「BI/BA」関連記事一覧

133 件中 101~120件目を表示中

アナリティクスに取り組む意義

【連載】デジタルビジネスを加速するアナリティクス、技術動向と推進のポイント [1] アナリティクスに取り組む意義

今、さまざまな業種・業態でデジタルビジネスへの急激な転換が起きています。そうした中、IT部門が従来どおりの開発・運用"だけ"に専念していては、デジタルビジネス推進の蚊帳の外に置かれかねません。今こそ、IT部門は「攻め」に取り組むべきです。そして、その中心に据えるべき施策が、IT部門発での全社の「アナリティクス」の推進です。

データ分析

変化を恐れず、積極的に自らを破壊せよ! - AWS Summit Tokyo

変化を恐れず、積極的に自らを破壊せよ! - AWS Summit Tokyo

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、6月1日から3日間にわたり、年次イベント「AWS Summit Tokyo 2016」を都内で開催。初日には、イベント初の「Enterprise Day」が開催され、AWSクラウドを利用している企業の事例などが披露された。

クラウド

データ分析、3つの成功パターンとは? - ガートナー 情報活用サミット

データ分析、3つの成功パターンとは? - ガートナー 情報活用サミット

ガートナージャパンは5月24日~25日、年次イベント「ガートナー ビジネス・インテリジェンス、アナリティクス&情報活用 サミット2016」を開催した。同社のリサーチ マネージング バイス プレジデント 堀内秀明氏によるセッション「データ分析をビジネスにつなげる組織の実際」では、データ分析によってビジネス上の成果を得るために押さえるべきポイントについて、事例を交えた解説が繰り広げられた。

データ分析

DeNA、人材データベースをQlikViewで構築 - タレントマネジメント、労務管理に活用 [事例]

DeNA、人材データベースをQlikViewで構築 - タレントマネジメント、労務管理に活用 [事例]

アシストは5月23日、同社が販売を手掛ける連想型高速インメモリBIプラットフォーム「QlikViewR」をディー・エヌ・エー(DeNA)の人材データベースに採用されたと発表した。

業務アプリケーション

片倉工業のBIプラットフォームの刷新に「WebFOCUS EVO」が貢献 [事例]

片倉工業のBIプラットフォームの刷新に「WebFOCUS EVO」が貢献 [事例]

アシストは5月16日、同社のBIプラットフォーム「WebFOCUS EVO」が、片倉工業の全社情報活用基盤に採用されたと発表した。

業務アプリケーション

企業経営の考えが変わる!? - セルフサービスBIに注目せよ

【特別企画】企業経営の考えが変わる!? - セルフサービスBIに注目せよ

ビジネス環境が劇的に変化する中、市場のニーズを正しく把握し、一歩先んじた手を打つことが強く求められている。そんな中、経営層を中心に関心が高まっているのは、データ分析作業だ。その中でも、とりわけ注目を集めるのがTableau Japanの「セルフサービスBI」だ。マジック・クアドラントで4年連続リーダーに選ばれるその理由を探った。

データ分析

「ビッグデータは最優先事項」が約2倍に、セルフサービスBIにおける調査レポートを発表 - ITR

【特別企画】「ビッグデータは最優先事項」が約2倍に、セルフサービスBIにおける調査レポートを発表 - ITR

企業の意思決定を支えるBIツール。ここ数年、従来型BIツールに比べて操作性とデータの視覚化を重視した「セルフサービスBIツール」という製品が話題となっている。従来型BIツールとセルフサービスBIツールの最も大きな違いは、データ分析の専門家やIT部門に頼らずに、利用者が自らデータ分析やレポートの作成が行える点である。

データ分析

【レポート】日本の製造業は、IoTでどう変わるのか? 先進企業の取り組みに見る、ものづくりの未来

【レポート】日本の製造業は、IoTでどう変わるのか? 先進企業の取り組みに見る、ものづくりの未来

日本の製造業に、IoTはどのように関わってくるのか――東洋ビジネスエンジニアリングが開催する年次イベント「MCFrame Day 2016」の今年のテーマは「―『ITと現場』の真の融合―」だ。

業務アプリケーション

「いまさら聞けない」データ分析の総ざらい

【特別企画】「いまさら聞けない」データ分析の総ざらい

昨今、「データ分析」の重要性が強く叫ばれています。ただ、それはアナリストやデータ・サイエンティストと呼ばれる"専門家だけが担うことができる難解なもの"という誤解を持たれてはいないでしょうか。データ分析という手法は、ITのパワーを活用することで、どんな企業も導入・実践することができる"現実解"なのです。データ分析とはいかなるものなのか――。ここでは、これからデータ分析を始める方や始めたが、もう一度初歩知識を復習したい方々向けにデータ分析の基本を解説します。

データ分析

いま、クラウド型の会計システムを検討するべき4つの理由

【特別企画】いま、クラウド型の会計システムを検討するべき4つの理由

調査会社Dynamic Marketsが行った調査レポートによれば、世界の経営者のうち約76%が、クラウド(SaaS)アプリケーション採用における一番の動機として「迅速かつ簡単に入手するため」と回答しているという。特に複数の事業や拠点(海外含む)、関連会社を持つ企業にとって、会計、人事給与、生産管理、物流管理、販売管理といった企業経営の基幹を担うシステムのクラウド化は、さらにその有効性を増すと言える。その理由について、本稿で紹介する日本オラクル提供のホワイトペーパー「最先端 ERP のグローバル会計」では、以下の4つの観点から解説している。

