Bitwarden - 主な使い方

【連載】

パスワード管理アプリの選び方

【第22回】Bitwarden - 主な使い方

[2018/07/06 07:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • ファイル送信/転送

ファイル送信/転送

Bitwardenのさまざまな使い方

Bitwardenはこれまで取りあげてきたパスワード管理アプリの中でもっとも利用形態が多いサービスだ。

Webブラウザエクステンションはもちろん、モバイルアプリ、Webアプリケーション、コマンドラインツールでも利用できる。Windows、Mac、Linux、iPhone、iPad、Android、UNIX系OSなど、さまざまなシーンで活用が可能だ。

しかもソースコードはオープンソースソフトウェアとして公開されており、GitHubで閲覧できる。機能の透明性という意味ではKeePassに並んでいる。

KeePassはデスクトップアプリケーションだけだったが、Bitwardenはフルスタックでソフトウェアを提供している。使い途の広さではこれまで取り上げたどのアプリケーションよりも広いと言える。

Webブラウザエクステンション

BitwardenのWebブラウザエクステンションの使い方はほかのパスワード管理アプリと同じだ。

Webブラウザでサイトへのログインを試みると、その前後でパスワードをBitwardenに保存するかどうか問われる。このタイミングで保存すればアカウントデータが登録される。

当然、素の状態でアカウントデータを登録することもできる。

自動登録例その1

自動登録例その2

登録されたアカウントは次のようにWebブラウザエクステンションのダイアログに表示される。

登録されたアカウントデータ

登録したアカウントデータは閲覧したり編集したりすることが可能。

アカウントデータの閲覧

アカウントデータの編集

「保管庫」ではアカウントデータ以外のデータも扱うことができる。

保管庫ではアカウントデータ以外のデータも保存可能

IDデータの登録例

「ジェネレーター」を選択するとランダムパスワードを生成できる。「長さ」部分を変更するとその都度表示されるパスワードが変わる仕組みになっている。

ランダムパスワードの生成

BitwardenのWebブラウザエクステンションではパスワードデータをCSVデータとして保存できる点も興味深い。エクスポートには最初に登録したマスターパスワードが必要になる。

アカウントデータをCSVデータでエクスポート

これまで何度が取りあげたが、アカウントデータをデジタル情報としてのみ保存するのではなく、印刷して物理的に金庫などで保存する方法も大切になってくる。デジタルデータは扱いを間違えると永遠にアクセスできなくなることもある。物理的な保存も含めてトータルセキュリティを考えるのが得策だ。

デスクトップアプリケーション

BitwardenのデスクトップアプリケーションでできることはWebブラウザエクステンションで行えることとほぼ同じだ。Webブラウザエクステンションでの扱いがよいか、デスクトップアプリケーションでの扱いがよいか、このあたりは好みの問題になってくるだろう。

デスクトップアプリケーションをマスターパスワードで解除

登録したアカウントデータの閲覧と編集

アカウントデータ以外のデータの登録編集

Webアプリケーション

BitwardenはWebアプリケーションとしても利用できるようになっている。

Webアプリケーションで提供されている機能は、Webブラウザエクステンションやデスクトップアプリケーションで提供されている機能と比べると、いくつか実装されていないものがある。しかし、通常の利用で困るようなことはないだろう。

Bitwarden Webアプリケーションへのログイン

Bitwarden Webアプリケーション

登録したアカウントの閲覧と編集

2要素認証の設定

ただし、逆にWebブラウザエクステンションやデスクトップアプリケーションでは設定できない内容がWebアプリケーションでは設定できたりする。二要素認証がそれだ。

Bitwardenは二要素認証をサービスとして提供しており、Webアプリケーション経由で機能を有効化できる仕組みになっている。Bitwardenを本格的に利用していくなら、二要素認証はぜひ有効にしたいところだ。

ともかくバランスがよいBitwarden

Bitwardenはこれまで取りあげてきたパスワード管理アプリのなかでも、ともかく全方位的にバランスがよい。Webブラウザエクステンションに機能を詰め込めるだけ詰め込んだ多機能アプリもあったが、Bitwardenが提供している機能は必要なサービスだけを提供している。

さらに、特定のアプリに限定されるのではなく、コマンドラインツールからモバイルアプリ、デスクトップアプリケーション、Webブラウザエクステンション、Webアプリケーションと利用できる方法がいくつも存在している。そしてBitwardenはオープンソースソフトウェアだ。ともかく、いろいろな部分のバランスがよい。

パスワード管理アプリや提供しているベンダに特に思い入れがないのであれば、Bitwardenのバランスの良さは試すのに値するものではないかと思う。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

今年で2回目を迎えた情報セキュリティ事故対応アワード。経済産業省が後援につき、報道賞を新設するなど、さらに内容を拡充しての開催となりました。今年の最優秀賞は、審査員全員が「過去にない対応」と大絶賛。セキュリティ関係者は一度ご覧になっておくべきでしょう。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る