「サーバ」関連記事一覧

544 件中 121~140件目を表示中

開発言語 Python(その6)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [167] 開発言語 Python(その6)

Pythonでは当然、関数も作成できる。関数が作成できるようになると一気にプログラミング言語感が増してくるというものだ。Pythonでは「def 関数名(引数):」といった記述で関数を定義することができる。関数はよく使われる機能なので、書けるようにも読めるようにもなっておきたい。

サーバ/ストレージ

開発言語 Python(その5)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [166] 開発言語 Python(その5)

前回までで、チュートリアルを見ながら簡単なPythonのコードを書けるようになったはずだ。インデント、文字列、リストといったPythonでも基本中の基本となる部分は理解できるようになっていると思う。今回はチュートリアルの流れに習って制御構文の基本となる「if」と「for」について取り上げる。

サーバ/ストレージ

FessでActive Directory連携

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [9] FessでActive Directory連携

前回はFessにユーザとロールを登録して検索結果の出し分け方法を紹介しました。今回はActive Directoryにユーザを登録して、Active Directoryと連携した場合のロールベース検索について説明します。

業務アプリケーション

開発環境 Python(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [162] 開発環境 Python(その1)

前回まで紹介してきたC言語は、ざっくり作ってもそれなりに高速に動作するソフトウエアを開発できるのだが、適当に作るとメモリ管理系のバグでものすごく苦労する言語でもある。そこで今回は反対に、今最も手軽に取り組めるプログラミング言語として「Python」を取り上げよう。

サーバ/ストレージ

開発環境 C言語(その6)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [161] 開発環境 C言語(その6)

これまで数回に渡り、Linuxカーネルに特有の機能「inotify API」の具体的な使い方を紹介してきた。カーネルに特有の機能を使うとこういったこともできる、ということはなんとなく感じてもらえたのではないだろうか。それを踏まえ今回は、inotify APIを使った具体的なコマンドを紹介する。

サーバ/ストレージ

開発環境 C言語(その5)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [160] 開発環境 C言語(その5)

前回は、ファイルシステムイベントのモニタリングを実施するためのLinuxカーネルの機能として「inotify API」を取り上げ、サンプルコードから便宜的にエラーハンドリングや汎用性を確保するための処理を抜いていって、APIそのものの使い方を調べる方法を紹介した。今回はpoll(2)システムコールを削除すると共に、関数として分離していた部分をmain()内部に展開し、さらにシンプルなコードにして使い方を調べていく。

サーバ/ストレージ

開発環境 C言語(その4)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [159] 開発環境 C言語(その4)

前回、ファイルシステムイベントのモニタリングを実施するためのLinuxカーネルの機能としてinotify APIのマニュアルに掲載されているサンプルコードを挙げて紹介した。今回は、そのコードをシンプルにして動きを説明しよう。シンプル化することで、処理の流れを理解しやすくなるはずだ。

サーバ/ストレージ

開発環境 C言語(その3)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [158] 開発環境 C言語(その3)

Linuxカーネルはファイルシステムイベントをモニタリングする機能としてinotify(2)系のシステムコールを提供している。inotify(2)系のシステムコールを利用することで、ディレクトリやファイルをモニタリングして、イベントが発生した場合に処理を行うといったことができるようになる。今回はこの機能を使ってC言語によるプログラミングを体験してみよう。

サーバ/ストレージ

開発環境 C言語(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [157] 開発環境 C言語(その2)

C言語で書いたソースコードのビルドやクリーンナップは、ある程度使い回しが効くMakefileさえ作っておけば、結構便利に再利用できる。C言語でプログラミングをしたことがないのであれば、今回のサンプルをコピー&ペーストするなどして一度試してみていただきたい。

サーバ/ストレージ

ロールベース検索

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [8] ロールベース検索

検索機能を組み込む際には、ユーザーによって表示させたい検索結果を分けたい場合もあります。ロールベース検索機能を利用すれば簡単に検索結果を分けることができます。

サーバ/ストレージ

開発環境 C言語(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [156] 開発環境 C言語(その1)

ある程度Linuxサーバを管理できるようになってきたら、"次の手抜き"ができないか模索を始めたい。Windowsサーバよりもさまざまな作業を簡単に自動化できるのが、Linuxサーバの良いところだ。自動化できれば、さらに作業の手間を減らすことができる。その段階に入ったら「プログラミングする」ということを考え始めたい。Linuxの場合、C言語を使っていきたいところだ。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その42) - 実際に使われているディスクサイズを調べる

