「ネットワークセキュリティ」関連記事一覧

262 件中 81~100件目を表示中

進化するサイバー攻撃 - DNSサーバのセキュリティ対策が緊急課題に

【特別企画】進化するサイバー攻撃 - DNSサーバのセキュリティ対策が緊急課題に

本稿では、DNSセキュリティに有効なソリューションについてとり上げた資料を紹介するので、ぜひ対策の参考にされたい。

セキュリティ

IoTを狙うサイバー攻撃への対抗策を習得せよ! - セキュリティ・ミニキャンプ in 東北

IoTを狙うサイバー攻撃への対抗策を習得せよ! - セキュリティ・ミニキャンプ in 東北

情報処理推進機構(IPA)は11月17日、18日、岩手県盛岡市にて「セキュリティ・ミニキャンプin東北(盛岡)」を開催した。東北地方での開催は、福島県会津若松市、宮城県仙台市、青森県青森市に続いて4回目となる。本稿では、17日に行われた一般講座、18日に行われた専門講座の模様をダイジェストでお届けしたい。

セキュリティ

クリニカル・プラットフォーム、電子カルテサービスに「BIG-IP APM VE」を導入 [事例]

クリニカル・プラットフォーム、電子カルテサービスに「BIG-IP APM VE」を導入 [事例]

F5ネットワークスジャパンは12月14日、クリニカル・プラットフォームが、同社の提供するクラウド電子カルテサービスなどの認証・アクセス制御の基盤として、F5のアクセス制御ソリューション「F5 BIG-IP Access Policy Manager仮想アプライアンス(以下 BIG-IP APM VE)」を導入したと発表した。

セキュリティ

法外な価格で取引されるゼロデイ脆弱性 - 最新版・世界のサイバー犯罪調査レポート

【特別企画】法外な価格で取引されるゼロデイ脆弱性 - 最新版・世界のサイバー犯罪調査レポート

北米最大級のセキュリティベンダーのひとつであるTrustwaveが「2017年度 Trustwave グローバル・セキュリティ・レポート」を作成した。本レポートは、21ヵ国で数千件におよぶデータ侵害調査の分析、全世界のセキュリティ・オペレーションズ・センターからの脅威インテリジェンス、セキュリティ技術を駆使した脅威データの収集と業界を代表するセキュリティ研究などの結果を集約したものだ。

セキュリティ

「3つの論点」から解説! デジタル時代にふさわしい企業ネットワークとは?

「3つの論点」から解説! デジタル時代にふさわしい企業ネットワークとは?

ガートナー ジャパンは10月31日~11月2日、都内で年次カンファレンス「Gartner Symposium/ITxpo 2017」を開催した。11月2日には同社 リサーチ部門 バイスプレジデントの池田武史氏が登壇。「エンタプライズ・ネットワーク・シナリオ2018:新たなネットワーキングに着手しデジタル化を加速せよ」と題して、デジタル時代に向けた企業ネットワークのあり方を論じた。

ネットワーク機器

大分県庁、リモートアクセス製品「Soliton SecureBrowser」を採用 [事例]

大分県庁、リモートアクセス製品「Soliton SecureBrowser」を採用 [事例]

ソリトンシステムズは11月6日、大分県庁がリモートアクセス製品「Soliton SecureBrowser」を採用したと発表した。

セキュリティ

日本生命、メインフレーム「IBM z14」を採用 - ポイントは安全性 [事例]

日本生命、メインフレーム「IBM z14」を採用 - ポイントは安全性 [事例]

日本IBMは10月24日、日本生命保険(以下、日本生命)がIBMのメインフレーム「IBM z14」の採用を決定したと発表した。

サーバ/ストレージ

「つながる世界」の脅威に仲間のつながりで挑む! - セキュリティ・ミニキャンプinやまなし

「つながる世界」の脅威に仲間のつながりで挑む! - セキュリティ・ミニキャンプinやまなし

情報処理推進機構(IPA)は9月23日、24日、山梨県甲府市にて「セキュリティ・ミニキャンプinやまなし 2017」を開催した。今回のミニキャンプの隠れたテーマは「つながり」。本稿では、2日にわたって開催された同キャンプの模様をお届けしよう。

セキュリティ

IoT時代のサイバー犯罪に備えよ! 知っておくべき「課題」と「対策」

IoT時代のサイバー犯罪に備えよ! 知っておくべき「課題」と「対策」

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は10月5日~6日、都内にて年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2017」を開催した。同カンファレンスでは、Software Defined技術を活用した「SDx+M」ソリューションをはじめ、AI、IoT関連の最新ソリューションが展示されたほか、デジタルトランスフォーメーションを取り巻くICTのトレンドについて有識者らによる講演が繰り広げられた。本稿では同社セキュリティ・エバンジェリスト 小山覚氏による講演「IoT時代の『サイバー犯罪×セキュリティ対策』の課題とは」の模様をレポートする。

セキュリティ

T&K TOKA、「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」を導入 [事例]

T&K TOKA、「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」を導入 [事例]

日立システムズは9月25日、T&K TOKAが日立システムズの「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」を導入したと発表した。

セキュリティ

なぜ今、標的型攻撃におけるメール対策の重要性が叫ばれているのか

【特別企画】なぜ今、標的型攻撃におけるメール対策の重要性が叫ばれているのか

標的型攻撃やランサムウェアが企業活動の脅威になっている。攻撃は増加の一途をたどり、実際、甚大な被害を受けた企業も多い。しかも昨今のサイバー攻撃は、未知のマルウェアを使い、侵入経路も多様化しているため、それを完全に防御するのは困難である。もちろん、多層防御で入口をしっかり固めることは重要だ。しかし、高精度な検知エンジンMVXで知られるファイア・アイの調査によると、入口対策といえばまずWebからという企業が多いなか、実際の攻撃の多くはWebとメールを起点にしており、Webだけでなくメールの通信も監視することで、より強固な入口対策が可能になることがわかった。

