マイナビニュースマイナビ

「アプリ開発プラットフォーム」関連記事一覧

316 件中 281~300件目を表示中

タワーディフェンスゲームの作り方 (5) - 敵キャラクタを動かす

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [22] タワーディフェンスゲームの作り方 (5) - 敵キャラクタを動かす

いよいよ敵キャラクタを動かしてみよう。このゲームでは道に沿って敵が攻めてくるので、まずは道の設定を行おう。

開発ソフトウェア

タワーディフェンスゲームの作り方 (4) - 敵キャラクタの描画

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [21] タワーディフェンスゲームの作り方 (4) - 敵キャラクタの描画

前回は、画像ファイルを読み込んでOpenGLのテクスチャとし、背景を描くところまで説明した。今回は、キャラクタを描いてみることにしよう。また、アニメーションのための準備も行なっておく。

開発ソフトウェア

タワーディフェンスゲームの作り方 (3) - 背景の描画

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [20] タワーディフェンスゲームの作り方 (3) - 背景の描画

前回はOpenGL環境のセットアップまで行った。これでようやく絵を描く準備が整ったことになる。今回は、いよいよ実際に画面に絵を表示させてみよう。まずはゲームの背景画像を描いてみる。

開発ソフトウェア

タワーディフェンスゲームの作り方 (2) - OpenGL環境のセットアップ

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [19] タワーディフェンスゲームの作り方 (2) - OpenGL環境のセットアップ

ゲームプログラミングの解説を続けていこう。前回は、描画フレームワークとしてOpenGLを使うということを解説した。今回は、OpenGLプログラミングの入り口となる箇所の説明をする。さらに、2次元画像の描画の仕方を説明しよう。

開発ソフトウェア

タワーディフェンスゲームの作り方 (1) - フレームワークの選定

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [18] タワーディフェンスゲームの作り方 (1) - フレームワークの選定

今回からは、iPhoneで動作するゲームアプリの作り方を解説しよう。ゲームでは、ユーテリティ系のソフトとは段違いの高いパフォーマンスでのグラフィック描画が求められる。そのために、画面描画にはOpenGLを用いることになる。その辺りから解説を行なっていこう。題材として取り上げるゲームは、タワーディフェンスゲームだ。

開発ソフトウェア

ロギングアプリの作り方 (3) - アノテーションビューをカスタマイズする

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [17] ロギングアプリの作り方 (3) - アノテーションビューをカスタマイズする

前回は地図上にピンを落とす方法を紹介した。ピンをタップすると、吹き出しが表示される。今回は、この吹き出しをカスタマイズする方法を紹介しよう。これを使うことで、詳細情報などを表示させることができるだろう。

開発ソフトウェア

JsTestDriverによるJavaScriptのユニットテスト その2

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [14] JsTestDriverによるJavaScriptのユニットテスト その2

前回はJavaScript用のユニットテストフレームワークである「JsTestDriver」について、サンプルプロジェクトを用いてユニットテストを行う一連の手順を解説した。今回は自作のテストコードを動かしてみようと思う。

開発ソフトウェア

JavaScript用のユニットテストフレームワーク「JsTestDriver」

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [13] JavaScript用のユニットテストフレームワーク「JsTestDriver」

JsTestDriverはオープンソースで開発されているJavaScript用のユニットテストフレームワークである。JavaScriptの場合、通常は実行エンジンがWebブラウザに依存するため、ブラウザごとに個別にテストしなければならないという難点がある。JsTestDriverを使うことでその悩みは解消できるだろう。

開発ソフトウェア

ODF文書を扱うためのJava API「ODFDOM」で表計算ドキュメントを作成する

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [12] ODF文書を扱うためのJava API「ODFDOM」で表計算ドキュメントを作成する

前回はJavaプログラムでODF文書を扱うためのオープンソースライブラリ「ODFDOM」を使って、ワープロドキュメント(.odtファイル)を作成する方法を紹介した。今回はそれに引き続き、表計算ドキュメント(.odsファイル)を作成してみたい。

開発ソフトウェア

ロギングアプリの作り方 (2) - Map Kitで地図を表示するを取得する

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [16] ロギングアプリの作り方 (2) - Map Kitで地図を表示するを取得する

前回は、現在地情報を取得して、それにつぶやきを付けるところまでを説明した。今回は、このつぶやきを地図上に表示してみよう。これには、Map Kitを使う。

開発ソフトウェア

ロギングアプリの作り方 (1) - Core Locationで現在地を取得する

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [15] ロギングアプリの作り方 (1) - Core Locationで現在地を取得する

