シェアスタイル、WACULの「AIアナリスト」を導入 - 月間CV数が2.5倍に [事例]

[2018/01/23 17:10] ブックマーク ブックマーク

Webサイト構築

WACUL(ワカル)は1月22日、シェアハウスの開発・運営を行うシェアスタイルがWACULのサイト分析ツール「AIアナリスト」を導入した事例を公開した。

AIアナリストは、Googleアナリティクスと連携させることで、人工知能がWebサイトのデータを集計し、サイトの改善提案を⾏うというもの。

シェアスタイルが運営するシェアハウス紹介サイトは、「Webからの問い合わせ数を30%以上増やす必要がある」「広告施策の運用ノウハウがない」といった課題を抱えていた。だが、その担当者は、アクセス解析から改善の実装まで1人で行い、プランナー業務も兼任しているため、Webに向き合える時間は業務の3割程度だった。

そこで、CV数を向上させるツールやコンサルティングサービスの利用を検討した結果、AIアナリストを導入。データを根拠とした具体的な施策を提示してくれることや、直感的に操作できる管理画面であることなどが決め手になった。

AIアナリストが提示した施策により、スマホサイトの物件詳細ページに問い合わせフォームへの導線を設置したところ、当初は月間CV数1.2倍を目標としていたが、現在は2.5倍の成果を挙げているという。

改善前後のスマホサイトの画面イメージ

データ解析から改善施策の立案までの時間がほとんどなくなったことでサイト運営工数が3割削減され、担当者は他の業務に注力できるようになったほか、広告費用も3割の削減につながったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3421
2
シェアスタイル、WACULの「AIアナリスト」を導入 - 月間CV数が2.5倍に [事例]
WACUL(ワカル)は1月22日、シェアハウスの開発・運営を行うシェアスタイルがWACULの人工知能「AIアナリスト」を導入した事例を公開した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2018/01/0123WACUL_001-thumb-500xauto-16670.jpg
WACUL(ワカル)は1月22日、シェアハウスの開発・運営を行うシェアスタイルがWACULの人工知能「AIアナリスト」を導入した事例を公開した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る