「ストレージ」関連記事一覧

118 件中 1~20件目を表示中

Dell Technologiesが本格的に取り組む、企業のDXを加速させる「コンテナ」活用とは

【特別企画】Dell Technologiesが本格的に取り組む、企業のDXを加速させる「コンテナ」活用とは

今、コンテナやKubernetesが大きな注目を集めている。コンテナ対応を強化した新製品を相次いで発表している「Dell Technologies」のエンジニアも、「コンテナは企業のデジタル変革(DX)に欠かせない要素の1つ」と強調する。ここでは、そんなエンジニアにコンテナの基礎からビジネスへの活用手法までを聞いてみた。

サーバ/ストレージ

5の事例が証明する、VDI×ピュア・ストレージの高い親和性

【特別企画】5の事例が証明する、VDI×ピュア・ストレージの高い親和性

VDI導入における失敗要因は、「性能」「コスト」「管理性」「拡張性」の4つに分類できる。そして、実はこれらの要因は、ほとんどがストレージの性能不足に起因している。本稿ではピュア・ストレージ社のホワイトペーパー「フラッシュ・ストレージで構築する実用的なVDI」から、それぞれの失敗要因を解説。その上で、VDI環境にフラッシュ・ストレージを導入する意義について5つの成功例から紐解いていきたい。

ストレージ

新生Dell Technologiesを象徴する、「Dell EMC PowerStore」

【特別企画】新生Dell Technologiesを象徴する、「Dell EMC PowerStore」

2020年5月に全世界で一斉リリースされた「Dell EMC PowerStore(以下、PowerStore)」は、新生Dell Technologiesの象徴ともいえる製品だ。PowerStoreは一体どのような特徴を持つのか。同製品をポートフォリオに備え、Dell Technologiesはどんな価値を企業へ提供しようとしているのか。リリース間もないPowerStoreについて、その詳細と同社の構想をDell Technologiesの担当者インタビューから紐解いていく。

ストレージ

ミッドレンジストレージの新時代を担う――「Dell EMC PowerStore」が遂にリリース

【特別企画】ミッドレンジストレージの新時代を担う――「Dell EMC PowerStore」が遂にリリース

2016年9月に行われたDellとEMCの経営統合は、業界を大いに賑わせた。それから約4年が経過した2020年5月、Dell Technologiesとして初めて開発されたストレージアプライアンス「Dell EMC PowerStore(以下、PowerStore)」がリリースされた。PowerStoreはどのような設計思想を持ち、どんなメリットをユーザーにもたらすのか。業界からの注目度が高い同製品の詳細について、Dell Technologiesの担当者とβ検証に携わったノックスのエンジニアのインタビューから紐解いていきたい。

ストレージ

DX時代に、最適な基盤を提供するハイエンドストレージ「PowerMax」の実力とは

【特別企画】DX時代に、最適な基盤を提供するハイエンドストレージ「PowerMax」の実力とは

2019年10月に登場したDell EMCの新しいハイエンドストレージ「PowerMax」が高い関心を集めている。ハイエンドストレージとして初めてNVMe over Fabricとストレージクラスメモリ(SCM)に対応したことで、圧倒的なパフォーマンスと可用性を実現したことが特徴だ。

ストレージ

SAP S/4 HANA移行を成功に導く、ネットアップのストレージソリューション

【特別企画】SAP S/4 HANA移行を成功に導く、ネットアップのストレージソリューション

2025年に控えるSAP ERPのEOSLを受けて、基幹系システムをSAP S/4 HANAへ移行する企業が増えつつある。中にはこの移行をきっかけにして、ビジネスプロセスの簡素化、ユーザータスクの自動化を試みる企業も少なくない。単にERPをSAP S/4 HANAに移すのではなく、業務標準化や自動化といった"発展を伴う取り組み"として、移行が取り組まれているのだ。本稿では、ここにあたって有用となるネットアップのストレージソリューションについて、SAPアプリケーションのライフサイクル管理、耐障害性強化、バックアップとリカバリの三軸から紹介する。

