「ネットワークセキュリティ」関連記事一覧

261 件中 241~260件目を表示中

「サイバーキルチェーン3.0」とは? ベストオブブリードの技術を生かしたウォッチガードが導き出す最適解

【特別企画】「サイバーキルチェーン3.0」とは? ベストオブブリードの技術を生かしたウォッチガードが導き出す最適解

2013年12月、何者かが米国の小売チェーンTarget社のネットワークに侵入し、4000万人分のクレジットカード情報が漏えいした。また2014年1月には、米国のホームセンターチェーンであるMichaels社の決済システムからデータが漏えい。さらに2014年5月には、米国のオークションサイトであるeBayの個人情報が不正アクセスにより漏えいし、1億4500万ユーザーが影響を受ける可能性があると発表された。このように、セキュリティの脅威は拡大し続けている。こうした脅威にいかに対応していくのか。

セキュリティ

不正送金被害、今年はどうなる? 2015年の10大セキュリティトピックを読み解き、有効な対策を見極める

【特別企画】不正送金被害、今年はどうなる? 2015年の10大セキュリティトピックを読み解き、有効な対策を見極める

2014年のセキュリティ動向を振り返ると、Open SSLやGNU bash、SSL 3.0などで大きな脆弱性が発見されたり、内部犯行による大規模な情報漏えい事件が発生したりと、例年にも増して脅威が複雑化した一年だったと言える。

セキュリティ

限界を迎える従来型セキュリティ! 将来的に活用可能な次世代手法とは?

【特別企画】限界を迎える従来型セキュリティ! 将来的に活用可能な次世代手法とは?

ネットワーク技術の発展に伴い、サイバー攻撃の脅威も増すようになってきている。そして、その脅威から身を守るためのサイバーセキュリティも企業のビジネス活動を成功させるために、その必要性を増しつつある。しかし、これまで企業が導入してきたファイアウォールは、すでに適切に対応することが困難となっており、その有効性は急激に低下している。

セキュリティ

パスワードリスト攻撃も防御可能! "真の"多層防御のかたちを示す

【特別企画】パスワードリスト攻撃も防御可能! "真の"多層防御のかたちを示す

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用の現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意」と題するセミナーが都内で開催された。

セキュリティ

IPSやFWだけでは守れない - 進化する攻撃からWebサイトを防衛する方法を探る

【特別企画】IPSやFWだけでは守れない - 進化する攻撃からWebサイトを防衛する方法を探る

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、ハードウェア/ソフトウェアの両面において常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意」と題するセミナーが都内で開催された。セミナーではNSFOCUSジャパンのプロダクト マネージャ、佐藤剛氏が登壇し「Webアプリケーションへの脅威最新事情」というテーマでセッションを行った。

セキュリティ

【ボット感染率63%】会社組織の現実 - これからのセキュリティは「多層防御」が鍵

【特別企画】【ボット感染率63%】会社組織の現実 - これからのセキュリティは「多層防御」が鍵

増え続けるネットワーク・セキュリティの課題に対し、企業が信頼性を失うことなく事業を継続していくには、何が必要なのだろうか?インターネット・セキュリティのリーディングカンパニーであるチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(以下、チェック・ポイント社) シニア・システムズ・エンジニア 安藤 正之氏から、拡大を続ける脅威の現状と、それに対する効果的な対策が語られた。

セキュリティ

米国政府機関、米国陸軍、大手企業など、世界が認めた "WhatsUpGold" とは

【特別企画】米国政府機関、米国陸軍、大手企業など、世界が認めた "WhatsUpGold" とは

サイバー攻撃に伴う情報漏えい事件などが日々世間を騒がせている。さらに昨今では、BYOD(Bring Your Own Device:私有端末の業務利用)に代表されるように業務でスマートデバイスを使用するのが当たり前となりつつあり、利便性が向上する一方で企業のネットワークが抱えるリスクはますます増大している。しかしながら、コストにも人的リソースにも限界がある企業にとって本当に必要なのは、"あれもこれもやりましょう"といった理想論に基づいたセキュリティ対策ではなく、自社の安全と信頼を守るために最低限必要となる現実的なセキュリティ対策を早期に実施することではないだろうか。

