「サーバ」関連記事一覧

458 件中 81~100件目を表示中

Windows 10でLinuxを使う (その22) - Kali Linuxとウインドウシステム

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [122] Windows 10でLinuxを使う (その22) - Kali Linuxとウインドウシステム

WSLでLinuxのウィンドウシステムを利用するアイディアは、WSLで動作しているリモートデスクトップサーバにアクセスしてXorgの環境を利用するというものだ。Kali Linuxでは実験的にだがそれを試す方法が提供されている。今回はこれを紹介しよう。

サーバ/ストレージ

究極のトラブルシュートが生み出すパフォーマンス診断とは

【特別企画】究極のトラブルシュートが生み出すパフォーマンス診断とは

ITシステムは日々肥大化・複雑化し、その安定性やサービスレスポンスの迅速性がビジネスの成果に大きな影響を及ぼすことは周知の事実だ。そのためシステムのパフォーマンスの重要性は、ますます高まっている。そこで注目されているのがパフォーマンス診断サービス。これにより本番運用中のシステムや今後リリースするシステムのパフォーマンスを可視化・分析し、システム内のボトルネックを見つけ出すことができる。

ソリューション

オールフラッシュを前提に開発された「XtremIO」にエントリーモデルが登場 -その特徴とは?

【特別企画】オールフラッシュを前提に開発された「XtremIO」にエントリーモデルが登場 -その特徴とは?

圧倒的な安定性とスケーラビリティでオールフラッシュ市場をリードするDell EMC「XtremIO」に、エントリー向けの新モデルと、優れたデータ保護を提供する新機能が加わった。本記事よりダウンロードできるWPでは、同製品がユーザーに支持される理由と、追加された新機能を、開発に携わったエンジニアの解説を交えて紹介する。是非ダウンロードして、その魅力を体感して欲しい。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その21) - Kali Linuxとシステム破壊とリセット

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [121] Windows 10でLinuxを使う (その21) - Kali Linuxとシステム破壊とリセット

Linuxを使ったことのあるユーザであれば一度は実行してみたい、またはこれを実行するとシステムが壊れるというコマンド「sudo rm -rf /」の話を聞いたことがあるんじゃないかと思う。一発でシステムを破壊するコマンドだ。しかし、WSLのLinuxであればリセットを実行することでインストール後の状態へ簡単に復帰することができる。お手軽環境リセット機能として利用可能だ。

サーバ/ストレージ

膨大なデータが価値を生む時代に企業がとるべきストレージ管理戦略

【特別企画】膨大なデータが価値を生む時代に企業がとるべきストレージ管理戦略

企業が保有する「データ」の価値が高まる昨今、パフォーマンスとコストに対する要請に応えるために、オンプレミスとクラウドを組み合わせた「ハイブリッドクラウド」によるストレージ環境が増えている。一方で、性能や物理的な場所が異なる分散ストレージの運用管理負荷を削減したいというユーザーニーズも高まりつつある。こうしたユーザーの声に応えるのが、ネットアップが提供するストレージOS「ONTAP」だ。本稿では、ハイブリッドクラウド時代に対応した「ONTAP」最新版の新機能について詳細に解説した資料を紹介する。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その20) - Kali Linuxとアンチウイルス

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [120] Windows 10でLinuxを使う (その20) - Kali Linuxとアンチウイルス

Windows 10で利用できるLinuxディストリビューションにKali Linuxがある。セキュリティ目的のディストリビューションで使いがいのあるツールだ。しかし、WSLで使う場合、Windowsのセキュリティ機能であるWindows DefenderがKali Linuxでインストールされるファイルをマルウェアとして認識することがある。今回はこの部分の解消方法について説明しよう。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その19) - Ubuntuマイナーアップデート

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [119] Windows 10でLinuxを使う (その19) - Ubuntuマイナーアップデート

WSL によってWindowsでLinuxを利用できるようになった。インストールはMicrosoftストアから実施する。通常、このようにMicrosoftストアからインストールしたアプリケーションのアップデートはMicrosoftストアから実施できるのだが、Ubuntuの場合はUbuntuの通常のアップデート方法で実施する仕組みになっている。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その18) - Debian GNU/Linuxインストール

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [118] Windows 10でLinuxを使う (その18) - Debian GNU/Linuxインストール

WSL (Windows Subsystem for Linux)関連の新しい話題が止まらない状況だ。WindowsストアにKali Linuxが登場したことが発表された翌日、Microsoftは「Debian GNU/Linux for WSL now available in the Windows Store」において、WindowsストアにDebian GNU/Linuxが登場したと伝えた。Kali Linuxが登録されたよりもビッグニュースだ。これでWindowsストアにはUbuntu、openSUSE Leap、SUSE Linux Enterprise Server、Kali Linux、Debian GNU/Linuxの5つのディストリビューションが登場したことになる。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その17) - Kali Linuxインストール

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [117] Windows 10でLinuxを使う (その17) - Kali Linuxインストール

WindowsでLinuxを実行するレイヤ技術「WSL (Windows Subsystem for Linux)」まわりの開発が活発な状況が続いている。Microsoftは2018年3月5日(米国時間)、「Kali Linux for WSL now available in the Windows Store」において、WindowsストアにKali Linuxが追加されたことを発表した。今回はこの「Kali Linux」について取り上げたい。

サーバ/ストレージ

千葉県佐倉市、仮想化共通基盤に「Arcserve UDP」を導入 - BCP対策を強化 [事例]

