読売新聞「yomiDr.」がCMSを刷新 - アクセス数耐性が3倍、運用コストを50%削減に貢献 [事例]

[2016/05/24 18:01] ブックマーク ブックマーク

  • Webサイト構築

Webサイト構築

プライム・ストラテジーは5月24日、同社のWordPress実行環境「KUSANAGI(くさなぎ)」が読売新聞の医療・健康・介護情報サイト「yomiDr.(ヨミドクター)」に採用されたと発表した。

「KUSANAGI」は、同社が仮想マシンイメージとして開発・提供するWordPressの実行環境。性能は、ページキャッシュ非使用時で、4vCPU時にWordPress実行時間3ミリ秒台、1秒あたりの同時リクエスト数1,000超を実現している。ページキャッシュ利用時は、4vCPUで1秒あたりの同時リクエスト数6万超。

ヨミドクターはサービス開始から5年経ち、初期導入のシステムを使い続けることに多くの課題を抱えていた。アクセス集中の際に表示される画面レイアウトが崩れるなどの問題が起きていたほか、災害時に運用を続けるための対策がなかったり、スマートフォンサイトに対応できていなかった。全体のアクセス数も落ち込んでいたという。

新CMSの採用によってサイトのパフォーマンスは大幅に改善。アクセス数耐性が3倍に増加し、月間3000万PVにも耐えられる環境になったとしている。高速化の結果、PV数も向上。運用にかかる時間は従来の6分の1になり、コストも50%削減されている。災害対策としては、関東が有事の際にも、関西で1時間以内に復旧できるという。

関連リンク

1450
2
読売新聞「yomiDr.」がCMSを刷新 - アクセス数耐性が3倍、運用コストを50%削減に貢献 [事例]
プライム・ストラテジーは5月24日、同社のWordPress実行環境「KUSANAGI(くさなぎ)」が読売新聞の医療・健康・介護情報サイト「yomiDr.(ヨミドクター)」に採用されたと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/24/jirei_thumbnail.jpg
プライム・ストラテジーは5月24日、同社のWordPress実行環境「KUSANAGI(くさなぎ)」が読売新聞の医療・健康・介護情報サイト「yomiDr.(ヨミドクター)」に採用されたと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る