【特別企画】

具体的な取り組みは未だ10社に1社! IoTをいち早くビジネス化するためには?

[2016/07/06 08:30] ブックマーク ブックマーク

データ分析

ネットワークやクラウド環境、センサーなどの技術向上を背景に、ここ数年で特に注目を浴びているキーワードである「IoT」。活用の方法によっては大きなビジネスを生み出せる可能性があるために、専門部署の立ち上げなど積極的な取り組みを検討する企業も増えてきている。

しかし、IoTのビジネス化を考えるにあたり「データ分析のノウハウ不足」や「セキュリティ面への不安」、また「そもそもビジネスモデルや戦略をどのように変えていけば良いか分からない」といった根本的な課題を抱える企業も少なくない。ガートナー ジャパンの調査(※)によると、2015年に「1年以内にIoT事業に取り組む体制の確立を予定」していた企業の大半がそれを見送っており、2016年までにIoTの専門部署やグループを設けたのは調査母数の1割程度に留まっているという。

詳細はPDFを御覧ください。
→PDFダウンロードはこちら

技術やノウハウ、ビジネスモデルの構築に関する課題を乗り越え、「IoT」によるビジネスチャンスをつかむには、どうするべきなのだろうか。今回マイナビニュースでは、15年以上にわたりBI事業を行うウイングアーク1stによる、IoTビジネス推進のポイントについて解説した資料を掲載している。IoTをビジネス化するための考え方や”リアルタイム”の情報を集めて見える化する方法について紹介しており、悩める担当者の助けとなるだろう。ご一読いただきたい。

(※)ガートナー ジャパン 「日本におけるモノのインターネットに関する調査結果」
https://www.gartner.co.jp/press/html/pr20160426-01.html

(マイナビニュース広告企画:ウイングアーク1st)

1556
2
具体的な取り組みは未だ10社に1社! IoTをいち早くビジネス化するためには?
2016-07-06 08:35:02
今回マイナビニュースでは、15年以上にわたりBI事業を行うウイングアーク1stによる、IoTビジネス推進のポイントについて解説した資料を掲載している。IoTをビジネス化するための考え方や"リアルタイム"の情報を集めて見える化する方法について紹介しており、悩める担当者の助けとなるだろう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/06/28/wingarc_index_160628.jpg
今回マイナビニュースでは、15年以上にわたりBI事業を行うウイングアーク1stによる、IoTビジネス推進のポイントについて解説した資料を掲載している。IoTをビジネス化するための考え方や"リアルタイム"の情報を集めて見える化する方法について紹介しており、悩める担当者の助けとなるだろう。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る