[講演レポート提供]マルチデバイス時代に必須の「マテリアルデザイン」をGoogle担当者が解説!

[2017/05/08 14:55] ブックマーク ブックマーク

Webサイト構築

Googleが2014年に公開した、マルチデバイス時代の新しいUI/UXデザイン「Material Design(マテリアルデザイン)」。PCだけでなく、スマホやタブレットなどさまざまなデバイスが普及した昨今、どのデバイスからサイトにアクセスしても同じユーザー体験(UX)が得られることの重要性が高まっている。企業サイトをはじめ、多少なりともWebサイト構築にかかわる方ならば、決して無視できない話題だろう。

そこで、3月28日に行われた第39回IT Search+ スペシャルセミナーでは、グーグル Developer Relations Team Program Managerの鈴木 拓生氏が登壇。「Google担当者が教えるデザインの新基準『Material Design』」と題し、マテリアルデザインの設計思想から具体的な活用方法、デザイン時に陥りがちなポイントなどについて丁寧な解説が行われた。

グーグル Developer Relations Team Program Managerの鈴木 拓生氏

グーグル Developer Relations Team Program Managerの鈴木 拓生氏

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、講演で紹介されたマテリアルデザインの基本となる3つの要素のほか、実際に利用する際のアドバイスなどについてダイジェストでまとめている。WebサイトのUI/UXに興味のある方はぜひ、ご一読いただきたい。

講演レポートのご案内


全2ページから成る講演レポートでは、「Google担当者が教えるデザインの新基準『Material Design』」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。


<PDF内容>

  • マテリアルデザインを構成する「3つの要素」
  • マテリアルデザインでとらわれがちなポイントとは?
  • マテリアルデザインへの素朴なギモン

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】Web、モバイルのデザイン新基準「マテリアルデザイン」を学ぼう [1] そもそもMaterial Designって?

【連載】Web、モバイルのデザイン新基準「マテリアルデザイン」を学ぼう [1] そもそもMaterial Designって?

Googleのデザイナーを集めて、異なるデバイス間でも統合されたUIを提供するプロジェクト、それが「Material Design」です。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る