業務アプリケーション

BIツール選定のための知っておくべき3つの基準

【特別企画】BIツール選定のための知っておくべき3つの基準

定着しないビジネスインテリジェンス(BI)とは。BIはデータ分析と同じくデータを可視化し業務改善などに役立てるものだが、現場ではビジネスインテリジェンスが導入定義通りに活用されているケースは多くない。そこで、BIツールの現状と選定する為に大切な3つのポイントを資料としてまとめた。

データ分析

【インタビュー】「BIツール導入では3つのユースケースを意識すべき」 - ガートナー 堀内氏

【インタビュー】「BIツール導入では3つのユースケースを意識すべき」 - ガートナー 堀内氏

「BIツールのユースケースは大きく3つに分けられます。これを混同すると、実用に堪えられない分析/レポーティング環境になりがちです。目的次第で対応ツールも異なるので、現場によっては複数導入せざるをえないケースもあるでしょう」――BIを専門とするアナリスト、ガートナー ジャパンの堀内秀明氏は、BIツール検討時の留意点についてこのように説明する。

データ分析

データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

去る2015年7月29日、東京新宿において、マイナビニュース主催のセミナー『経営層から現場まで「全社データ活用」の成功の秘訣~見える化からアナリティクスまで~』が開催された。今回はその中から「従来型BIの課題を解決できる、新世代のデータディスカバリー BI」と題した、SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 ビジュアルアナリティクス推進担当部長の畝見(うねみ)真氏のセッションをレポートしよう。

データ分析

ビッグデータ時代を生き抜くためのDBインフラ「超高速化」 - プアなDB基盤では、BIなど実現できない

【特別企画】ビッグデータ時代を生き抜くためのDBインフラ「超高速化」 - プアなDB基盤では、BIなど実現できない

かつてないスピードで生みだされ続ける膨大なデータを、どう蓄積し、どう活用してビジネスへ貢献させればいいのか。多くの企業経営者や情報システム担当者にとって、重要な課題のひとつとなっている。これは同時にデータベースシステムそのものの「高パフォーマンス」「高可用性」「耐障害性」への要求が高まっていることも意味する。しかし、当然、かけられるコストには限りがある。この相反する2つの「現実」を前に頭を悩ませる担当者も多いのではないだろうか。

サーバ/ストレージ

「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術

【特別企画】「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術

今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを持っているのは、"現場"の担当者だと言える。現場自らが、これまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実を素早く見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行える。

データ分析

ビッグデータ時代の新たな潮流。インテリジェントなビジネス・プロセスとは

【特別企画】ビッグデータ時代の新たな潮流。インテリジェントなビジネス・プロセスとは

ビッグデータ時代の到来により、今後はデータ分析の重要性が更に高まることが予想される。そこで大きな壁となって立ちはだかるものが、乱立したシステムの中に存在する多種多様なデータを、どのように一元化するかである。この問題を解決し、より正確に、かつ素早く分析を行うことで、現在だけではなく未来の予測まで導き出す手段、それが「インテリジェントなビジネス・プロセス」と呼ばれるものである。

データ分析

個別システム導入では達成できない"真の業務効率化"を実現。ドコモグループ発dDREAMSでオフィスワークに改革を。

【特別企画】個別システム導入では達成できない"真の業務効率化"を実現。ドコモグループ発dDREAMSでオフィスワークに改革を。

メールやスケジューラーなどに代表される社内の情報共有ツールとしてグループウェアの果たしてきた役割は大きい。しかし、昨今、急速なデジタル情報の増加に伴い、ますます重要になってくるのがセキュリティやコンプライアンスの観点だ。そこで注目したいのが、ドコモ・システムズのクラウド型企業情報システム「dDREAMS(ディードリームス)」だ。ここには、NTTドコモという日本を代表する企業のひとつがオフィスワークの効率化を追求してきた歴史が詰まっている。

業務アプリケーション

「とにかく使いやすい」ビッグデータ活用ツールだから、現場社員が操作できる!

【特別企画】「とにかく使いやすい」ビッグデータ活用ツールだから、現場社員が操作できる!

ビックデータの活用に対するニーズが高まっている。自社が保有するデータのみならず、第三者が提供するオープンデータや、FacebookなどのSNS(Social Networking Service)上にある膨大なデータを収集/分析し、新たなビジネスに役立てる企業も増加している。今、データは「新たな価値を創出する、重要な経営戦略リソース」となっているのだ。

データ分析

高度なITスキルはもう不要! ビジネスユーザーのためのアナリティクスとは?

【特別企画】高度なITスキルはもう不要! ビジネスユーザーのためのアナリティクスとは?

Hadoopを活用したアナリティクスの運用は容易ではない。Hadoopを使いこなし、狙いどおりのアナリティクスを実現するために高度なITスキルが要求されるからだ。SAS Institute Japan(以下、SAS)が提言するのが、「Hadoopの存在を意識させない」ソリューションとして「SAS on Hadoop」を提供している。

データ分析

"見える化"だけでは競争に勝ち抜けない?! "予見"まで行う新世代のBI分析

【特別企画】"見える化"だけでは競争に勝ち抜けない?! "予見"まで行う新世代のBI分析

企業のエンドユーザーにとって従来型のBIツールは使いこなすのが難しい。タイムリーにデータを入手して自由にデータ分析やリポート作成を行うといったBI本来の活用ができないというジレンマ(課題)を抱えているのだ。これらの課題を解決するのが、SAS Institute Japanが提供する新世代のBI分析環境「SAS® Visual Analytics」およびインメモリ分析エンジン「SAS® LASR Analytic Server」である。膨大なデータに対する集計・分析をビジュアルかつ容易に、しかも超高速に実行する。重要なポイントは、専門知識無しに統計分析まで実行できること、そしてSAS VAはサーバー課金型なので利用ユーザー数は無制限であるということだ。

データ分析

133 件中 101~120件目を表示中

133 件中 101~120件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る