マイナビニュースマイナビ

「データ連携」関連記事一覧

64 件中 1~20件目を表示中

小泉、CRMシステム「Microsoft Dynamics 365」を導入 [事例]

小泉、CRMシステム「Microsoft Dynamics 365」を導入 [事例]

日立ソリューションズは9月7日、住宅設備機器の専門商社である小泉が日立ソリューションズの支援の下、「Microsoft Dynamics 365」を導入したと発表した。

マーケティング

ツルハグループが展開する"顧客第一主義"のリテールDX

ツルハグループが展開する"顧客第一主義"のリテールDX

7月14日に開催されたセミナー「TECH+ EXPO 2021 Summer for データ活用 イノベーションを創る」の特別講演に、株式会社ツルハホールディングス 経営戦略本部長 兼 情報システム本部長の小橋 義浩氏が登壇。「ツルハグループが考えるリテールDX」と題して、営業系の数字を伸ばすためにはDX(デジタル・トランスフォーメーション)をどのように活用していく必要があるのかといった側面にスポットを当てた講演が行われた。

データ分析

7000万人超のT会員のデータを基にしたCCCマーケティングの大規模分析システム

7000万人超のT会員のデータを基にしたCCCマーケティングの大規模分析システム

CCCマーケティングでは、7000万人を超えるTカード会員のデータを活用し、膨大で多種多様な購買/行動データを基に、専門的な知識がなくても目的に応じたマーケティング施策のターゲットとなる会員を推論する仕組みの構築を進めている。そうした大規模な分析システムが抱える課題を、同社はこれまでどのように解決してきたのだろうか。

クラウド

DX実現のカギはデータサイロからの脱却! 国内外の成功体験に学ぶ課題解決の秘訣とは!?

【特別企画】DX実現のカギはデータサイロからの脱却! 国内外の成功体験に学ぶ課題解決の秘訣とは!?

「DX成功企業」は具体的にどのようにして課題を乗り越え、どのような取り組みを実践しているのか。やはりDXの実現に欠かせないのはデータの活用である。さまざまな課題をふまえ、実際にDXを成功させている企業の例を見ていこう。

ストレージ

イノベーションをどう生み出すか? データを活用した新たな保険ビジネスの可能性

イノベーションをどう生み出すか? データを活用した新たな保険ビジネスの可能性

マイナビニュースは12月3日~4日、Webセミナー「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」を開催した。本稿では、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス 執行役員 グループCDO 舩曵真一郎氏が登壇したセッション「インシュアランス・イノベーション~データを活用した新たな保険ビジネスの姿~」の模様をレポートする。

データ分析

大企業で新規ビジネスを創出するには? みずほが取り組むデジタル変革

大企業で新規ビジネスを創出するには? みずほが取り組むデジタル変革

12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」では、特別講演にみずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 ビジネスデザインチーム 次長 多治見和彦氏が登壇。「大企業での新規ビジネス創出を成功させるために - 地域振興券を電子化した取り組み」と題し、地域振興券や商品券を電子化した取り組みや、今後のデータ活用のビジョンなどについて解説を行った。

データ分析

必要なのは「レガシーを捨てる覚悟」- ニチガス社長が語るDX推進の秘訣

必要なのは「レガシーを捨てる覚悟」- ニチガス社長が語るDX推進の秘訣

常に革新的な取り組みを続ける日本瓦斯(ニチガス)。同社代表取締役社長 執行役員 和田眞治氏は、2005年に社長就任後、LPガス事業の物流システムの抜本的な改革や業務のフルクラウド化を実施するなど、積極的にDXを推進してきた。7月29日に開催された「失敗と挑戦から導くDX促進の方法論」では、この和田氏が自社の事例を踏まえながら、DX促進のための考え方などについて語った。

ソリューション

人、テクノロジー、プロセス、......どのデータレディネスがビジネスインパクトの引き金になるのか

【特別企画】人、テクノロジー、プロセス、......どのデータレディネスがビジネスインパクトの引き金になるのか

データを活用した成功例が、あらゆるメディアで報じられている。しかし、ケースごとに、取り組みで注力した分野、強化したデータレディネス(対応力)はバラバラだ。個人のスキル、組織力、テクノロジー、プロセス、ガバナンス、......データ活用を構成するこれらのデータレディネスのうち、どこに注力することが、ビジネスインパクトに繋がるのか。

データ分析

ダッシュボードでマップの分析価値を上げるテクニック

【特別企画】ダッシュボードでマップの分析価値を上げるテクニック

多くの分析プロジェクトでは、空間データが必要となる。マップとデータの照合は、今日のデータ分析において極めて重要なスキルだ。ここでは、Tableauのホワイトペーパー「Tableauマップでダッシュボードの価値を高める10の方法」より、実際の適用例を交えながらダッシュボードでマップの分析価値を上げるテクニックを紹介する。

データ分析

次々にヒット商品を生み出すECサイト「LOHACO」が考えるデータ活用とは?

次々にヒット商品を生み出すECサイト「LOHACO」が考えるデータ活用とは?