セキュリティ

WAFの導入でWebサーバーの運用管理コストを10分の1にまで削減! その秘密とは

【特別企画】WAFの導入でWebサーバーの運用管理コストを10分の1にまで削減! その秘密とは

BtoCや社内の業務システムにWebサイトを活用しているノーリツでは、サイトの構築時期によってセキュリティレベルが異なる事などからWebサーバの脆弱性を危惧し、2009年1月に「Barracuda Web Application Firewall(以下「Barracuda WAF」)」を導入した。WAFアプライアンス自体が高価であった当時、ノーリツは価格・運用面での効果も期待して「Barracuda WAF」を選定。導入後4年以上を経過した現在、セキュリティレベルの統一化のみならず、運用管理のコスト、手間、時間までも大幅に低減することに成功している。

セキュリティ

貴方の会社のWebサイトが、ハッカーに侵入されてるかも!? それを手軽に知る方法とは!?

【特別企画】貴方の会社のWebサイトが、ハッカーに侵入されてるかも!? それを手軽に知る方法とは!?

サイバー攻撃は活発になる一方だ。セキュリティ関連の製品/サービスを手がける三和コムテックのソリューション営業部Webセキュリティグループ副部長、岡山大氏は「Webを設置している企業はすべてサイバー攻撃に備える必要があります」と警告する。岡山氏は続けてこう言い放つ。「あなたの会社のWebサイトが、1年も前に侵入されてしまったのに、今もそれに気がついていない可能性があるのです」

セキュリティ

9社の事例に見る、バックアップ戦略とWebセキュリティ対策、SSL VPNアクセス

【特別企画】9社の事例に見る、バックアップ戦略とWebセキュリティ対策、SSL VPNアクセス

大容量を搭載したバックアップアプライアンス「Barracuda Backup」。重複排除機能により、バックアップ容量を20~50倍削減し、クラウドストレージやBox To Box機能による遠隔地バックアップにも対応するこのソリューションは、欧米では2年半で25,000台もの導入実績を誇る。国内においてもBarracuda Backupを導入して様々なビジネス課題を解決した企業が増えており、バックアップへのニーズがますます高まるなか注目を集めている。このBarracuda Backupを筆頭に、Webセキュリティアプライアンスの「Barracuda Web Application Firewall」、それにSSL VPNアプライアンス「Barracuda SSL VPN」、それぞれの導入事例9ケースをここで紹介しよう。

事業継続

高度かつ多機能なソリューションでセキュリティの課題を解決――F5ネットワークスジャパン 帆士氏

【特別企画】高度かつ多機能なソリューションでセキュリティの課題を解決――F5ネットワークスジャパン 帆士氏

9月27日、東京都千代田区のマイナビルームにて『今そこにある危機を具体的に洗い出し、対策をまとめて解説! ネットワーク・セキュリティ・インフラの全貌』と題したセミナーが開催された。セミナーの後半では、F5ネットワークスジャパン シニアソリューションマーケティングマネージャの帆士敏博氏が登壇。「外部攻撃対策」「BYOD」「ハイブリッドクラウド認証」という3つのテーマに基づくソリューションを紹介した。

セキュリティ

「アノニマス」はあなたの会社も狙っている!? ~最新のサイバー攻撃には先手必勝で対抗すべし~

【特別企画】「アノニマス」はあなたの会社も狙っている!? ~最新のサイバー攻撃には先手必勝で対抗すべし~

「アノニマス」は、ただ自らの技術をひけらかしたり、あるいは金銭の窃取のみを目的とした従来のハッカーとは根本的に異なる、政治的・社会的主張を伴った「ハクティビスト」と呼ばれる新しいタイプの攻撃者の代表的な集団である。彼らがその名を世界中に知らしめるきっかけとなったのが、2010年に行われた、「オペレーション・ペイバック」と呼ばれる一連の攻撃だ。こうしたDoS/DDoS攻撃への対抗手段はいかにすべきか? その手段を解説する。

セキュリティ

スループット値に惑わされるな! セキュリティ効果を最大限に発揮する真のUTM製品とは!?

【特別企画】スループット値に惑わされるな! セキュリティ効果を最大限に発揮する真のUTM製品とは!?

