【特別企画】

マーケティングダッシュボードでDMP利活用の最大化へ

[2014/04/22 10:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

インターネットの浸透やそれに伴うソーシャルメディアの急速な台頭などにより、個人の嗜好が多様化・複雑化するなか、企業に蓄積されるマーケティングデータは量・種類ともに増え続けている。そこで現在注目を集めているのが、プライベートDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)だ。しかし、プライベートDMPの導入・運用には注意すべき点がある。 "ためた" データをいかに "活用する" かという視点が欠かせないのだ。

<詳しくはPDFで ⇒ 続きを読むにはこちらから

DMP運用における "可視化" に着目したクラウド型ダッシュボードサービス

今やDMPはツール化しており、プライベート/データセラー型など、複数のツールを並行して利用するケースも出てきている。そのため、複数のツールを連携させ、データの分析・可視化・レポート作成までを行うマーケティングデータ環境、およびデータ分析環境を整えなければならない。
さらに、企業経営者からはマーケティング活動の投資対効果や施策の適正性を厳密に見極めたいという要望が強く、可視化・レポーティングできる仕組みを持つことは、マーケティング担当者にとってDMP環境の準備にあたり必要不可欠な要素である。

DMP運用の課題をトータルで解決するにはどういう方法をとるべきなのだろうか

<詳しくはPDFで ⇒ 続きを読むにはこちらから

目次

  • DMP運用における "可視化" に着目したクラウド型ダッシュボードサービス
  • 気象データや人口統計データを標準提供
    マーケティング領域へのオープンデータ、ビッグデータ活用を促進
  • 企業利益を最大化するために組織横断的なデータの可視化と活用をサポートする

『マーケティングダッシュボードでDMP利活用の最大化へ』の詳細内容はこちら

本稿で紹介している、『マーケティングダッシュボードでDMP利活用の最大化へ』のホワイトペーパーを無償で配布しています。

プライベートDMPをうまく活用できていないとお悩みの担当者の方や、DMP活用のためのトータルなソリューションを探しているというマーケティング担当者の方には、ぜひご一読をオススメ致します。

⇒ホワイトペーパーダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
493
2
マーケティングダッシュボードでDMP利活用の最大化へ
2017-09-07 10:49:05
インターネットの浸透やそれに伴うソーシャルメディアの急速な台頭などにより、個人の嗜好が多様化・複雑化するなか、企業に蓄積されるマーケティングデータは量・種類ともに増え続けている。そこで現在注目を集めているのがプライベートDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)だ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-04-22-001-index.top.jpg
インターネットの浸透やそれに伴うソーシャルメディアの急速な台頭などにより、個人の嗜好が多様化・複雑化するなか、企業に蓄積されるマーケティングデータは量・種類ともに増え続けている。そこで現在注目を集めているのがプライベートDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)だ。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る