サーバ/ストレージ

HCIのイメージが変わる。ネットアップのHCIが革新的である2つの理由

【特別企画】HCIのイメージが変わる。ネットアップのHCIが革新的である2つの理由

サーバー、ネットワーク、ストレージの3層(Tier)から成る構成を統合して提供するHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)は、次世代の仮想化インフラとして注目を集めてきた。しかし、一体型故に生じるパフォーマンス面の課題を理由に、大規模システムやミッションクリティカルな用途ではまだ活用が進んでいない。そんな中、ITインフラベンダーの雄であるネットアップから、エンタープライズのコアITにも適用し得るHCIが登場した。

サーバ/ストレージ

業務サーバから個人情報やクレジットカード番号を検出! 求められるのはLinux上で稼動する日本語対応の個人情報ファイル検出ツール

【特別企画】業務サーバから個人情報やクレジットカード番号を検出! 求められるのはLinux上で稼動する日本語対応の個人情報ファイル検出ツール

情報漏えいによってもたらされる損害は、企業の存続に関わるほどのリスク。多くの企業がLinuxサーバーで業務システムを運用しているが、サーバー/ストレージ内にある個人情報ファイルを検出・管理しようにも日本語に対応した製品が少ないのが現状だ。

セキュリティ

73%がバックアップに課題あり - Veeam「クラウド・データ・マネジメント レポート」

【特別企画】73%がバックアップに課題あり - Veeam「クラウド・データ・マネジメント レポート」

テクノロジーは、ビジネスを成功させるうえで、かつてないほど重要になっている。世界中の組織にとって、日々の業務の継続から、顧客への革新的なサービスの提供まで、ありとあらゆることにおいて、デジタルプラットフォームは欠かせない存在だ。

事業継続

教育機関におけるバックアップの重要性、なぜルーブリックは支持されるのか

【特別企画】教育機関におけるバックアップの重要性、なぜルーブリックは支持されるのか

文部科学省と総務省の実証事業「スマートスクール・プラットフォーム」は、「校務系システム」「授業・学習系システム」間の、安全かつ効果的・効率的な情報連携方法などについて実証し、標準化することが目的。今後、スマートスクールによるデータ活用が進めば、バックアップなどのデータ保護の重要性もより高まるだろう。

事業継続

コンテンツを戦略的アセットに - Boxのトップが語るデジタル変革ビジョン

コンテンツを戦略的アセットに - Boxのトップが語るデジタル変革ビジョン

7月23日、Box Japanは、年次カンファレンス「Box World Tour Tokyo 2019」を開催した。来日した米Box CEO 共同創業者兼会長 アーロン・レヴィ氏は、基調講演で「コラボレーションと情報管理がデジタル変革の中核を成す」という考えを明かし、同社のビジョンについて語った。

クラウド

【DELL EMC×Nutanix】進化するビジネス環境にふさわしいITインフラとは

【特別企画】【DELL EMC×Nutanix】進化するビジネス環境にふさわしいITインフラとは

近年、ビジネスにおける競争はますます激しくなっている。市場や顧客に合わせて自社の体制を素早く変化させていかなければ、もはや生き残りは難しい。企業のITシステムにも柔軟でスピーディーな変化が求められるが、その際に障害となるのが、旧来のまま運用されているサーバー・ストレージ・スイッチからなる3階層モデルの仮想化ITインフラだ。3階層モデルは、下記の課題を抱えているためビジネスニーズに合わせたスムーズな取り組みが難しい。

サーバ/ストレージ

爆発的にデータ量が増え続けるなかで「オブジェクト・ストレージ」が注目される理由

【特別企画】爆発的にデータ量が増え続けるなかで「オブジェクト・ストレージ」が注目される理由

企業が扱うデータは爆発的な増加を続けている。なかでも写真や動画、音声、各種センサーデータなど、非構造データの割合が増しており、いまや量と質の変化に対応できるデータ保管環境は必須。そこで注目したいのが「オブジェクト・ストレージ」だ。

