マイナビニュースマイナビ

YinYang、ECサイトにWACULの「AIアナリスト」を導入 - スマホからの購入者が約2倍に [事例]

[2017/02/13 17:30] ブックマーク ブックマーク

WACUL(ワカル)は2月13日、YinYangがヨガウェアのECサイト「YinYang」にWACULの人工知能「AIアナリスト」を導入したと発表した。

AIアナリストは、Googleアナリティクスと連携することで、人工知能がWebサイトのデータを集計し、改善提案を行うというもの。

YinYangでは、ECサイトに専任の担当者を置いて定期的にサイトの改善を行っており、さらなる売上向上につながる施策を検討していた。AIアナリストがWebサイトのデータを網羅的に分析し、自動で継続的に改善提案までを行うことや費用対効果の高さに関心を抱いたことから導入に至ったのだという。

AIアナリストの分析により、スマートフォンサイトの改善が「購入完了」につながる可能性が高く、なかでも「アイテムカテゴリ」への導線追加が効果的だと判定された。当初、アイテムカテゴリはフッターにのみ設置していたが、より目にしやすい個所(「ランキング」と「おすすめ商品」の間)にも設置。結果として、アイテムカテゴリからの誘導率が約25%から約40%にまで上昇し、「購入者数(購入完了ページへの到達数)」が約2倍になったとしている。

サイトの改善前と改善後

AIアナリストでは、「人工知能の提案一覧」を確認できる無料版と、月額4万円(3万セッションまで)からの有料版を用意。有料版では、提案の根拠となるデータや今後の伸びしろ、実績といった各種レポートが閲覧できるほか、異常の検知機能、人間のアドバイザーによるサポートなどが提供される。

無料版で確認できる人工知能の提案一覧イメージ

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

脳科学とAIは切っても切れない間柄!? 両者が融合する未来に広がる可能性

脳科学とAIは切っても切れない間柄!? 両者が融合する未来に広がる可能性

「AI(人工知能)」という言葉がそこかしこで聞かれるようになったが、この世界にはずっと以前からもう1つの「知能」が存在している。我々、人間の「脳」だ。実はAIと脳科学は切っても切れない間柄にあり、AIが台頭してきた今、その関係性はお互いの進化を促進するかたちに発展しつつある。では今後、AIと脳科学はどのようなかたちで融合し、世界に新たなイノベーションをもたら…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る