Enpass password manager - スマホから利用

【連載】

パスワード管理アプリの選び方

【第26回】Enpass password manager - スマホから利用

[2018/08/03 14:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • ファイル送信/転送

ファイル送信/転送

デスクトップからモバイルデバイスへデータ移行

これまで取り上げてきたフルスタックのパスワード管理アプリと比べたEnpass password managerの最大の特徴は、利用するにあたってクラウドアカウントの作成が不要という点にある。後から既存のクラウドアカウントを使ってデータの同期を実施することもできるが、クラウドアカウントを登録しなくても利用できる点がこれまでのサービスと大きく異なっている。

そしてEnpass password managerでは、クラウドアカウントを使わなくてもアカウントデータを共有する方法が提供されている。アカウントデータの管理を行うためにアカウントデータをクラウド側に送信することに不安を感じるユーザも多いだろう。Enpass password managerを利用することでそうした不安を払拭した状態でアカウントデータ管理を行うことができる。

Enpass password managerアプリのセットアップ

Enapss password managerはアプリストアに登録されているので、そこからインストールすればよい。

ストアに登録されたEnpass password manager

Enpass password managerアプリ初回起動時

Enpass password managerアプリ初回起動時

Enpass password managerアプリ初回起動時

Enpass password managerアプリ初回起動時

Enpass password managerアプリ初回起動時

Enpass password managerではバックアップデータを復元するという形でデータの同期を実施することができる。ここではすでにデスクトップ版のアプリケーションを使った後なので、「私の既存のデータを復元する」を選択してデスクトップ版で登録したデータをコピーする。

すでにデスクトップで利用しているので、そちらのデータをコピーするために「私の既存のデータを復元する」を選択

データをコピーする方法が表示されるので、この中から「WiFi」を選択する。

データの同期方法として「WiFi」を選択

「WiFi」を選択すると、デスクトップ側からアクセスするURLが表示される。

デスクトップ側からアクセスするためのURLが表示される

表示されたURLにアクセスすると、次のようなページが表示される。ページにはバックアップファイルをアップロードするようにとメッセージが記載されている。

デスクトップ側からアクセスするとバックアップファイルをアップロードするように求められる

Enpass password managerのメニューから「ファイル」→「バックアップ」を選択してバックアップデータをファイルに保存する。

デスクトップ版のEnapss Password Managerのメニューから「ファイル」→「バックアップ」を選択してバックアックファイルを作成する

バックアップファイルの保存を確認

Webブラウザから先ほど保存したバックアップファイルを選択してSubmitボタンをクリックする。

先ほど開いたWebブラウザからバックアップファイルを選択してSubmitボタンをクリック

残りの作業はモバイルデバイス側で行うようにといったメッセージがWebブラウザに表示される。

Webブラウザ側にはモバイルデバイスで操作を継続するようにとメッセージが表示される

Enpass password managerアプリに戻ると、次のようにアップロードされたファイルからデータを復元するか聞かれるので、ここで「復元」をタップする。

データを復元するか聞かれるので「復元」を選択

Enpass password managerのマスターパスワードの入力を求められるので、マスターパスワードの入力を行う。

Enpass password managerのマスターパスワードを入力

これでセットアップはほぼ完了だ。マスターパスワードの代わりにタッチIDを使うようにするなら、ここでタッチIDを有効化してから「Enpassの使用を開始します。」をタップする。

これで準備環境。マスターパスワードの代わりにタッチIDを利用できるようにする場合はここで有効にしてから「Enpassの使用を開始します」をタップ

Enpass password managerアプリを利用

Enpass password managerアプリの起動時にはマスターパスワードを入力する。

Enapss Password Manager起動時にマスターパスワードを入力

Enpass password managerアプリの利用方法はほかのパスワード管理アプリとほとんど同じだ。提供されている機能は比較的シンプルな方に分類される。Enpass password managerにブラウザが組み込まれているので、この組み込みブラウザを利用するスタイルになっている。

デスクトップ版で利用していたデータがモバイル版にコピーされている

登録されたアカウントデータの閲覧

登録されたアカウントデータの編集

登録されているアカウントデータからEnpass password managerの組み込みブラウザを起動

組み込みブラウザが起動すると自動的にアカウントが入力される

自動的にログインが完了したページ

Enpass password managerアプリはメニューが画面の左側にまとまっている。しばらく操作していれば使い方はだいたい掴めるだろう。

Enpass password managerはメニューが左側にまとめられている

ランダムパスワード生成機能

各種設定

Enpass password managerアプリでは無料で管理できるアカウント数の上限が19個に限定されている。これ以上の数のアカウントを管理したい場合にはプロ版にアップグレードする必要がある。

これまで何度か説明してきたが、この手のアプリを使い続けたいのであれば、購入やサブスクリプションの購入は選択肢のひとつに入れておいた方がよい。サービスを永続的に続けてもらうには開発や運営に資金が必要になる。使い続けたいと考える場合には購入やサブスクリプションの支払はある程度必要なものだと考えておいた方がよいだろう。

クラウドアカウント不要のEnpass password manager

フルスタックのパスワード管理アプリでは提供されている機能やサービス、UI/UXに差はあるものの、もっとも必要とされる機能についてはほとんど差が見られない状態にある。そんな中でEnpass password managerは利用するにあたってクラウドアカウントが必要ないという特徴がある。自分のアカウントデータが自分の認知しない場所にコピーされていることを嫌うのであれば、Enpass password managerは有力な選択肢になってくる。

たしかにクラウドアカウントを利用するとパソコンとスマートフォンの間でアカウントデータを自動的に同期することができてかなり便利だ。さらにタッチID(指紋認証)も有効にすれば、マスターパスワードを入力することなくアプリを利用し続けることができる。便利この上ない。

しかし、便利であることはリスクを生むことも常に考えておいた方がよい。クラウドアカウントを使ってデータコピーを行うということは、データは手元のデバイス以外にもコピーされることを意味しているし、タッチIDを使うようにするとマスターパスワードを忘れるというリスクが高くなる。結局どこに重きをおくかということなのだが、特にクラウドアカウントの作成を好まない方にはEnpass password managerがお薦めだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3914
2
【連載】パスワード管理アプリの選び方 [26] Enpass password manager - スマホから利用
これまで取り上げてきたフルスタックのパスワード管理アプリと比べたEnpass password managerの最大の特徴は、利用するにあたってクラウドアカウントの作成が不要という点にある。後から既存のクラウドアカウントを使ってデータの同期を実施することもできるが、クラウドアカウントを登録しなくても利用できる点がこれまでのサービスと大きく異なっている。そしてEnpass password managerでは、クラウドアカウントを使わなくてもアカウントデータを共有する方法が提供されている。
https://news.mynavi.jp/itsearch/files/pwmng300-250.jpg
これまで取り上げてきたフルスタックのパスワード管理アプリと比べたEnpass password managerの最大の特徴は、利用するにあたってクラウドアカウントの作成が不要という点にある。後から既存のクラウドアカウントを使ってデータの同期を実施することもできるが、クラウドアカウントを登録しなくても利用できる点がこれまでのサービスと大きく異なっている。そしてEnpass password managerでは、クラウドアカウントを使わなくてもアカウントデータを共有する方法が提供されている。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る