セキュリティ

公開Webサイトに警鐘 改ざんとDDoS攻撃両方に備える「LAC Kai」とは

【特別企画】公開Webサイトに警鐘 改ざんとDDoS攻撃両方に備える「LAC Kai」とは

企業や組織をターゲットにしたサイバー攻撃が、大きな経営リスクになっている。かつてこうした攻撃の標的になったのは、国家機密や社会インフラを担う大手企業が多かった。だが現在は、大手企業のグループ会社や脆弱性が放置されたままのサイトなど、大小や重要情報の有無にかかわらずターゲットにされることが常態化している。こういった攻撃に対抗していくには、クラウドベースのセキュリティ環境とSOC(セキュリティ監視・運用センター)の活用がポイントになると、セキュリティ対策のパイオニアであるラックは強調する。

セキュリティ

IoT時代のセキュリティ、2つの基本対策とは? - MWC Americas 2017

IoT時代のセキュリティ、2つの基本対策とは? - MWC Americas 2017

米サンフランシスコで開催した「Mobile World Congress Americas 2017」の基調講演にAvast Softwareのシニアバイスプレジデント Gagan Singh氏が登壇。「これまではデバイスを保護していたが、IoTではデータに重点を置かなければならない」と呼び掛けた。

セキュリティ

卒業生もアツイ夏! 修了は終わりではなく「始まり」- セキュリティ・キャンプ全国大会2017(後編)

卒業生もアツイ夏! 修了は終わりではなく「始まり」- セキュリティ・キャンプ全国大会2017(後編)

8月14日から18日の5日間にわたり、4泊5日で行われた「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」。レポート後編となる本稿では、講師やチューターとして活躍しているセキュリティ・キャンプ卒業生や、さらなる成長を求めて「セキュリティ・コアキャンプ」に参加した学生らの声をお届けする。

セキュリティ

サイバー攻撃には共同で立ち向かえ! ジャパンネット銀行が取り組むCSIRT活動

サイバー攻撃には共同で立ち向かえ! ジャパンネット銀行が取り組むCSIRT活動

パロアルトネットワークスが9月12日に開催した「Palo Alto Networks Day 2017」に、ジャパンネット銀行 IT統括部 部付部長 JNB-CSIRTリーダー 二宮賢治氏が登壇。「ジャパンネット銀行における標的型攻撃対策について」と題し、同行のCSIRT運用やコストを抑えながら運用している独自の標的型攻撃対策を紹介した。

セキュリティ

成長の裏にネットインフラの進化アリ! そして「Software Defined XX」へ

成長の裏にネットインフラの進化アリ! そして「Software Defined XX」へ

パロアルトネットワークスは9月12日、都内で「Palo Alto Networks Day 2017」を開催した。午前中のジェネラルセッションには、リクルートテクノロジーズ ITソリューション統括部の保科弘氏が登壇。「今の答えはマルチクラウド。柔軟性でビジネススピードを支えるリクルートテクノロジーズが掲げるIT戦略について」と題して、リクルートテクノロジーズのIT基盤構築とセキュリティ対応の取り組みを紹介した。

仮想化

根本的に変化せよ! 今、セキュリティ製品に必要なディスラプションとは?

根本的に変化せよ! 今、セキュリティ製品に必要なディスラプションとは?

パロアルトネットワークスは9月12日、都内で「Palo Alto Networks Day 2017」を開催した。本稿では、基調講演に登壇した、米Palo Alto Networks 会長社長兼最高経営責任者のマーク・マクローリン氏の講演「将来起こり得るセキュリティ上の危機」の内容をダイジェストでお届けする。

セキュリティ

狙われる医療機関! 直面するサイバー犯罪とその実態に迫る

【特別企画】狙われる医療機関! 直面するサイバー犯罪とその実態に迫る

世界的に医療機関での電子カルテ化が進み、医療記録および保険などの重要情報が医療システムで取り扱われるようになった。この流れは、今後ますます加速化することが予想されている。一方で、医療記録などの個人情報は、現在サイバー犯罪者間で価値が高い情報として取り引きされており、こうした背景を受け、トレンドマイクロは医療業界における脅威動向やリスク状況を分析したレポートを作成した。

セキュリティ

5日間の収穫は知識と技術、そして「きっかけ」- セキュリティ・キャンプ全国大会2017(前編)

5日間の収穫は知識と技術、そして「きっかけ」- セキュリティ・キャンプ全国大会2017(前編)

セキュリティ・キャンプ実施協議会と情報処理推進機構(IPA)は8月14日~18日、「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」を開催した。本稿では、レポート前編として、大会の趣旨を紹介するとともに、3日目に行われた実践を伴う講義「サイバー犯罪捜査の現場」の模様をお届けする。

セキュリティ

8割が内部要因。急増する"内部犯行"による情報漏えいを防ぐ、簡単&低コストな「最後の砦」とは?

【特別企画】8割が内部要因。急増する"内部犯行"による情報漏えいを防ぐ、簡単&低コストな「最後の砦」とは?

2016年6月に発表された「2015年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」(JNSA)によると、2015年に報告された個人情報漏えいインシデントの件数は799件、漏えい人数は約496万人、1件当たりの平均想定損害賠償額は3億3705万円にも及んだという。また、これらの要因の8割は、誤操作や不正な情報持ち出しなど内部の人間に起因している。もちろん、これは明るみに出たほんの一部に過ぎず、実際にははるかに多くの情報漏えい事故が発生していると推測される。

セキュリティ

262 件中 81~100件目を表示中

262 件中 81~100件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る