マイナビニュースマイナビ

「プロジェクト管理」関連記事一覧

40 件中 21~40件目を表示中

APIエコノミーにおける基盤構築 - Cloud Foundryの利用法

【連載】APIエコノミーの作り方 [5] APIエコノミーにおける基盤構築 - Cloud Foundryの利用法

Cloud Foundry と呼ばれるオープンソースのPaaSソフトウェアの登場により、クラウドが身近なものになってきています。Pivotal、NTTコミュニケーションズ、IBMといった企業からCloud Foundryをベースにしたクラウドサービスが提供されています。今回は、Privotal Web Services を使った基盤構築手順を紹介します。

開発ソフトウェア

APIエコノミーに触れてみる

【連載】APIエコノミーの作り方 [4] APIエコノミーに触れてみる

APIエコノミーを理解するためには、触れてみることも重要です。今回は、30日間無料ライセンスが提供されている「IBM API Connect」を使って実施にAPI構築を体験してみましょう。

開発ソフトウェア

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (71) WebSocketオブジェクトのイベントハンドラ

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (71) WebSocketオブジェクトのイベントハンドラ

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の36問目を出題いたします。

開発ソフトウェア

全世界で6万社以上の導入実績を誇るAtlassian製品は何が凄い?

【特別企画】全世界で6万社以上の導入実績を誇るAtlassian製品は何が凄い?

現在、企業を取り巻くビジネス環境は劇的なスピードで変化を遂げている。こうした中、競合企業との優位性を保つには、生産性向上や社内・外を問わず円滑な業務連携が必要不可欠な要素といえるだろう。そこで紹介したいのがAtlassian社のビジネスソフトウェアだ。

業務アプリケーション

三菱航空機、全社の情報共有基盤にジャストシステムの「UnitBase」を採用 [事例]

三菱航空機、全社の情報共有基盤にジャストシステムの「UnitBase」を採用 [事例]

ジャストシステムは11月21日、三菱航空機が全社の情報共有プラットフォームとしてWebデータベースソフト「UnitBase」を採用したと発表した。

業務アプリケーション

IoT/AIの投資が本格化、セキュリティ費は増加の一途 - ITR、国内IT投資動向調査

IoT/AIの投資が本格化、セキュリティ費は増加の一途 - ITR、国内IT投資動向調査

アイ・ティ・アールは10月19日、『国内IT投資動向調査2017』の調査結果概要を発表した。今回の調査では、IoT・AIといった新テクノロジーへの投資意欲が明確に伸びていること、セキュリティ対策予算が過去最高を更新していること、グローバルITガバナンスの主導権を海外に移す傾向にあることなどが、見て取れたという。

クラウド

マイクロサービスは銀の弾丸か(2) - 「9つの特徴」5~9

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [9] マイクロサービスは銀の弾丸か(2) - 「9つの特徴」5~9

最終回の今回は、マイクロサービスの「9つの特徴」のうちの後半5つを説明した後、マイクロサービスの適用シーンについてまとめたいと思います。

開発ソフトウェア

マイクロサービスは銀の弾丸か(1) - 実適用のポイントと「9つの特徴」1~4

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [8] マイクロサービスは銀の弾丸か(1) - 実適用のポイントと「9つの特徴」1~4

マイクロサービスを深く正しく理解するには以下のJames Lewis氏・Martin Fowler氏が名付けた「9つの特徴」 をおさえる必要があります。今回からは、9つの特徴それぞれの「位置付け」や、必ずしもメリットとは言えない部分も含め、改めて一つ一つ筆者の見解を交えながら振り返っていきます。

開発ソフトウェア

クラウドネイティブなアーキテクチャ - Infrastructure as Codeと仮想化

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [6] クラウドネイティブなアーキテクチャ - Infrastructure as Codeと仮想化

マイクロサービスは、クラウドネイティブなアーキテクチャと言われます。複数のサービスの組み合わせで構成されるため、それぞれのサービス基盤構築の頻度が増します。今回はクラウドネイティブなアーキテクチャを実現するために重要な要素としての「Infrastructure as Code」、およびDockerなどの仮想化について説明します。

開発ソフトウェア

クラウドネイティブな開発スタイル

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [5] クラウドネイティブな開発スタイル

クラウドは古くから、SaaS/PaaS/IaaSのサービスレイヤーで語られてきており、DockerやHadoop、CDN(Contents Delivery Network)等さまざまな技術要素へ対応してきています。そんな中マイクロサービス対応についても、REST APIやCI等の観点でラインナップに加えられるようになってきています。

開発ソフトウェア

なぜ今マイクロサービスなのか? マイクロサービスを開花させた技術要素

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [4] なぜ今マイクロサービスなのか? マイクロサービスを開花させた技術要素

各社製品がマイクロサービス対応をうたってきています。その中でも中核を成すのが、クラウド製品です。その他にも開発フレームワークとしてSpring Bootの存在も大きく、仮想化やCIの技術も見逃せません。今回は、これまでの技術との違いを踏まえ、マイクロサービスを開花させた技術要素を解説します。

