日興通信、システム開発用ネットワーク基盤にSDNソリューションを導入 [事例]

[2018/07/02 12:00] ブックマーク ブックマーク

仮想化

日興通信とNECは7月2日、日興通信が自社のシステム開発用ネットワーク基盤に、NECのSDNソリューションの導入を決定し、今年9月から運用を開始すると発表した。

日興通信は、自社のシステム開発用ネットワークに関して、環境構築の迅速化によるサービス向上と、セキュリティ対策強化や障害対策といった、信頼性/可用性の向上を目指していた。これを実現するため、NECのSDN対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」を中核としたSDNソリューションを導入。これにより、ネットワーク全体をソフトウェアで一元管理し、仮想ネットワーク(VTN:Virtual Tenant Network)を柔軟かつ迅速に構築できるため、システム開発環境を構築するリードタイムを40%削減することが可能になるという。

また、今回併せて導入したトレンドマイクロの「サイバー攻撃自動防御ソリューション」により、セキュリティインシデントの発生時に、被害端末を自動遮断し、被害範囲を最小化できるとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3851
2
日興通信、システム開発用ネットワーク基盤にSDNソリューションを導入 [事例]
日興通信とNECは7月2日、日興通信が自社のシステム開発用ネットワーク基盤に、NECのSDNソリューションの導入を決定し、今年9月から運用を開始すると発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
日興通信とNECは7月2日、日興通信が自社のシステム開発用ネットワーク基盤に、NECのSDNソリューションの導入を決定し、今年9月から運用を開始すると発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る