今回からは、新しいアプリとしてロギングアプリを取り上げよう。「ロギング」とは記録を残すという意味で、いろんなロギングが考えられるが、ここでは位置情報のログを取る事にする。iPhoneを持ってあちらこちらに移動して、いく先々でちょっとしたつぶやきを残す、というアプリを作ってみよう。

開発ソフトウェア

JavaプログラムでODF文書を扱うための「ODFDOM」

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [11] JavaプログラムでODF文書を扱うための「ODFDOM」

今回はODFの文書を扱うためのJava API「ODFDOM」を紹介する。ODFDOMというその名が示す通り、DOMを操作することでODFにアクセスするAPIであり、ODF仕様に定められたXML要素および属性向けのクラスを備えている。これを使うことによって、Javaプログラムから比較的容易にODF文書の作成や操作できるようになる。

開発ソフトウェア

楽器アプリの作り方 (5) - OpenALを使う

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [14] 楽器アプリの作り方 (5) - OpenALを使う

今回は、楽器アプリを作るための、3つめのフレームワークを紹介しよう。OpenALだ。OpenALは、オープンな標準に基づくオーディオライブラリ。名前から想像できると思うが、3Dグラフィックの分野で標準の地位を築いたOpenGLのようなものを、オーディオの分野でも作ろうとしているものだ。

開発ソフトウェア

楽器アプリの作り方 (4) - Audio Queueを使う

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [13] 楽器アプリの作り方 (4) - Audio Queueを使う

前回はAudio Queueとバッファを作成するところまで説明を行った。今回は、バッファにデータを格納して、音を再生する手順を説明しよう。

開発ソフトウェア

RESTEasyのクライアントフレームワーク

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [10] RESTEasyのクライアントフレームワーク

今回は、「RESTEasy」のクライアントフレームワークを使って、簡単なサンプルを作成してみる。

開発ソフトウェア

JBoss製JAX-RS実装「RESTEasy」を試す

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [9] JBoss製JAX-RS実装「RESTEasy」を試す

今回紹介する「RESTEasy」はオープンソースのJAX-RS実装である。JAX-RSはJavaプラットフォームにおいてRESTスタイルのWebアプリケーションを開発するためのAPI仕様であり、次期Java EEプラットフォームとなるJava EE 6に追加される新機能としても注目されている。

開発ソフトウェア

JaValidを用いてバリデータを自作する

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [8] JaValidを用いてバリデータを自作する

前回はJavaアプリケーションのためのバリデーションフレームワークである「JaValid」の基本的な使い方を紹介した。JaValidではあらかじめ用意されたバリデータ以外にオリジナルのバリデータを定義して使用することもできる。バリデータの定義から利用までの手順は次のような具合になる。

開発ソフトウェア

楽器アプリの作り方 (3) - Audio Queueを使う

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [12] 楽器アプリの作り方 (3) - Audio Queueを使う

今回は、Audio Queueを使ってみよう。Audio Queueは、Audio Toolboxフレームワークの中において、主役と呼べるライブラリだ。柔軟なオーディオの再生が可能になる。Audio Queueの大きな特徴は、任意のポイントで繰り返し再生ができる点。これにより、楽器アプリの表現力は大きく広がる事になる。

開発ソフトウェア

Javaオブジェクトのバリデーションを可能にするフレームワーク「JaValid」

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [7] Javaオブジェクトのバリデーションを可能にするフレームワーク「JaValid」

今回はJaValidを紹介したい。JaValidはJavaオブジェクトの状態を検証するためのオープンソースのバリデーションフレームワークである。JaValidを用いることで、Javaオブジェクトが取り得る状態の条件を設定して検証することができるようになる。

開発ソフトウェア

楽器アプリの作り方 (2) - System Sound Serviceを使う

【連載】実践! iPhoneアプリ開発 [11] 楽器アプリの作り方 (2) - System Sound Serviceを使う

では実際に楽器アプリを作り始めてみる。楽器アプリ作成で大事なのは、オーディオフレームワークの選定だ。前回解説したように、iPhoneは様々な種類のオーディオ技術を提供している。そこで、いくつかの技術を取り上げて、個別の楽器アプリを作ってみよう。

開発ソフトウェア

316 件中 281~300件目を表示中

316 件中 281~300件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る