「ストレージ」関連記事一覧

61 件中 1~20件目を表示中

データセンターを次世代型へ! 変革成功の5つの秘訣とは

【特別企画】データセンターを次世代型へ! 変革成功の5つの秘訣とは

仮想化技術とクラウド技術の発展によって、企業ITは大きく革新をしようとしている。そのIT基盤を収容するデータセンターも、より柔軟で一元化された「次世代データセンター」としての働きが期待されている。本書では、仮想化とクラウドの技術を最大点に応用し、次世代データセンターを成功に導く「5大原則」を細かに紹介している。

サーバ/ストレージ

高次元で高速・安全を実現するフラッシュストレージ選定の9つのポイント

【特別企画】高次元で高速・安全を実現するフラッシュストレージ選定の9つのポイント

本稿で紹介する資料では、NetApp ONTAPの特長として下記の9つをあげ、それぞれを細かく解説している。逆説的に言えば、これらは現代のエンタープライズストレージに求められる要件ということだ。ストレージを選定する際のチェックポイントとしても役立つだろう。ぜひ本書を参考に、どのようなストレージが自社にふさわしいのかを検討していただきたい。

サーバ/ストレージ

日本ペイントHD、基幹業務システムを「Oracle SuperCluster M7」で刷新 [事例]

日本ペイントHD、基幹業務システムを「Oracle SuperCluster M7」で刷新 [事例]

日本オラクルは2月8日、日本ペイントホールディングスが、ハードウェアとソフトウェアを一体化したエンジニアドシステム「Oracle SuperCluster M7」を導入したと発表した。

クラウド

矢作建設工業、「Dropbox Business」を採用 - データ集約で業務を効率化 [事例]

矢作建設工業、「Dropbox Business」を採用 - データ集約で業務を効率化 [事例]

Dropbox Japanは1月25日、矢作建設工業が企業・組織向けクラウドストレージサービス「Dropbox Business」を採用したと発表した。

サーバ/ストレージ

激変期のストレージ業界、製品選びには注意も必要 - ガートナーが振り返る2016年

激変期のストレージ業界、製品選びには注意も必要 - ガートナーが振り返る2016年

「これまで20年近くストレージ市場を見てきましたが、ここまで大きく、しかも一気に変わろうとしている時期はありませんでした」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門バイス プレジデントの鈴木 雅喜氏である。どんな変化があり、今後はどう向け合っていくべきなのか。具体的にご紹介しよう。

サーバ/ストレージ

SDSが速いなんて!? 安価で高速なI/Oを実現するDRBDを簡単に導入

【特別企画】SDSが速いなんて!? 安価で高速なI/Oを実現するDRBDを簡単に導入

本稿ではSDSの導入に悩む担当者へ向け、オープンソースの分散データ管理ソフトウェア「DRBD」の導入サポートを行うサードウェアの資料を紹介する。サードウェアは導入支援やコンサルティング、教育サービスまで総合的にサポートしており、DRBDにはじめて触れる担当者でも問題なく導入まで進めることができる。

サーバ/ストレージ

CTC、シンクライアントシステムの共有ストレージ基盤を「NetApp AFF」に刷新 [事例]

CTC、シンクライアントシステムの共有ストレージ基盤を「NetApp AFF」に刷新 [事例]

ネットアップは12月13日、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が、シンクライアントシステムの共有ストレージ基盤をネットアップのオールフラッシュストレージ「NetApp AFF」に刷新したと発表した。

サーバ/ストレージ

基礎から学ぶ! オールフラッシュストレージ導入と活用方法

【特別企画】基礎から学ぶ! オールフラッシュストレージ導入と活用方法

本稿では、導入メリットを基礎から学べる「オールフラッシュ ストレージ導入ガイド」や、オールフラッシュストレージの評価ポイントを解説する「バイヤーズ ガイド:オールフラッシュ ストレージの評価方法」など、様々な視点でフラッシュストレージを学べる資料を提供する。

サーバ/ストレージ

大和総研、大和証券の基幹システムに日立のフラッシュストレージを採用 [事例]

大和総研、大和証券の基幹システムに日立のフラッシュストレージを採用 [事例]

大和総研と日立製作所は11月18日、大和証券の基幹系システムに利用するストレージ装置として、日立製作所が提供するオールフラッシュ型ハイエンドストレージ「Hitachi Virtual Storage Platform G1000」を採用し、2016年12月下旬から順次稼働を開始すると発表した。

サーバ/ストレージ

島津製作所、基幹業務システム基盤をプライベートクラウドに刷新 [事例]

島津製作所、基幹業務システム基盤をプライベートクラウドに刷新 [事例]

