カゴメ、自社Webサイトのデジタルマーケ基盤に「SITE PUBLIS 4」を導入 [事例]

[2016/06/21 10:10] ブックマーク ブックマーク

ミックスネットワークは6月20日、食品販売大手のカゴメのデジタルマーケティング基盤に、同社のWebサイト構築・運営プラットフォーム「SITE PUBLIS 4」が導入されたと発表した。

カゴメの自社Webサイトでは、コンテンツの増加に伴い、従来のCMSによる運用が困難になりつつあった。また、社内に複数の独自システムが混在していたことが事態をより複雑化させ、今後のデジタルマーケティング施策を実施していく上での課題となっていた。

そこで、サイトの基盤を統一し、運用効率の改善を図る施策の一環としてSITE PUBLIS 4を導入。製品選定にあたっては、管理画面のわかりやすさ、承認フローや時限公開など、複数部門で運用するための機能が充実していることを高く評価したという。また、カゴメでは社内インフラのクラウド化も進めており、SITE PUBLIS 4が、既存のクラウド環境(Microsoft AzureやSQL Database)を利用できる点もプラス材料だったとしている。

デジタルマーケティング基盤の利用イメージ図

導入プロジェクトの初期段階では、リニューアル時期を迎えていたWebサイト「カゴメ フードサービスインフォメーション」の基盤の再構築が行われた。カゴメは今後、SITE PUBLIS 4に他サイトも統合し、デジタルマーケティング基盤を整備していくとしている。

カゴメ フードサービスインフォメーション

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

サイバーエージェント、請求書の授受を電子化するプラットフォームを導入 [事例]

サイバーエージェント、請求書の授受を電子化するプラットフォームを導入 [事例]

インフォマートは6月16日、同社の提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」をサイバーエージェントが導入したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る