【特別企画】

OSSソリューションの組み合わせではなく統合データプラットフォームを選ぶべき理由とは

[2018/09/21 08:30] ブックマーク ブックマーク

データ分析

データがあらゆる組織にとって生命線に値するものであることは、誰もが認めることだろう。どの企業も、自社のビジネス要件に基づいて、それぞれ独自のデータに関する課題やニーズを抱えている。そのため、データ駆動型アプリケーションをサポートするための要件が多様化し、これらの要件をサポートするために多数のデータ管理テクノロジが市場に出回るようになった。

このようなツールやテクノロジの多くは、リレーショナルデータ管理、ドキュメントデータ管理、ビジネスインテリジェンス、自然言語処理、データ統合などの専門的な機能を提供している。さらに、今後数年間にわたって、データの量やツールの数はますます増え続けると予測されている。このような傾向により、簡素化・集約化のニーズに加え、統合データプラットフォームの導入ニーズが高まっているのだ。

OSSポイントソリューションの組み合わせか、統合データプラットフォームか

開発時間はおよそ三分の一になる場合も

⇒ PDFのダウンロードはこちら

現在では、さまざまなアプローチでデータ集約型アプリケーションが開発されている。一般的なアプローチの一つは、さまざまな個別の特化されたリューションをポイントごとに使用することだ。もう一つのアプローチは、統合データプラットフォームを使用することだ。

世界有数のグローバルなIT 産業アナリストであり、マーケティング戦略企業でもあるNeuralytix は、極めて特殊な状況を除き、基本的には統合プラットフォームを使用するのが望ましいアプローチであると考えている。

その証拠に、Neuralytix が開発会社2社と協力し、統合データプラットフォームである「InterSystems IRIS Data Platform」とOSSソリューションを比較したところ、コストの低下、開発時間の短縮等、多くのメリットを享受できることがわかった。

統合データプラットフォームInterSystems IRIS Data Platformとは

InterSystems IRIS Data Platform は、リアルタイムのデータリッチなソリューションの開発、展開、保守を簡素化する、包括的な統合プラットフォームだ。その主な機能には、トランザクションと分析の同時処理機能、完全に同期化された、多様なデータモデル(リレーショナル、階層型、オブジェクト、ドキュメント)のサポート、異種のデータサイロとアプリケーションを統合する完全な相互運用プラットフォーム、バッチおよびリアルタイムのユースケースをサポートする高度な構造化/非構造化分析機能などがある。さらに、ベストオブブリードの分析機能をInterSystems IRIS ソリューションに取り込むオープンな分析環境を実現し、クラウド展開とオンプレミス展開の任意の組み合わせが可能な、柔軟な展開オプションを提供する。

うまく活用することができれば、今までにない革新的なビジネスサービスの提供、収益の増加、顧客体験の向上、運用の効率化、リスクの特定と削減、絶え間なく変わる新しい業界規制の順守、コストの削減など、多くのメリットを生み出すことができる。


本稿で提供するPDFでは、Neuralytixが実施した統合データプラットフォームとOSSポイントソリューションの比較の詳細や、InterSystems IRIS Data Platformの詳細を紹介している。データ活用で自社のビジネスをさらなる成長に導きたい方は、この資料に目を通し、課題解決の一助としていただきたい。

提供レポートのご案内

InterSystems IRIS Data Platform:
リアルタイムのデータ集約型アプリケーションを実現する統合プラットフォーム

≪目次≫

  • エグゼクティブサマリ
  • はじめに
  • リアルタイム組織の実現
  • InterSystems IRIS Data Platform
  • まとめ

ポイントソリューション と統一データプラットフォーム
データ集約型アプリケーション開発の定量的比較

≪目次≫

  • エグゼクティブサマリ
  • 目次
  • はじめに
  • アプローチの比較
  • QPAIR
  • Aluna Group
  • まとめ

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:インターシステムズジャパン

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
4020
2
OSSソリューションの組み合わせではなく統合データプラットフォームを選ぶべき理由とは
2018-09-21 08:34:35
データがあらゆる組織にとって生命線に値するものであることは、誰もが認めることだろう。どの企業も、自社のビジネス要件に基づいて、それぞれ独自のデータに関する課題やニーズを抱えている。そのため、データ駆動型アプリケーションをサポートするための要件が多様化し、これらの要件をサポートするために多数のデータ管理テクノロジが市場に出回るようになった。このようなツールやテクノロジの多くは、リレーショナルデータ管理、ドキュメントデータ管理、ビジネスインテリジェンス、自然言語処理、データ統合などの専門的な機能を提供している。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/09/20/inter_pdf1.JPG
データがあらゆる組織にとって生命線に値するものであることは、誰もが認めることだろう。どの企業も、自社のビジネス要件に基づいて、それぞれ独自のデータに関する課題やニーズを抱えている。そのため、データ駆動型アプリケーションをサポートするための要件が多様化し、これらの要件をサポートするために多数のデータ管理テクノロジが市場に出回るようになった。このようなツールやテクノロジの多くは、リレーショナルデータ管理、ドキュメントデータ管理、ビジネスインテリジェンス、自然言語処理、データ統合などの専門的な機能を提供している。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る