マイナビニュースマイナビ

「システム開発」関連記事一覧

400 件中 141~160件目を表示中

富士通、システム開発に「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用 [事例]

富士通、システム開発に「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用 [事例]

レッドハットは11月8日、富士通が、同社の情報システム部門内でグローバルに散在するデータの収集/整備/活用を推進する組織「ビジネス・インテリジェンス・コンピテンシー・センター(BICC)」におけるシステム開発に、コンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用したと発表した。

開発ソフトウェア

Kubernetesとは

【連載】Kubernetes入門 [1] Kubernetesとは

マイクロサービス化が進み、より細かい単位でコンテナを起動したり、高負荷時にはより細かい単位でコンテナをスケールさせたりできます。つまりコンテナが乱立し、運用管理が困難になってきているのです。そんな中注目されているのがコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」です。

開発ソフトウェア

ソフトウェア開発自動化の歴史

【連載】ソフトウェア開発自動化入門 [1] ソフトウェア開発自動化の歴史

ソフトウェア開発自動化とは、読んで字のごとくソフトウェア開発に関わる作業を自動化し、高生産性を実現するためのものです。設計書を入力にソースコードを生成するなどは一例にすぎず、他にも自動化できるシーンがあります。本連載ではソフトウェア開発自動化の4つの領域を中心に解説していきます。

開発ソフトウェア

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

「NoOpsは、『No Uncomfortable Ops』を意味します。すなわち、システム運用保守に関する『嬉しくないもの』を取り除く活動です」――NoOps Japan 発起人を務めるゼンアーキテクツの岡 大勝氏は、10月3日に開催したIT Search+スペシャルセミナー『NoOpsはじめの一歩 ~新世代の設計思想を知る~』においてNoOpsをこう説明した。

クラウド

働き方改革で攻めの情シスに インフラ構築自動化プラットフォーム選定が成否の鍵

【特別企画】働き方改革で攻めの情シスに インフラ構築自動化プラットフォーム選定が成否の鍵

情報システムを扱う部門には、日々、既存サーバやDBの管理・保守に加え、各部門から寄せられる不具合の対応や新規プロジェクト用インフラの構築、経営層向けのデータ解析など、様々な業務が押し寄せてくる。業務の効率化により、時間や労力を、ほかの生産的な仕事に割り当てられるようになれば、企業全体の競争力強化にもつながる。本稿では、情シスにありがちなシチュエーションと、それを解決するAnsibleの機能が、分かりやすく説明されているマンガを紹介する。

ソリューション

Google I/O 2018で発表されたMaterial Designのアップデート

【連載】Web、モバイルのデザイン新基準「マテリアルデザイン」を学ぼう [6] Google I/O 2018で発表されたMaterial Designのアップデート

今年も5月8-10日にかけて、米国で年次開発者会議『Google I/O 2018』を開催しました。毎年、その年の新しい技術やサービスの発表を行っていますが、今年はMaterial Design関連のアップデートも発表しました。最終回となる今回は、 Material Designに関しての発表をまとめてご紹介します。

Webサイト構築

OpenStack Days、8月2日に開幕! Cloud Native Days併催で、AI/コンテナなど講演拡充

OpenStack Days、8月2日に開幕! Cloud Native Days併催で、AI/コンテナなど講演拡充

OpenStack Days Tokyo 2018が8月2日、東京都中央区のベルサール東京日本橋にて、いよいよ開幕する。

クラウド

ZOZOTOWNを支える「縁の下」のシステム開発

ZOZOTOWNを支える「縁の下」のシステム開発

6月13日~15日に開催された「Interop Tokyo」。その基調講演には、アパレルECサイト「ZOZOTOWN」の開発/運用を担う、スタートトゥデイテクノロジーズの取締役 大蔵峰樹氏が登壇し、ZOZOTOWNの開発の歴史やシステム構成、組織づくりなど、これまで表に出なかったエンジニアリングの"舞台裏"を明かした。

開発ソフトウェア

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIが、男性用ビジネスウェアをサブスクリプションモデルで提供するサービスを2018年4月末より開始した。その名も「suitsbox」。アイデア出しからわずか1年でサービス開始までに至った背景について、責任者らに伺った。

Webサイト構築

RPAの課題と今後

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [7] RPAの課題と今後

さまざまな形態のRPAについて解説してきた本連載も最終回。今回は、新技術や労働現場の動向も踏まえながら、今後の展開について考えていきたいと思います。

開発ソフトウェア

Oculus Goを199ドルで販売するFacebookの「VR/AR戦略」 - F8 2018

Oculus Goを199ドルで販売するFacebookの「VR/AR戦略」 - F8 2018

Facebookの年次開発者イベント「F8 2018」がアメリカ カリフォルニア州 サンノゼで開かれました。ザッカーバーグ氏は、フェイクニュース対策などを語りつつも、開発者イベントとあって、さまざまな新機能・サービスを公開。特に、以前にも増して強調していたのがVR/ARです。

