【特別企画】

ビッグデータの活用企業は未だ6% - 関心はあるけど踏み出せないワケと、打開策の検討

[2015/11/26 08:00] ブックマーク ブックマーク

日本企業の約9割が「ビッグデータ」を認知、しかし活用しているのは6%

調査会社ガートナージャパンが2015年5月に公表した調査レポートによれば、日本企業の約9割が「ビッグデータ」を認知しており、約3割が関心を示しているという。ところが、実際にビッグデータを活用している動きは全体の6%でしかないようだ。なぜ、企業によるビッグデータ活用が進展しないのか。理由はいたってシンプルで、すばり「ビッグデータ活用のROI(投資対効果)がわからないこと」「ビッグデータ関連のITソリューションが総じて高価なこと」の2点だろう。

本稿で紹介する日本ヒューレット・パッカードのソフトウェア「HPE Vertica」は、そんな現状を一気に打開しうる製品だ。事実、現在急速にユーザのすそ野を広げている。

HPE Verticaがビッグデータ活用の現状を打開しうる4つの特徴
1. 性能と両立した「低コスト」
2. 圧倒的な「高性能」
3. 無限のスケールアウトが可能な「高拡張性」
4. 「シンプル」な運用管理

→ホワイトペーパーでは、上記4つの観点から「HPE Vertica」の特徴と、現状の打開策を検討する。

データ分析を高速に処理するアプライアンス製品が日々、市場に投入されている。だが、それらは一様に高価であり、先のとおりROIが見えない中で導入できるようなソリューションではない。そうした背景から、性能と低コストを両立させたビッグデータ分析基盤が、世界の先進企業に導入され始めている。それが、「HPE Vertica」だ。

Vertica の超高速性を支える独自機能「プロジェクション」。詳細はPDF資料でご覧下さい。 ⇒PDFダウンロードはこちらをクリック

Verticaは、大量データの検索・分析処理に特化したカラム(列)型のリレーショナル・データベース管理システム(RDBMS)であり、「高性能」「高拡張性」「シンプル」「低コスト」という4つの特徴がある。その中でもとりわけ優れているのが、プロジェクションと呼ばれる独自機能によって実現された、”超高速” と呼べるほどの性能だ。

特殊で専用的なハードウェアを必要とせず、標準的なIAサーバやパブリッククラウドの仮想マシン上で稼働させることができるVerticaであれば、ビッグデータ分析の有効性を最低限のコストで、先に述べた性能の上で検証していくことが可能だ。事実、すでに3,500社もの企業がVerticaでビッグデータ分析に乗り出している。これまで踏み出せなかった企業の方には、是非一度、詳細について目を通していただきたい。

——日本語版インストールガイドの紹介——
ヒューレット・パッカードでは「HPE Vertica Community Edition」(最大3ノード、データ1Tバイトまでの制限付き)を提供している。日本語版インストールガイドを活用しながら、既存のデータを使って導入を検証したいというユーザに最適な試用バージョンである。 すぐに検証したいというユーザは、下記のインストールガイドから申し込むことをおすすめしたい。

インストールガイド http://h50146.www5.hp.com/products/software/hpsoftware/vertica/

(マイナビニュース広告企画 : 提供 日本ヒューレット・パッカード)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る