ストレージ

データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

【特別企画】データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

バックアップや災害対策(DR)を中心としたデータ保護環境が大きく変化している。背景にあるのは、ビジネスとITプラットフォームで起こっている変化だ。伝統的なITプラットフォームはサーバー、ネットワーク、ストレージの3階層モデルで構成し、オンプレミスで運用することが基本だった。しかし、近年はビジネスのニーズに対応できるように仮想化技術やクラウドサービスが発達した。それにともない、従来とは異なるバックアップやDRのアプローチが求められるようになってきたのだ。

サーバ/ストレージ

多くの企業のITコスト削減に寄与するストレージ仮想化ソリューション「VMware vSAN」の成功事例

【特別企画】多くの企業のITコスト削減に寄与するストレージ仮想化ソリューション「VMware vSAN」の成功事例

デジタルトランスフォーメーションの実現に向けた国内最大級のITカンファレンス「vFORUM 2018 TOKYO」が、ザ・プリンス パークタワー東京(東京都港区)で開催された。その中から「VMware vSAN」のお客様事例セッションについて紹介しよう。

サーバ/ストレージ

柔軟性の高いクラウドサービスで理想の分析基盤を構築するには

【特別企画】柔軟性の高いクラウドサービスで理想の分析基盤を構築するには

ビッグデータ、AI/機械学習、IoTといった先進的なテクノロジーをビジネスに取り入れるべく模索している企業は少なくない。短期間でTCOを削減しながら、AI/IoTによるデータを活用した製品・サービスを提供するにはどうすればよいだろうか。

クラウド

コスト50%の削減も夢ではない、Cohesityのハイパーコンバージド型セカンダリストレージとは

【特別企画】コスト50%の削減も夢ではない、Cohesityのハイパーコンバージド型セカンダリストレージとは

バックアップやアーカイブなど、大量のデータを保存するために利用されるセカンダリストレージ。しかし、AI、IoT、ビッグデータなど、急増するデータ量に対応するため、逐次的にシステムが追加されてしまい、それぞれがサイロ化してしまうという問題が生じている。このセカンダリストレージのサイロ化問題を解消するソリューションとして大きな注目を集めている存在が、米Cohesity社が提供するハイパーコンバージド型※の統合セカンダリストレージだ。2018年10月11日に開催された「Cohesity Secondary Storage Day 2018(主催:株式会社ネットワールド)」では、米Cohesity社の主要メンバーが揃い、Cohesity社が提供するソリューションの特徴と、将来の展望について紹介された。

サーバ/ストレージ

データサイエンティストは損な仕事!? AIを活かすために - Dell Technologies Forum

データサイエンティストは損な仕事!? AIを活かすために - Dell Technologies Forum

データサイエンティストは泥臭い仕事をやっているのにも関わらず、周囲からの期待が高く、求められることが多すぎる。海外では、離職率の高い職種になっているという。

ソリューション

中外テクノス、「Dell EMC Unity」で全社仮想化基盤用ストレージを刷新 [事例]

中外テクノス、「Dell EMC Unity」で全社仮想化基盤用ストレージを刷新 [事例]

ネットワールドは6月11日、同社が扱うユニファイドストレージ「Dell EMC Unity」(以下、Unity)を中外テクノスが採用したと発表した。

サーバ/ストレージ

安定性と先進性を兼備! オンプレからの移行にも適したクラウド基盤サービス

【特別企画】安定性と先進性を兼備! オンプレからの移行にも適したクラウド基盤サービス

本稿では、企業が革新的ビジネスを生むための取り組みをインフラ面で支える、富士通のクラウド基盤「FUJITSU Cloud Service K5」(以下、K5)について解説した資料を紹介する。

サーバ/ストレージ

118 件中 1~20件目を表示中

118 件中 1~20件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る