札幌市消防局、SDNを活用した災害対応用基幹ネットワークを構築 [事例]

[2017/07/04 12:00] ブックマーク ブックマーク

仮想化

日本電気(NEC)は7月4日、札幌市消防局の災害対応用システムにおいて、SDN(Software-Defined Networking)を活用した災害対応用基幹ネットワークを構築したと発表した。

災害対応用システムでは、迅速に情報を収集・伝達することが必要であり、高度な可用性が求められる。そのため、札幌市消防局では、災害発生時に利用するシステムは既存の通信サービスではなく、独自に整備した自前の通信網で構築していた。だが近年、システムのIP化が急速に進んでいることに伴い、順次IP化していくシステムを収容する必要が生じていたのだという。

そこで今回、NECは各種防災システムのIP化に対応するとともに、SDNの自動迂回機能を活用し、災害時でも可用性の高い災害対応基幹ネットワークを構築。具体的には、SDNコントローラ(UNIVERGE PF6800)2台、SDNスイッチ(UNIVERGEPF5200シリーズ)3台などを導入し、災害対応用ネットワークの一部をSDN化した。これにより、災害発生時に機器にトラブルが発生した場合は自動で迂回ルートに切り替わり、通信を継続できるようになったほか、既存の独自通信規格とIPを共存させた段階的な移行が可能になった。

SDNを導入した消防指令システム、ヘリコプターからの映像伝送システム、災害発生時に対策本部が利用するためのテレビ会議システムなどの各システムは、仮想ネットワークによってセキュリティを担保しつつ、分離されているという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2888
2
札幌市消防局、SDNを活用した災害対応用基幹ネットワークを構築 [事例]
日本電気(NEC)は7月4日、札幌市消防局の災害対応用システムにおいて、SDN(Software-Defined Networking)を活用した災害対応用基幹ネットワークを構築したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
日本電気(NEC)は7月4日、札幌市消防局の災害対応用システムにおいて、SDN(Software-Defined Networking)を活用した災害対応用基幹ネットワークを構築したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る