ディライトクリエイション、「AIアナリスト」を導入 - AI視点の提案に期待 [事例]

[2017/08/16 16:30] ブックマーク ブックマーク

Webサイト構築

WACUL(ワカル)は8月16日、ディライトクリエイションが運営する犬の靴・靴下専門ECサイト「docdog(ドックドッグ)」に、WACULの人工知能「AIアナリスト」を導入したと発表した。

ディライトクリエイションが運営する犬の靴・靴下専門ECサイト「docdog(ドックドッグ)」

ディライトクリエイションでは、さらなるサイトの改良を目指し、近年Webマーケティング領域でも関心が高まる人工知能を利用したツールの導入を検討。AIアナリストの採用に至った。選定にあたっては、Webサイト全体の網羅的な分析により、これまでになかった新たな視点の下、自動的にサイト改善ポイントの提案までを行う点が評価されたという。

同社は、導入により、サイト分析にかかる工数の削減やAIアナリストの提案による売上向上、「Web広告の間接効果分析」機能を活用した広告予算の最適化といった効果を期待するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2997
2
ディライトクリエイション、「AIアナリスト」を導入 - AI視点の提案に期待 [事例]
WACUL(ワカル)は8月16日、ディライトクリエイションが運営する犬の靴・靴下専門ECサイト「docdog(ドックドッグ)」に、WACULの人工知能「AIアナリスト」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
WACUL(ワカル)は8月16日、ディライトクリエイションが運営する犬の靴・靴下専門ECサイト「docdog(ドックドッグ)」に、WACULの人工知能「AIアナリスト」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る