【特別企画】

国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏

[2013/11/05 08:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

ウルシステムズ 主席コンサルタント 桜井賢一氏

9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、ウルシステムズ 主席コンサルタント、桜井賢一氏が「まだ間に合う!? 構築事例に学ぶリアルタイム・ビッグデータの世界」と題してセッションを行った。そこでは、同社が手がけたリアルタイム・ビッグデータの取り組み事例を踏まえ、その成功のポイントとともに今後のさまざまな可能性が示された。

リアルタイム・ビッグデータに必要なのは「速さ」+「複雑な処理」「賢さ」

「これまでのリアルタイム処理は『速さがすべて』とされてきた。トランザクションを高速に処理することをずっと追求してきた私にとって、速さに価値があるというのは当たり前といってもいい。しかし、ビッグデータ時代のリアルタイム処理に求められるのは、速さだけではない。速さに加えて、複雑なデータを扱うこと、そしてそこに知見を加える"賢さ"も求められているのだ」──セッションの冒頭で桜井氏はこう主張した。

桜井氏のいう、「より速く」「より複雑に」「より賢く」というニーズに応えることができるのが、リアルタイム・ビッグデータを実現する......

<続きはPDFで ⇒ レポート記事全文&講演資料のダウンロードはこちら

内容一覧

  • リアルタイム・ビッグデータに必要なのは「速さ」+「複雑な処理」「賢さ」
  • 関連する別々の情報を分析して新たな発見を得る
  • リアルタイム・ビッグデータプロジェクト成功のポイント

『国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏』のレポート記事全文&講演資料を無償配布中


本稿で紹介している、9月27日に開催された「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションに登壇した、桜井賢一氏による『まだ間に合う!? 構築事例に学ぶリアルタイム・ビッグデータの世界』のレポート記事全文と講演資料を無償で配布しています。

当日参加できなかった方や少しでも知見を広げたい方々に、ぜひご一読をお勧めします。

⇒レポート記事全文&講演資料をダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る