【特別企画】

LIXIL、リクルートテクノロジーズなど、データ活用に成功する企業がこぞって採用するデータ分析基盤の豪華事例集

[2017/02/28 07:30] ブックマーク ブックマーク

データ分析

加速度的に増加する情報データへの対応は、データの有効活用、データ分析基盤の統合、データレイクの構築など、多くの企業が喫緊の課題として注視している。もちろん、LIXILやリクルートテクノロジーズなどの大企業も例外ではない。

システム統合プロジェクトに伴う、データ分析基盤の刷新

住宅、オフィス、商業施設などの建材・設備機器の大手メーカーであるLIXIL。同社は海外メーカーの買収などを積極的に推し進めており、現在ではLIXILグループ全体で、世界に80,000人の従業員を擁するグローバル企業へと成長した。そこで同社では、グローバル経営に必要な統合システムの構築を目指し、大規模な基幹システム統合プロジェクトを推進。加えて、ビジネスに有益な情報を迅速に提供できるよう、ビッグデータを含む社内外のさまざまなデータの収集・分析を可能にする新たな情報分析基盤の構築も同時に進めることになった。

こうしてITシステムの大幅刷新にあわせ、新たな情報分析基盤を一から構築することになったLIXILは、オープンソースソフトウェアの「Apache Hadoop」(以下、Hadoop)と、SAPのインメモリデータベース「SAP HANA」を組み合わせたシステムを選択。この際、利用するHadoopのディストリビューションとして選んだのが、Hortonworksが提供するデータ分析基盤「Hortonworks Data Platform」(以下、HDP)だ。LIXILはなぜHDPを選び、どのような効果を得たのか。

⇒ PDFをダウンロードして続きをチェック

グループ全体のデータを横断的に活用する新たなエコシステムを構築

就職、結婚、出産、住宅/自動車購入といったライフイベントや、旅行、グルメ、美容、ECなどのライフスタイルに関する情報を提供するリクルートグループ。そのリクルートグループをITとネットマーケティングの側面から支えるリクルートテクノロジーズでは、事業部ごとに個別にデータを分析し、レコメンドやメール配信などの処理を行っていた。しかし、よりユーザーのニーズに合った情報を提供するため、グループ全体のデータを横断的に分析することに。これにより取り扱うデータが急激に増大し、通常のバッチ処理では処理できないほどのデータ量に膨れ上がった。

このような課題を解決するためには分析処理が必要と考えたリクルートテクノロジーズは、Hadoopの導入を決定。そして、膨大なデータの運用に耐え、ユーザーの行動履歴をサービスごとに横断的に分析する仕組みを構築するためのパートナーとしてHortonworksを選び、HadoopディストリビューションであるHDPを採用した。リクルートテクノロジーズがHortonworksをパートナーに選んだ理由は何だったのか。そして、どのような効果をもたらしたのか。

⇒ PDFをダウンロードして続きをチェック

本稿で提供するPDFでは、Hortonworksが提供するHDPの導入事例を4社紹介している。上記のLIXILやリクルートテクノロジーズのほか、ソフトバンクやヤフーの事例についても掲載している。ビッグデータ活用に課題を抱える企業の担当者には、ぜひダウンロードして確認していただきたい。

■ソフトバンク
大手通信キャリアの膨大なデータを分析する基盤システム
HDPによってビッグデータ活用の運用工数・コストを低減
■ヤフー
「Yahoo! JAPAN」のデータ分析基盤にHortonworks Data Platformを採用
ビッグデータをビジネスで安定的に活用できる基盤の構築へ
■LIXIL
システム統合プロジェクトに伴うデータ分析基盤の刷新
Hadoopの活用で住環境の「安心・安全・快適」を目指す
■リクルートテクノロジーズ
グループ全体のデータを横断的に活用する新たなエコシステムを構築
Hadoop環境を刷新したことでパフォーマンス向上を実現

(マイナビニュース広告企画:提供 ホートンワークスジャパン)

2451
2
LIXIL、リクルートテクノロジーズなど、データ活用に成功する企業がこぞって採用するデータ分析基盤の豪華事例集
2017-03-02 16:11:03
加速度的に増加する情報データへの対応は、データの有効活用、データ分析基盤の統合、データレイクの構築など、多くの企業が喫緊の課題として注視している。もちろん、LIXILやリクルートテクノロジーズなどの大企業も例外ではない。建材・設備機器の大手メーカーであるLIXILは、グローバル経営に必要な統合システムの構築を目指し、大規模な基幹システム統合プロジェクトを推進。加えて、ビジネスに有益な情報を迅速に提供できるよう、ビッグデータを含む社内外のさまざまなデータの収集・分析を可能にする新たな情報分析基盤の構築も同時に進めることになった。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/03/02/Whitepaper.jpg
加速度的に増加する情報データへの対応は、データの有効活用、データ分析基盤の統合、データレイクの構築など、多くの企業が喫緊の課題として注視している。もちろん、LIXILやリクルートテクノロジーズなどの大企業も例外ではない。建材・設備機器の大手メーカーであるLIXILは、グローバル経営に必要な統合システムの構築を目指し、大規模な基幹システム統合プロジェクトを推進。加えて、ビジネスに有益な情報を迅速に提供できるよう、ビッグデータを含む社内外のさまざまなデータの収集・分析を可能にする新たな情報分析基盤の構築も同時に進めることになった。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る