所沢市役所、仮想デスクトップ環境の構築で情報漏えい対策を強化 [事例]

[2018/01/30 15:20] ブックマーク ブックマーク

仮想化

ネットワンシステムズは1月30日、所沢市役所の全職員約2,100名が利用する1,000台の仮想デスクトップ環境を構築したと発表した。同環境は、2017年6月から稼働を開始している。

標的型攻撃などのサイバー攻撃が高度化する昨今、特に自治体ではマイナンバーをはじめとする重要情報を取り扱うことから、より強固なセキュリティ対策が求められている。

今回構築された画面転送型仮想デスクトップは、インターネット接続環境と業務システム環境を分離することで、重要情報の外部流出を防ぐというもの。Web閲覧やメールなど、インターネット接続が必要な業務は仮想デスクトップ上でのみ許可するため、仮にサイバー攻撃を受けても業務システム側で取り扱うデータには影響しないとしている。

システムの利用イメージ

環境の構築にあたっては、ネットワーク仮想化ソフト「VMware NSX」、仮想デスクトップソフト「VMware Horizon」、サーバ仮想化ソフト「VMware vSphere」、サーバ「Cisco UCS」、セキュリティ対策ソフト「Trend Micro Deep Security」などを採用。オールフラッシュストレージ「Pure Storage FlashArray//M」により、体感速度の大幅な向上と故障率の低減、取扱いデータの常時暗号化が実現された。

また、SDNの採用により、仮想デスクトップ単位でのファイアウォール適用(マイクロセグメンテーション)を可能にしたほか、セキュリティ対策ソフトとの連携でマルウェアに感染した仮想デスクトップの自動隔離を実現。感染の拡大を防ぐとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3434
2
所沢市役所、仮想デスクトップ環境の構築で情報漏えい対策を強化 [事例]
ネットワンシステムズは1月30日、所沢市役所の全職員約2,100名が利用する1,000台の仮想デスクトップ環境を構築したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ネットワンシステムズは1月30日、所沢市役所の全職員約2,100名が利用する1,000台の仮想デスクトップ環境を構築したと発表した。

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
パスワード管理アプリの選び方
国家主導型サイバー攻撃
情報セキュリティ事故対応アワード2017
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る