オリジナル商品やメーカーとのコラボ商品を多数販売し、特にスモールマス分野でヒットを飛ばしているECサイト「LOHACO」。数多くのヒット商品はどのようにして生み出されたのか。12月13日に開催された「マイナビニュースフォーラム2019 Winter for データ活用」に登壇したアスクル ECマーケティングディレクター 成松岳志氏が語った。

マーケティング

部門独自のデータ活用を成功に導く方法

【特別企画】部門独自のデータ活用を成功に導く方法

データ活用にあたっては多くの場合、「データの統合」が壁として立ちはだかる。企業全体の取り組みならまだしも、LOB(事業部門)等が部門独自の取り組みとしてこれを進める場合、十分なITスキル、ITリソースが無い状況で今挙げた壁に臨まねばならない。本稿では、LOB(事業部門)におけるデータ活用をテーマにして、オラクルのクラウドサービスを用いた「データ活用の現実的な実践手法」を紹介する。

データ分析

データの集計と活用が、業務効率アップと事業加速のカギ

【特別企画】データの集計と活用が、業務効率アップと事業加速のカギ

組織内に散在するデータを統合、一元管理することで、業務効率は飛躍的に向上する。さらに、そのデータの分析結果から何かしらのインサイトが得られれば、他にはない事業価値の創造も可能となる。しかし実際は、「使いこなすのが大変」「運用できる人がいない」「コストがかかる」などの理由から導入に踏み切れていない企業も多いのではないだろうか。

データ分析

鍵はデータ活用! デジタル事業基盤の構築でDXに挑む日立物流

鍵はデータ活用! デジタル事業基盤の構築でDXに挑む日立物流

インフォマティカ・ジャパンは9月6日、「Informatica World Tour 2019 データとAIが切り拓く、DXの新時代。」を都内にて開催した。その特別講演には日立物流 IT戦略本部 担当本部長の佐野直人氏が登壇。「デジタル事業基盤によるロジスティクス・イノベーション」と題した講演を行った。

ソリューション

時代を一歩リードするための、データ統合戦略徹底ガイド

【特別企画】時代を一歩リードするための、データ統合戦略徹底ガイド

時代は情報経済の時代となり、データはすべての企業にとって最も重要な資産となっている。業界やビジネスを問わず、競争に勝つためにはデータ駆動型の戦略が不可欠だ。売上増加、収益性、顧客満足度などの事業目標を達成するための意思決定における、データへの依存度が高まっている。

データ分析

グローバル展開で生じた課題をどう解決するか? アシックスの取り組み

グローバル展開で生じた課題をどう解決するか? アシックスの取り組み

インフォマティカ・ジャパンは9月6日、「Informatica World Tour 2019」を都内にて開催した。その基調講演では「ASICSのグローバル戦略を支えるマスターデータガバナンス」と題し、アシックスのIT統括部 執行役員 統括部長、富永満之氏が登壇。4年前にグローバルシステムを導入した同社が、その一連の取り組みのなかで直面したマスターデータの整合性/ガバナンスの課題や、解決の方向性について語られた。

ソリューション

MySQL製品活用のリスク軽減と問題解決を実現 - サポート選びのポイント

【特別企画】MySQL製品活用のリスク軽減と問題解決を実現 - サポート選びのポイント

本稿からダウンロードできる資料では、MySQL製品のサポートサービス「MySQL向けOracle Premier Support」が企業にもたらすメリットについて詳細に解説している。高品質なサポートサービスのメリットを確認していただきたい。

データ分析

Sansanが新コンセプト発表 - 目指すはビジネスプラットフォーム

Sansanが新コンセプト発表 - 目指すはビジネスプラットフォーム

Sansanは3月13日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のプロダクトコンセプト刷新を発表した。新コンセプトには、企業活動を広く支援するビジネスプラットフォームを目指す同社の想いが込められている。

業務アプリケーション

BtoBで成果を上げるためのマーケティング手法 - 調査で判明した名刺管理の重要性

【特別企画】BtoBで成果を上げるためのマーケティング手法 - 調査で判明した名刺管理の重要性

BtoBで購買する顧客は、展示会・リアルイベントなどのオフラインからWebなどのオンラインを、複雑に横断して行動している。このためBtoBマーケティングで成果を上げるためには、「誰が」「いつ」「どうした」という「顧客中心」の情報管理を実施して、顧客に対して適切な活動をすることが必要だ

マーケティング

行き詰まりを感じる働き方改革。打開の鍵はノンコア業務にあった

【特別企画】行き詰まりを感じる働き方改革。打開の鍵はノンコア業務にあった

働き方改革関連法案の成立は、すべてのビジネスに影響を与えている。時間外労働には罰則付きの上限規制が設けられ、すべての経営者が優先して取り組まなければならない課題となった。 しかし昨今の情勢において、一度も業務改善をしていない企業はほとんどないだろう。利益を直接生むコア業務であればなおさらだ。では、さらなる改革を求める場合、どこに手を付ければいいのだろうか。

業務アプリケーション

OSSソリューションの組み合わせではなく統合データプラットフォームを選ぶべき理由とは

【特別企画】OSSソリューションの組み合わせではなく統合データプラットフォームを選ぶべき理由とは

データがあらゆる組織にとって生命線に値するものであることは、誰もが認めることだろう。どの企業も、自社のビジネス要件に基づいて、それぞれ独自のデータに関する課題やニーズを抱えている。そのため、データ駆動型アプリケーションをサポートするための要件が多様化し、これらの要件をサポートするために多数のデータ管理テクノロジが市場に出回るようになった。このようなツールやテクノロジの多くは、リレーショナルデータ管理、ドキュメントデータ管理、ビジネスインテリジェンス、自然言語処理、データ統合などの専門的な機能を提供している。

データ分析

64 件中 1~20件目を表示中

64 件中 1~20件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る