徳島県庁、デスクトップ仮想化でセキュリティと業務効率を向上 [事例]

[2016/08/24 18:05] ブックマーク ブックマーク

仮想化

ヴイエムウェアは8月24日、徳島県庁がデスクトップ仮想化ソリューション「VMware Horizon」を採用し、7月19日より稼働開始していることを発表した。

徳島県庁では、標的型攻撃による個人情報流出などの防止や、総務省の情報セキュリティ対策指針「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化」への対応に向け、強固なセキュリティソリューションの導入を検討していた。同庁では、以前から災害対策やサテライトオフィスの実現のためにVMware Horizonを一部利用していたのだが、今回、改めてセキュリティと効率性の両立の観点から他社製品を含めた比較検討を行った結果、VMware Horizonの採用を決定したのだという。

導入により、約4,000人の職員が、LAN環境からインターネットを分離した仮想デスクトップ環境で業務を行うことになる。

徳島県庁は今後、新たな仮想アプリケーション・デスクトップ環境も導入し、マイナンバー業務や総合行政ネットワーク(LGWAN:Local Government Wide Area Network)と、インターネットへのアクセスを分離することで、さらなるセキュリティの強化を図るとしている。

関連リンク

1760
2
徳島県庁、デスクトップ仮想化でセキュリティと業務効率を向上 [事例]
ヴイエムウェアは8月24日、徳島県庁がデスクトップ仮想化ソリューション「VMware Horizon」を採用し、7月19日より稼働開始していることを発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ヴイエムウェアは8月24日、徳島県庁がデスクトップ仮想化ソリューション「VMware Horizon」を採用し、7月19日より稼働開始していることを発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る