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [155] Windows 10でLinuxを使う (その42) - 実際に使われているディスクサイズを調べる

Linuxでは通常、dfコマンドでディスクの使用量を表示できるが、WSLでLinuxが使っているディスクの使用量を調べたいとき、どうすればよいのだろうか。この場合、dfではなくduコマンドを使用すれば(ファイズサイズの合算値にはなるものの)、実際に使われている使用量を調べることができる。今回はこのduコマンドの使い方を紹介する。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その41)  - コマンドラインからLinuxをインストールする

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [154] Windows 10でLinuxを使う (その41) - コマンドラインからLinuxをインストールする

これまではMicrosoft Store経由でUbuntuやSUSE Linux Enterprise Serverなどをインストールする方法を紹介してきた。だが実は、LinuxディストリビューションのインストールはMicrosoft Storeを利用せずとも、コマンドベースで実行できるようになっている。コマンドラインからインストールできると何かと楽になるので、今回はこの方法を紹介する。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その40) - ファイルエクスプローラからLinuxを起動(未来編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [153] Windows 10でLinuxを使う (その40) - ファイルエクスプローラからLinuxを起動(未来編)

Microsoftは「What's New for WSL in the Windows 10 October 2018 Update」において、今後のアップデートでWindows 10に取り込まれる予定になっているWSL関連の新機能について伝えた。今回はここからファイルエクスプローラの新機能について取り上げようと思う。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その39) - SUSE/openSUSE 15登場

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [152] Windows 10でLinuxを使う (その39) - SUSE/openSUSE 15登場

Microsoftストアに新しく「SUSE Linux Enterprise Server 15」と「openSUSE Leap 15」が登場した。openSUSE LeapはOSSとして開発が行われているLinuxディストリビューションで、SUSE Linux Enterprise ServerはopenSUSE Leapを使って開発されたエンタープライズ向けのLinuxディストリビューションだ。

サーバ/ストレージ

認証のあるサイトのクロール

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [7] 認証のあるサイトのクロール

今回は認証が必要なサイトのクロール方法について説明します。Fessは、Basic認証、Digest認証、NTLM認証、Form認証に対応しています。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その38) - twmをカスタマイズ

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [151] Windows 10でLinuxを使う (その38) - twmをカスタマイズ

「とにかく軽いウインドウ環境を使いたい」という場合、「twm」が候補に上がってくる。だが、Window Makerと違ってtwmは設定を自分で設定ファイルに書く必要がある。Ubuntu 18.04 LTSでインストールできるtwmのデフォルトの設定ファイルはあまり使いやすいとは言えないため、基本的には自分で書いて利用することになる。そこで今回は、twmの最低限の設定方法を紹介するとともに、twmの使い方を説明しよう。

サーバ/ストレージ

データサイエンティストは損な仕事!? AIを活かすために - Dell Technologies Forum

データサイエンティストは損な仕事!? AIを活かすために - Dell Technologies Forum

データサイエンティストは泥臭い仕事をやっているのにも関わらず、周囲からの期待が高く、求められることが多すぎる。海外では、離職率の高い職種になっているという。

ソリューション

Windows 10でLinuxを使う (その37) - twmをインストール

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [150] Windows 10でLinuxを使う (その37) - twmをインストール

これまでWSLで利用するウインドウ環境として「XFce4」「LXDE」「Window Maker」を取り上げてきた。いずれもウインドウプラットフォームとしては軽量な部類で、WSLのような環境で利用する場合でも負荷が低いものをチョイスしたものだ。しかし、利用している環境によってはWindow Makerですら動作が「もっさりしていて重い」と感じることがあるかもしれない。そこで今回は、さらに軽量な「twm」を紹介しよう。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その35) - Window Makerをカスタマイズ

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [148] Windows 10でLinuxを使う (その35) - Window Makerをカスタマイズ

前回はWSLで利用できるLinuxのデスクトップ環境としてWindow Makerを紹介した。今回はWindow Makerの基本的なカスタマイズの方法をかいつまんで紹介する。Window MakerのUI/UXは現在主流のWindowsやmacOS、Linuxと比べるとちょっと考え方が違うところがあるので、少しでも説明しておくことは有用なことだと思う。

サーバ/ストレージ

544 件中 121~140件目を表示中

544 件中 121~140件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る