開発ソフトウェア

起源から4年、実例から読み解くマイクロサービス

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [3] 起源から4年、実例から読み解くマイクロサービス

マイクロサービスについて解説している今回は、マイクロサービスの起源や流行具合、実例といった観点でマイクロサービスの裏側・背景に迫ります。

開発ソフトウェア

マイクロサービス vs. SOA - 「軽量さ」の理解を深める

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [2] マイクロサービス vs. SOA - 「軽量さ」の理解を深める

前回は、Monolith(モノリス)と呼ばれる一枚岩でアプリケーションを構築する従来型の開発との違いを説明しました。今回はマイクロサービスにおける「サービス」の部分に着目し、その動作イメージを深めます。マイクロサービスとの対比で語られることの多い、SOAとの違いから、「軽量さ」を理解していきましょう。

開発ソフトウェア

マイクロサービスを理解するための3つのポイント

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [1] マイクロサービスを理解するための3つのポイント

マイクロサービス(Microservies)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。昨今急速に認知度が高まっていて、技術セミナーなどで耳にすることも多くなってきました。それでも、クラウドやアジャイルといった用語と比べるとまだまだ理解度は低いようです。

開発ソフトウェア

運用管理もバイモーダルな時代に! 日本企業向けDevOpsの始め方 - ガートナー 長嶋氏

運用管理もバイモーダルな時代に! 日本企業向けDevOpsの始め方 - ガートナー 長嶋氏

「人や組織によって意味するものが違うため、10人に聞くと、10通りはおろか、12通りの答えが返ってくるのがDevOps」――こう説明するのは、運用管理ソフトウェアを担当するアナリスト、ガートナーの長嶋 裕里香 氏である。今回は長嶋氏にDevOpsの定義と、日本での展開について話を聞いた。

開発ソフトウェア

プロジェクトマネジメントの失敗はなぜ起こるのか? - その道のプロが語る赤字の原因と解決策

【特別企画】プロジェクトマネジメントの失敗はなぜ起こるのか? - その道のプロが語る赤字の原因と解決策

コストやスケジュール、要員や品質など、さまざまな要素を調整しプロジェクトを成功に導いていく「プロジェクト管理」は、企業にとって重要なテーマといえる。プロジェクトが失敗に終わるケースにはさまざまな原因が考えられるが、その成否を決める要素として、プロジェクト管理に用いるツールも重要だ。

業務アプリケーション

従来品とはナニが違う? 6カ国語対応の生産管理システムで業務はどう見える化できるのか

【特別企画】従来品とはナニが違う? 6カ国語対応の生産管理システムで業務はどう見える化できるのか

現在、海外へ進出する企業が増えているが、生産効率の把握のしづらさや生産性向上の難しさが大きな課題になっている。海外では文化や商習慣など、日本とは大きく違う部分が多々あり、生産管理という面では把握しきれない部分があるのが実情だ。そんな中、株式会社システムエグゼがクラウドで提供する「EXEX(エグゼクス)生産管理」が注目を浴びている。

クラウド

導入事例企業から解き明かす - 真のワークスタイル変革に取り組む3つのポイント

【特別企画】導入事例企業から解き明かす - 真のワークスタイル変革に取り組む3つのポイント

フリーアドレスや在宅勤務の導入、グローバルなチーム・オペレーションなど、他社に先駆けて、ワークスタイル変革に向けた施策を次々と打ち出してきたIBM。その取り組みを支える重要なカギとなっているのが、「モバイル」と「ソーシャル」だ。時間や場所、ツールの制約にとらわれない柔軟な業務環境を提供することで、社員間のコラボレーションやナレッジの活用を促進。同社が目指す「オンデマンド・ワークスタイル」の実現に役立てている。

ソリューション

日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

【特別企画】日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

日本企業で使われる業務システムは、必要に応じて都度、導入・刷新されてきたものが多い。中堅以上の企業ともなれば、システム規模が大きくなることから、異なるシステム間のデータ・マスタを連携し、整合性を保つことが大きな課題となる。システムをシームレスに連携させ、真の意味で全体最適化を実現するには何が必要か?スーパーストリームの取締役 CTO(最高技術責任者) 山田誠氏に話を伺った。

ソリューション

会員管理から入金確認までオートメーション化し、業務効率を約2/3に圧縮!

【特別企画】会員管理から入金確認までオートメーション化し、業務効率を約2/3に圧縮!

教育・研修や人材派遣業で大手の日本教育クリエイト。特に医療・福祉分野での高いシェアを誇る同社は、増え続ける会員管理業務について大きな課題を抱えていた。 それは、データベースの入力が属人的な「手作業」に依存していたことだ。ところが、あるソリューションを導入したことで管理業務を従来の2/3に圧縮でき、業務の効率化に成功したという。金融機関の決済システムとの連携時に優れ、大手会員ビジネス事業者が注目するその解決方法とは?

業務アプリケーション

40 件中 21~40件目を表示中

40 件中 21~40件目を表示中

ページの先頭に戻る