カカクコム、「価格.com」にAI型ECサイト内検索ソリューションを導入 [事例]

[2017/09/19 12:00] ブックマーク ブックマーク

Webサイト構築

カカクコムは9月15日、同社が運営する購買支援サイト「価格.com」に、NTTレゾナントのAI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」を導入したと発表した。

goo Search Solutionは、サービス提供者に代わり、ユーザーの検索キーワードデータから自動的に表記ゆれ辞書を生成・検索キーワードを拡張することで、1件も検索にヒットしない状態を防止するというもの。さらに、検索結果の一覧からユーザーがどの商品をクリックしたか、購入に至ったかといった行動ログをエンジンが自己学習し、表示順位の並び替えを自動で行うことで、ユーザーに最適な商品を提示する。

自動学習による改善の例

月間5,000万人超が利用し、PCや家電、生活雑貨、ファッション、食品など幅広いジャンルで約3億件の商品データベースを持つ価格.comでは、キーワード検索回数が1日あたり約150万回に上る。かねてより検索精度の改善を続けてきたが、検索件数の増加や掲載商品・ジャンルの拡大、検索キーワードがより複雑化していることから、今回、AIを活用した検索ソリューションの導入に至った。

新しい検索機能では、ユーザーの検索行動を自動的に学習し、膨大なデータベースの中から最適な結果を表示する。これにより、誤記や表記ゆれなどから発生しがちな検索結果の漏れ・偏りが減少し、検索キーワードに完全に一致する商品がない場合にも、関連性の高い商品が検索結果の上位に表示されるようになったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演レポート提供]ディープラーニングを試すには? AI連載「教えてカナコさん!」の著者が解説

[講演レポート提供]ディープラーニングを試すには? AI連載「教えてカナコさん!」の著者が解説

7月20日に行われた第50回IT Search+スペシャルセミナーのオープングセッションでは、弊誌連載「教えてカナコさん! これならわかるAI入門 」の著者である「カナコさん」こと国立研究開発法人 情報通信研究機構 (NICT)ユニバーサルコミュニケーション研究所 データ駆動知能システム研究センター 専門研究員の大西可奈子氏が登壇。悩めるビジネスパーソンに向…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る