日本オラクルは11月7日、島津製作所がグローバル共通の基幹業務システムとして運用しているオラクルのERPソフトウェア「Oracle E-Business Suite」が稼働するIT基盤として、オラクルのエンジニアド・システム「Oracle SuperCluster M7」を採用し、グローバル共通のプライベートクラウド環境に刷新すると発表した。

クラウド

次世代ITインフラはどう作る? イチから学ぶOpenStack

【特別企画】次世代ITインフラはどう作る? イチから学ぶOpenStack

本記事では、OpenStack業界の識者に取材し、実用性や他の仮想化製品との違い、活用方法などについて詳しく解説する。自社に最適なクラウド環境を手に入れるためのノウハウを習得して欲しい。

クラウド

アプラス、クレジットカードシステムに「IBM LinuxONE」を採用 [事例]

アプラス、クレジットカードシステムに「IBM LinuxONE」を採用 [事例]

日本IBMは10月25日、アプラスのクレジットカード決済処理を担う次世代基幹システムに、IBMが提供するLinux専用メインフレーム「IBM LinuxONE」が採用されたと発表した。

サーバ/ストレージ

理想のハイブリッドクラウドを探せ! 一歩先を見たビジネスプラットフォーム

【特別企画】理想のハイブリッドクラウドを探せ! 一歩先を見たビジネスプラットフォーム

日本企業の間にもすっかり定着した、オンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドを柔軟に組み合わせて連携させる「ハイブリッドクラウド」は、もはや当たり前になったといって過言ではない。本稿ではその使い方の一つを紹介する。

クラウド

NASをつくる(その4)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [41] NASをつくる(その4)

前回はNASを構築するためのソフトウェアアプライアンス「FreeNAS」をiSCSIターゲットとして利用する方法を紹介した。今回は、FreeNASの最も魅力的な機能の1つである「スナップショット」の使い方を紹介する。

サーバ/ストレージ

NEC、自社グループの基幹システムにSAP HANAを採用 - データ量を4分の1に [事例]

NEC、自社グループの基幹システムにSAP HANAを採用 - データ量を4分の1に [事例]

NECは9月13日、自社グループの基幹システムにSAPのインメモリデータベース「SAP HANA」を採用し、2016年5月より本番稼働を開始したと発表した。

仮想化

キーワードはシンプルさと柔軟性! オールフラッシュストレージ活用事例

【特別企画】キーワードはシンプルさと柔軟性! オールフラッシュストレージ活用事例

今回紹介する資料は、「オールフラッシュ ストレージでビジネスを成功させるには」と題し、複数のユースケースを取り上げて具体的なメリットについて示唆している。オールフラッシュストレージを単に"高速なディスク"として認識していては思いもよらないようなメリットが得られることを学んでいただきたい。

サーバ/ストレージ

NASをつくる(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [39] NASをつくる(その2)

前回は、NASを構築するためのソフトウェアアプライアンス「FreeNAS」のインストール方法を紹介した。FreeNASは、オープンソースでNASソリューションをセットアップしたいと考えた場合、最初に挙がる候補だ。今回は、このFreeNASを実際に使い始めるための設定方法について説明したい。

サーバ/ストレージ

転換点を迎えるHadoop技術、調査で見えた「SanDisk InfiniFlash」という最適解

【特別企画】転換点を迎えるHadoop技術、調査で見えた「SanDisk InfiniFlash」という最適解

増加する構造化データや非構造化データから価値を抽出し、物事の本質を見抜くことは、今やさまざまな組織にとって欠かせないスキルだ。特にIoTをはじめとした、クラウドアプリケーションによって今までになくデータが増加しており、超巨大規模の効率的なビッグデータインフラストラクチャを実現する新技術が求められている。

サーバ/ストレージ

ソフトバンクがSanDisk InfiniFlashを採用 - SanDisk初の大容量オールフラッシュ[事例]

ソフトバンクがSanDisk InfiniFlashを採用 - SanDisk初の大容量オールフラッシュ[事例]

ウエスタンデジタルコーポレーションは8月16日、オールフラッシュストレージプラットフォーム「SanDisk InfiniFlash」がソフトバンクのソフトウェア・デファインド・ストレージ基盤に採用されたことを発表した。

サーバ/ストレージ

光英システム、海外展開を強化するためのIT基盤をOracle Databaseで構築 [事例]

光英システム、海外展開を強化するためのIT基盤をOracle Databaseで構築 [事例]

日本オラクルは8月5日、輸配送管理システムの開発・提供を手がける光英システムが、オラクルのフラッシュ・ストレージ製品「Oracle FS1 Flash Storage System(Oracle FS1)」およびデータベース「Oracle Database 12c」を導入し、稼働開始したと発表した。

クラウド

61 件中 1~20件目を表示中

61 件中 1~20件目を表示中

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る