開発ソフトウェア

チャットボットとRPA - LINE BOTを使ってみる

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [6] チャットボットとRPA - LINE BOTを使ってみる

RPA導入によりデジタルレイバーと一緒に業務を進めることになると、どのようにコミュニケーションをとるかが問題になります。現段階での有力な選択肢の一つがチャットボットです。それを踏まえて、今回はLINEを使ったチャットボットを作ってみましょう。

開発ソフトウェア

開発現場が変わる! 他社とは違う、Pivotalのデジタル革新支援策

開発現場が変わる! 他社とは違う、Pivotalのデジタル革新支援策

設立から5周年を迎えたPivotal ジャパンが3月8日、2018年の事業戦略発表会を開催した。2018年を「日本市場でデジタル革新が加速する年」と捉え、アジャイル開発推進とインフラ運用効率化の両面から、ビジネスのリーンスタートアップを支援する。

開発ソフトウェア

迅速な開発とセキュリティ対応を両立 - 理想のソフトウェア開発環境を構築

【特別企画】迅速な開発とセキュリティ対応を両立 - 理想のソフトウェア開発環境を構築

昨今ではソフトウェア開発において、多くの企業がCI及びDevSecOpsといった手法を取り入れ、ソフトウェア開発の効率化・高速化を実現している。本稿ではDevSecOpsにセキュリティの概念を加えた手法である「DevSecOps」について資料とともに説明していきたい。

セキュリティ

AI人材に必要なもの[5] リクルートテクノロジーズ 石川氏 - 「失敗前提でも経験させる」

AI人材に必要なもの[5] リクルートテクノロジーズ 石川氏 - 「失敗前提でも経験させる」

多種多様な事業/サービスを展開するリクルートグループ。その中で活用されているAIの開発/運用を一手に引き受けているのが、リクルートテクノロジーズのITソリューション統括部 データテクノロジーラボ部でシニアマネジャーを務める石川 信行氏だ。

Webサイト構築

仮想ライブ空間「SHOWROOM」の技術課題にエンジニアはどう挑んだか?

仮想ライブ空間「SHOWROOM」の技術課題にエンジニアはどう挑んだか?

2月7日に開催された「DeNA Technology Conference 2018(TechCon)」のセッションでは、仮想ライブ空間「SHOWROOM」におけるサービス構築・運用の裏側が披露された。本稿では、SHOWROOM Tech Studioのヘッド 池滝俊太氏による講演「『SHOWROOM』の大規模化に伴う技術課題のソリューション ~演者・視聴者の熱量を支える負荷対策、HTML5対応など~」をダイジェストでお届けする。

開発ソフトウェア

強みは「エンジニア主導」- モバオクの成長・グラブル大ヒットの舞台裏

強みは「エンジニア主導」- モバオクの成長・グラブル大ヒットの舞台裏

2月7日、「DeNA Technology Conference 2018(TechCon)」が渋谷にて開催された。本稿では、代表取締役社長兼CEOの守安功氏による基調講演「エンジニアが引っ張るDeNAの"モノづくり"」の模様をレポートする。

開発ソフトウェア

深層学習とRPA - TensorFlowを使ってみる

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [5] 深層学習とRPA - TensorFlowを使ってみる

前回までに紹介したRPAは、決められた手順に従って同じ処理を繰り返し実行するルールベースのAIを活用していましたが、今後は与えられた情報を元に判断/学習し動作する機械学習や深層学習を元にした、いわばRPA2.0が増えてくると期待されています。

開発ソフトウェア

導入前に整理しておきたい「RPAの特徴」とIT部門の「立ち位置」

導入前に整理しておきたい「RPAの特徴」とIT部門の「立ち位置」

NTTデータは1月25日、都内にて「NTT DATA Innovation Conference 2018」を開催した。本稿では、同カンファレンスにてNTTデータ 中川拓也氏と、NTTデータイントラマート 久木田浩一氏が行った講演「脚光を浴びるRPA、その可能性と未来」の模様をレポートする。

ソリューション

RPAツールの適用の勘所

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [4] RPAツールの適用の勘所

今回はRPAを構成する2つの要素を交え、RPAの導入イメージを掴んでいただきます。またツール面だけでなく、管理面を含めて組織としてどう取り組んでいくべきかについて紹介します。

開発ソフトウェア

400 件中 141~160件目を表示中

400 件中 141~160件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る