有名企業のセキュリティ侵害事件が続出していることもあり、セキュリティに対する関心はかつてないほどの高まりを見せている。とはいえ、セキュリティ対策には様々なソリューションを適切に組み合わせる必要があり、その導入・運用にはかなりのスキルと時間、そしてコストを要するのが現実だ。

セキュリティ

情報漏えい事件の平均賠償額は約1億3000万円! 事件が頻発する"本当の背景"と有効な対策を解説

【特別企画】情報漏えい事件の平均賠償額は約1億3000万円! 事件が頻発する"本当の背景"と有効な対策を解説

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査によると、2011年に発生した個人情報漏えいインシデントの件数は1551件で漏えい者数は628万4363人となっており、想定損害賠償額は1899億7378万円にも及ぶ。情報漏えいインシデント1件あたりの想定損害賠償額も1億2810万円となる。企業の信用が大きく失墜してしまうおそれもある不正アクセスの脅威に対応するためには、

セキュリティ

複雑さを増すDDoSの脅威 攻撃手法の実態を知り、対策の現実解を探る

【特別企画】複雑さを増すDDoSの脅威 攻撃手法の実態を知り、対策の現実解を探る

数千・数万規模のコンピュータを踏み台として操り、ターゲットのサイト/サーバーをダウンさせるDDoS攻撃(Distributed Denial of Service Attack:分散サービス拒否攻撃)。本稿では、昨今の主要なDDoS攻撃手法を取り上げた後、企業がなすべき対策の現実的なアプローチを紹介・解説する。

セキュリティ

ビジネスにスマートデバイスを活かす、安全なリモートアクセスと認証強化ガイド

【特別企画】ビジネスにスマートデバイスを活かす、安全なリモートアクセスと認証強化ガイド

iPhoneやiPadに代表されるスマートデバイスが猛烈な勢いで普及している昨今、ビジネスの世界でもこうしたスマートデバイスを積極的に活用することで"いつでも、どこでも、どのデバイスでも"業務を遂行できるようにし自社の競争力向上につなげようとする動きが活発化している。なかでも社員が私物として所有するスマートデバイスを業務でも使用するBYOD(Bring Your Own Device : 私物利用)に対する関心は、経営者側からも従業員側からも高まりをみせている。ではこの進むマルチデバイス時代に企業はどのようなセキュリティ対策を採るべきなのだろうか? ここではその具体例を解説する。

セキュリティ

30社を超える企業でアカウント情報が盗まれた被害を唯一食い止めたソリューションとは!?

【特別企画】30社を超える企業でアカウント情報が盗まれた被害を唯一食い止めたソリューションとは!?

FireEye MPS の名前を世に広く知らしめたのは、2009 ~2010 年にかけてIT 業界を狙った、通称「Operation Aurora」と呼ばれる大規模な標的型攻撃だ。この攻撃ではIE6 の脆弱性が突かれ、Googleをはじめ30社を超える企業でアカウント情報を盗まれるなどの被害が出た。Googleが中国からの全面撤退を発表したことでも記憶に残っている方は多いだろう。

セキュリティ

標的型攻撃から企業を守る有効なセキュリティ技術とは!?

【特別企画】標的型攻撃から企業を守る有効なセキュリティ技術とは!?

サイバー攻撃の中でも近年特に問題になっている「標的型攻撃」には、ステルス性(隠匿性)が非常に高いものが多い。そのため、攻撃の前段階はおろか、攻撃自体が終わっても気付かない企業も珍しくない。しかし現在は、ありとあらゆる情報がデータで記録されている時代である。何百億円と投資して得た研究成果や、数十億円規模に及ぶビッグプロジェクトの実予算もサーバ上に残されている。

セキュリティ

企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

【特別企画】企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

3月12日に開催されたセミナー「従来型では通用しない新たな脅威にどう対処すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」では、企業が晒される脅威について各分野のエキスパートが解説。実践的な対処方法も紹介された。この中で、特にウェブサイトのセキュリティについて語ったのは、日本ベリサイン SSL製品本部 SSLプロダクトマーケティング部 上席部長である安達徹也氏だ。

セキュリティ

便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

【特別企画】便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」と題したセミナーが3月12日に開催された。最新の脅威動向と企業が行うべき対策について各分野のエキスパートが語るセミナーで、パロアルトネットワークス マーケティング部長である菅原継顕氏は「モダンマルウェアの脅威と対策~脅威はアプリケーションからやってくる~」と題した講演を行った。

セキュリティ

261 件中 241~260件目を表示中

261 件中 241~260件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る