【特別企画】

高度なITスキルはもう不要! ビジネスユーザーのためのアナリティクスとは?

[2014/08/29 14:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

多くの企業や組織がHadoopを活用したアナリティクスでビジネスチャンスを掴みたいと考えているが、現実は容易ではない。Hadoopを使いこなし、狙いどおりのアナリティクスを実現するためには、並列分散処理のしくみやJavaプログラミングなどに精通した高度なITスキルが要求されるからだ。この壁を乗り越えるべくSAS Institute Japan(以下、SAS)が提言するのが、「Hadoopの存在を意識させない」というアプローチであり、それを実現するソリューションとして「SAS on Hadoop」を提供している。

データ運用はリアクティブからプロアクティブへ
将来を見通して先手を打ち"勝ち組"へ

ビジネス環境が激しく変化するなか、従来からの「勘」や「経験」だけに頼らない、科学的な裏付けを持ったスピーディな意思決定への転換は、どの企業や組織においても急務となっている。このために最も重要な鍵を握るのが、「データ」ならびにそれをビジネス価値や洞察に変える「アナリティクス」である。 データとその分析の重要性はこれまでも認識されてきたが、今日の「アナリティクス」がもたらす意思決定への効果は、従来のそれとは大きく異なっている。

これまでのデータ分析は、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを用いて過去の実績を見える化し、現在起きている変化に対処するというリアクティブなアプローチだった。対象となるデータも、データウェアハウスに代表されるような、企業内に蓄積された基幹系システムのデータが中心であった。

一方、今日のアナリティクスは、「将来起こり得ることを見通して先手を打つ」ためのプロアクティブなものである。そのために、最適化や予測モデリング、時系列予測、統計分析などさまざまな手法を臨機応変に適用する。対象となるデータも、基幹系データのほか、マシンデータやコールセンターの音声データ、SNSなどの非構造化データも含み、大量かつ多様なものとなる。

将来起こり得ることを見通して先手を打つためのプロアクティブなアナリティクス手法

"勝ち組"として注目される企業は、ほぼ例外なく、こうした広範なデータ活用にもとづく「アナリティクス」に取り組んでいる。そして、アナリティクスを通じて成果を挙げているケースの特徴は、ビジネス現場のユーザー自身が主導権をとって実践しているという点だ。

グローバル企業やネット企業に限らず、あらゆる業界業種において"勝ち組"と注目されているのは、ほぼ例外なく、こうした高度なデータ活用やアナリティクスをビジネス現場のユーザー自身が主導権をとって実践している企業だ。

ではどうして、勝ち組が、ほぼ全て高度なデータ活用やプログラミング知識などが必要なアナリティクスを現場の人間(営業)などが運用できるのか、その仕組みは......

『ユーザー主導のビッグデータ・アナリティクス環境 ー ITスキルからの解放を実現する『SAS on Hadoop」』ホワイトペーパー無償配布中

高度なITスキルが要求れさがちなHadoopですが、SAS Institute Japanが提供する「SAS on Hadoop」は「分析者にHadoopの存在そのものを意識させない」というアプローチを提言し、それを実現するソリューションとなっています。

IT上の問題を意識することなく、本来の目的であるアナリティクスに専念できるようになっているため、立場や経験を問わずに活用することができるでしょう。

⇒ホワイトペーパーダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
519
2
高度なITスキルはもう不要! ビジネスユーザーのためのアナリティクスとは?
2017-09-07 10:49:20
Hadoopを活用したアナリティクスの運用は容易ではない。Hadoopを使いこなし、狙いどおりのアナリティクスを実現するために高度なITスキルが要求されるからだ。SAS Institute Japan(以下、SAS)が提言するのが、「Hadoopの存在を意識させない」ソリューションとして「SAS on Hadoop」を提供している。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-08-29-003-index.top.jpg
Hadoopを活用したアナリティクスの運用は容易ではない。Hadoopを使いこなし、狙いどおりのアナリティクスを実現するために高度なITスキルが要求されるからだ。SAS Institute Japan(以下、SAS)が提言するのが、「Hadoopの存在を意識させない」ソリューションとして「SAS on Hadoop」を提供している。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る