【特別企画】

HONDAの研究開発機関である本田技術研究所はエキスパートと若手の経験差をどうやって埋めたのか!?

[2013/11/28 09:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

SMART/InSight G2とテキストマイニングを連携させた
「品質情報分析システム」で社内ナレッジの活用を推進

HONDAの研究開発機関である本田技術研究所では、1台のクルマを構成する多様なコンポーネントやモジュールの設計およびテストを担うとともに、完成したクルマに対して第三者視点から最終チェックを行う「実車検証」を手掛けている。そうした中、パワートレインやボディ、電装など、さまざまな技術分野の開発プロセスに基づいて特化された、無数のドキュメントソースに分散した品質に関するドキュメント情報を横断的に検索・分析する新たな仕組みを、スマートインサイトの検索アプリケーション「SMART/InSight G2」にNTTデータ数理システムのテキストマイニングツール「Text Mining Studio(TMS)」を連携させて構築。検証担当者の作業効率を大幅に向上するとともに、エキスパートと若手の間の経験差を解消した。

目次

  • エキスパートと若手の経験差をいかにフォローするか
  • ドキュメントソースの多様性を受け入れた自在な横断検索の仕組みづくり
  • 品質情報で抽出される知見や洞察は"プライスレス"の価値を持つ
  • 多様なデータソースの情報に対する一元的な収集・分析を目指す

<詳しくはPDFで ⇒ ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

SMART/InSight G2とテキストマイニングを連携させた
「品質情報分析システム」で社内ナレッジの活用を推進


本稿で紹介している、マイナビニュース取材、スマートインサイト株式会社協力による『SMART/InSight G2とテキストマイニングを連携させた「品質情報分析システム」で社内ナレッジの活用を推進』のホワイトペーパーを無料で配布しています。

⇒ホワイトペーパーPDFダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
440
2
HONDAの研究開発機関である本田技術研究所はエキスパートと若手の経験差をどうやって埋めたのか!?
2017-09-07 10:49:21
HONDAの研究開発機関である本田技術研究所では、1台のクルマを構成する多様なコンポーネントやモジュールの設計およびテストを担うとともに、完成したクルマに対して第三者視点から最終チェックを行う「実車検証」を手掛けている。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-11-28-002-index.top.jpg
HONDAの研究開発機関である本田技術研究所では、1台のクルマを構成する多様なコンポーネントやモジュールの設計およびテストを担うとともに、完成したクルマに対して第三者視点から最終チェックを行う「実車検証」を手掛けている。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る