True Key - インストール

【連載】

パスワード管理アプリの選び方

【第18回】True Key - インストール

[2018/06/01 07:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • ファイル送信/転送

ファイル送信/転送

True Key

これまでパスワード管理アプリとしてLastPass、Dashlane、Sticky Password、RoboForm、KeePassを取りあげてきた。KeePassはスタンドアローンで利用するOSSのデスクトップアプリケーションでほかのアプリとは性格が異なっているので除くとして、基本的にはWebブラウザから利用することができて、パスワード管理がいつの間にか自動化できているという類いのものだった。

今回はそうしたアプリのひとつとして「True Key」を紹介する。

インストールとアカウント作成

インストールは「True Key」のページから実施する。Webブラウザエクステンションのインストールが起動するので、流れに従ってインストールを行う。

True Key Webブラウザエクステンションをインストール

次にアカウントの作成とマスターパスワードの設定を行う。

引き続きアカウントの作成

名前、メールアドレス、マスターパスワードを設定

マスターパスワードの確認入力

ここまで作業を行うと登録したメールアドレスに確認メールが送付されるので、内容を確認した上でOKをクリックする。Webブラウザに確認成功のページが表示されればセットアップは完了だ。

登録したメールアドレスに送られてくる確認メール

確認メールのリンクをクリックすると表示されるページ

True Keyの使い方はこれまで紹介してきたパスワード管理アプリと似ている。何も考えずにユーザ名とパスワードを入力してサイトにログインするとTrue Keyが自動的にアカウントデータを収集して、次にアクセスしたときには自動的に入力してログインを行ってくれるようになる。

Webサイトにログインすると自動的にアカウントデータが保存される

次回のログイン時には自動的にアカウントデータの入力が行われる

True Keyを使っていく上で特に操作方法がわからないといったことはないと思う。保存するパスワードが少ないかぎり、これだけわかっていれば使っていけるだろう。

たくさんのアカウントを管理するならプレミアム版を検討

True Keyとこれまでに紹介してきたパスワード管理アプリとが大きく異なる点は、True Keyは保存するアカウント数が15個までは無料になっているという点だ。それほど多くのアカウントを登録しないというならこれでもよいだろう。

しかし、これよりも多くの数を登録しておきたいと思ったら年間のサブスクリプションを購入することになる。価格は執筆段階で2,500円/年程度となっている。

パスワード管理を生活のインフラだと考えるなら、ある程度の支払は検討した方がよいと思う。特にそのサービスが永続的に続いて欲しいと考えるなら、それを支える方法としてサブスクリプションの支払は妥当なものだ。

無料で利用できるサービスは助かるが、収益がないモデルではサービスの継続が難しい。継続したサービスの提供を望むのであればある程度は経費と割り切るのもひとつの考え方だ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3764
2
【連載】パスワード管理アプリの選び方 [18] True Key - インストール
今回は「True Key」を紹介する。管理アカウントが15以上になると2,500円/年程度が発生するが、これを必要経費だと考えられる場合には、よい候補と言えるだろう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/files/pwmng300-250.jpg
今回は「True Key」を紹介する。管理アカウントが15以上になると2,500円/年程度が発生するが、これを必要経費だと考えられる場合には、よい候補と言えるだろう。

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る