【特別企画】

リアルタイムな分析こそが、ビッグデータの可能性を大きく広げる──日本IBM・野嵜氏

[2013/10/28 08:30] ブックマーク ブックマーク

データ分析

日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 インフォーメション・マネジメント事業部 ビッグデータ/DWHソリューションズ 上級ITスペシャリスト 野嵜 功氏

9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 インフォーメション・マネジメント事業部 ビッグデータ/DWHソリューションズ 上級ITスペシャリストの野嵜 功氏が登壇。「ストリーム・コンピューティングの可能性 ~データを分析するコンピュータから空気を読むコンピュータへ~」と題するこのセッションでは、従来のビッグデータをもう一歩進めたリアルタイム・ビッグデータの可能性が示された。

ただ大量のデータがあればビッグデータなのではない!

2008年の北京オリンピックでは、Twitterでオリンピックに関する話題をつぶやいたユーザーは600万人で、1日あたりのツイート数は30万件だった。これが2012年のロンドンオリンピックになると、ユーザーは約5億人と83倍に、1日のツイート数に至っては実に1333倍の約4億件に達した。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、果たしてどれだけの数となるのだろうか──。

Twitterのほかにも、Facebook、Googleなどが扱うデータ量も増加の一途にあり、インターネットの世界では確実にビッグデータが広がりつつある。

そうしたなか、企業の分析に対する考え方にも変化が生じている。分析力が会社の競争力に不可欠だと考える経営者は、2010年には37%、2011年が58%、そして2012年は63%と、著しい伸びを見せているのだ。

「大量のデータがあれば、それだけで価値があるわけではない。分析抜きでは、ビッグデータはただのデータの塊に過ぎないからだ。では、Hadoopで分析すればいいのかといえば、それも違うだろう。ビッグデータは......

<続きはPDFで ⇒ レポート記事全文&講演資料のダウンロードはこちら

内容一覧

  • ただ大量のデータがあればビッグデータなのではない!
  • 社会で起きている事象を即時に分析するリアルワールド・アナリティクス
  • リアルタイム・ビッグデータを実現するテクノロジー「IBM InfoSphere Streams」
  • 米国でのリアルタイム・ビッグデータ実践事例

『リアルタイムな分析こそが、ビッグデータの可能性を大きく広げる──日本IBM・野嵜氏』のレポート記事全文&講演資料を無償配布中


本稿で紹介している、9月27日に開催された「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションに登壇した、野嵜 功氏による『ストリーム・コンピューティングの可能性 ~データを分析するコンピュータから空気を読むコンピュータへ~』のレポート記事全文と講演資料を無償で配布しています。

当日参加できなかった方や少しでも知見を広げたい方々に、ぜひご一読をお勧めします。

⇒レポート記事全文&講演資料をダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
431
2
リアルタイムな分析こそが、ビッグデータの可能性を大きく広げる──日本IBM・野嵜氏
2017-09-07 10:49:21
9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 インフォーメション・マネジメント事業部 ビッグデータ/DWHソリューションズ 上級ITスペシャリストの野嵜 功氏が登壇。「ストリーム・コンピューティングの可能性 ~データを分析するコンピュータから空気を読むコンピュータへ~」と題するこのセッションでは、従来のビッグデータをもう一歩進めたリアルタイム・ビッグデータの可能性が示された。
https://news.mynavi.jp/itsearch/images/noimage.fw.png
9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 インフォーメション・マネジメント事業部 ビッグデータ/DWHソリューションズ 上級ITスペシャリストの野嵜 功氏が登壇。「ストリーム・コンピューティングの可能性 ~データを分析するコンピュータから空気を読むコンピュータへ~」と題するこのセッションでは、従来のビッグデータをもう一歩進めたリアルタイム・ビッグデータの可能性が示された。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る