【特別企画】

1%の薬価の変動が、収益を7~15%も左右する - アナリティクスを活用して、新薬の上市戦略を最適化せよ

[2017/05/22 09:55] ブックマーク ブックマーク

  • データ分析

データ分析

新薬は多大な期間とコストを投じて開発される。こと、近年は上市(市場への正式な発売)の認可となる「承認取得」の確率も低下しており、所要コストは増加の一途をたどっている。今日の製薬企業各社には、高まり続ける投資コストを回収するための取り組みが求められている。そこでの有効な取り組みが、「上市(市場への正式な発売)戦略の最適化」だ。

大きなメリットを持つWindows 10。しかしそこには注意点が

Accenture社のレポート「成長の追及:回復期のグローバル経済における価格とコストのバランス」では、1つの国の薬価が1%上昇することが営業総利益を7~15%増加させる可能性を指摘している。これは逆も然りであり、薬価が下降することで、いとも簡単に何千万ドルもの収益が損なわれる恐れがある。上市戦略とは、こうした市場における薬価の変動による収益影響を可能な限り排除する「上市価格」と「上市の順序」の計画立てを指し、収益を確保する上で欠かせない要素となる。

上市戦略を最適化することの重要性は明白であるが、理想的な戦略立案を難しくする課題がそこには存在している。これは主に「IRP枠組みの複雑さ」と「大局的なビジョン、ガバナンスの欠如」、「高度なアナリティクスの不在」の3つに分類できる。

本資料では、これらの課題を解説するとともに、その解消に向けて持つべき視点について解説する。資料内では、SAS Instituteが提供する上市収益最適化(Launch Revenue Optimization : LRO)ソリューションによる一元管理のアプローチについても解説している。

高度なアナリティクスを整備している製薬企業はいまだわずかだ。この状況下でアナリティクスを整備することは、単なる収益確保に留まらず、グローバルの競争力向上にも大きく貢献するだろう。本資料を参考に、上市戦略の課題をぜひクリアにしてほしい。




SAS Instituteが提供するホワイトペーパー「上市の順序に関する戦略の最適化」
ダウンロードはこちら

[PR]提供: SAS Institute japan

2735
2
1%の薬価の変動が、収益を7~15%も左右する - アナリティクスを活用して、新薬の上市戦略を最適化せよ
2017-05-22 10:05:48
新薬は多大な期間とコストを投じて開発される。こと、近年は上市(市場への正式な発売)の認可となる「承認取得」の確率も低下しており、所要コストは増加の一途をたどっている。今日の製薬企業各社には、高まり続ける投資コストを回収するための取り組みが求められている。そこでの有効な取り組みが、「上市(市場への正式な発売)戦略の最適化」だ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/05/16/sas/index.jpg
新薬は多大な期間とコストを投じて開発される。こと、近年は上市(市場への正式な発売)の認可となる「承認取得」の確率も低下しており、所要コストは増加の一途をたどっている。今日の製薬企業各社には、高まり続ける投資コストを回収するための取り組みが求められている。そこでの有効な取り組みが、「上市(市場への正式な発売)戦略の最適化」だ。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る