにかく使いやすい」

『「効率のよいデータ収集」がビッグデータ活用の明暗を分ける
「DataSpider Servista」で実現する、新たな企業価値の創出』
のPDFを無償配布中

株式会社アプレッソのビッグデータ活用ツールに関するご紹介PDFを無償でご提供しています。

製品詳細については、PDFをダウンロードして、ご確認ください。

⇒PDFダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
520
2
「とにかく使いやすい」ビッグデータ活用ツールだから、現場社員が操作できる!
2017-09-20 11:19:20
ビックデータの活用に対するニーズが高まっている。自社が保有するデータのみならず、第三者が提供するオープンデータや、FacebookなどのSNS(Social Networking Service)上にある膨大なデータを収集/分析し、新たなビジネスに役立てる企業も増加している。今、データは「新たな価値を創出する、重要な経営戦略リソース」となっているのだ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-09-04-001-index.top.jpg
ビックデータの活用に対するニーズが高まっている。自社が保有するデータのみならず、第三者が提供するオープンデータや、FacebookなどのSNS(Social Networking Service)上にある膨大なデータを収集/分析し、新たなビジネスに役立てる企業も増加している。今、データは「新たな価値を創出する、重要な経営戦略リソース」となっているのだ。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る