千葉県佐倉市、仮想化共通基盤に「Arcserve UDP」を導入 - BCP対策を強化 [事例]

arcserve Japanは3月7日、千葉県佐倉市がBCP対策を目的にイメージバックアップソフトウェア「Arcserve Unified Data Protection(UDP)」の最上位製品である「Arcserve UDP Premium Plus Edition」を導入したと発表した。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その16) - ファイル名で大文字と小文字を区別して使う(未来編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [116] Windows 10でLinuxを使う (その16) - ファイル名で大文字と小文字を区別して使う(未来編)

Linuxユーザーである本連載の読者であれば、当然Linuxではファイル名の大文字と小文字は区別して扱われていることを知っていると思う。hoge.txtというファイルとHOGE.txtというファイルは別のファイルだ。しかし、Windowsでは状況が違っている。もともと大文字と小文字を区別していなかったので、今でも互換性の関係でその動きが残っている。WSLとの兼ね合いでは問題になる部分なのだが、Microsoftは開発版でこの問題を解決する機能を導入してきた。今回はこの辺りについて紹介する。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その15) - WSL起動時のマウント設定とネットワーク設定を指定する方法(未来編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [115] Windows 10でLinuxを使う (その15) - WSL起動時のマウント設定とネットワーク設定を指定する方法(未来編)

Microsoftは「Automatically Configuring WSL」において、Windows Insider Build 17093からWSL (Windows Subsystem for Linux)に、WSL起動時におけるマウントオプションおよびネットワーク設定を指定するための/etc/wsl.confファイル機能を追加したと説明した。このファイルが存在している場合、WSLは指定されている設定に従ってマウント処理およびネットワーク設定を実施するとされている。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その14) - UNIXソケットでWindows-WSL間通信(未来編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [114] Windows 10でLinuxを使う (その14) - UNIXソケットでWindows-WSL間通信(未来編)

MicrosoftはWSL (Windows Subsystem for Linux)回りの開発を継続している。以前、Windows 10の開発版にネイティブに動作するUNIXソケット実装が追加されたことを取りあげたが、さらに開発が進んでWSLの環境とも通信ができるようになった。WindowsとWSLの間の通信を実現する重要な機能になりそうだ。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その13) - 日本語化

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [113] Windows 10でLinuxを使う (その13) - 日本語化

WSLのUbuntuを使っていると気付くと思うが、Microsoft StoreからインストールしたUbuntuには日本語化パッケージがインストールされていない。環境変数LANGをja_JP.UTF-8に設定してもコマンドの出力が日本語にならないのはこのためだ。今回は、日本語化する方法について説明しよう。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その13) - パッケージアップデート

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [112] Windows 10でLinuxを使う (その13) - パッケージアップデート

Windows 10 Fall Creators Updateの提供が始まって、WSL (Windows Subsystem for Linux)が公式機能になってから2、3カ月が経過した。これだけ使っていればそろそろパッケージをアップデートしておきたい頃合いだ。Ubuntuのデフォルトのパッケージ管理システムは一部だけの更新やロールバックが難しく、常に全体でアップデートし続ける仕組みになっているので、定期的に最新版にしておくのが無難である。

サーバ/ストレージ

Windows 10でLinuxを使う (その12) - コンソールをConEmuに変える

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [111] Windows 10でLinuxを使う (その12) - コンソールをConEmuに変える

LinuxやMacのターミナルを使い続けていると、WSLコンソールはどうしても使いにくい。色設定を変更すれば視認性は高まるが、見づらいものは見づらいし、かと言ってソフトウェアごとに色を設定していくのは面倒だ。そこで今回は、WSLコンソールの代わりに「ConEmu」というOSSを使う方法を紹介する。

サーバ/ストレージ

パスワードの作り方

【連載】パスワード管理アプリの選び方 [3] パスワードの作り方

パスワードを考えるうえで便利なのは、文章を作ってそこから文字を抜き出すという方法である。

セキュリティ

Windows 10でLinuxを使う (その11) - WSLからWindowsファイルのパーミッションを扱う(未来編)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [110] Windows 10でLinuxを使う (その11) - WSLからWindowsファイルのパーミッションを扱う(未来編)

開発中のWindows 10 Insider Build 17063でWSLのファイルシステムに新しい機能が追加された。この新機能によってWSLからWindowsのファイルとしてFIFOファイル、UNIXソケットファイル、デバイスファイルが作成できるようになったほか、ユーザー/グループの指定やパーミッション(読み込み、書き込み、実行)の設定ができるようになった。今回はそのなかからパーミッションに関して新機能を取りあげる。

サーバ/ストレージ

セキュリティ: CPUマイクロコードのアップデート方法

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [109] セキュリティ: CPUマイクロコードのアップデート方法

2018年の年始めは多くのIT関係者にとってあまり喜べた状況ではなかった。もしかしたら今年一番のセキュリティ脆弱性になるかもしれない「Meltdown」と「Spectre」が公になったからだ。プロセッサベンダは特にSpectreに関してはCPUのマイクロコード(ファームウェア)をアップデートすることで問題の低減を図ることにしている。今回はLinuxでCPUのマイクロコードをアップデートする方法を紹介する。

サーバ/ストレージ

三菱自動車、グローバル共通の設計部品表システムに「Oracle Exadata」を導入 [事例]

三菱自動車、グローバル共通の設計部品表システムに「Oracle Exadata」を導入 [事例]

日本オラクルは1月10日、三菱自動車が、設計部品表システムのIT基盤として高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine (Oracle Exadata)」を導入したと発表した。

サーバ/ストレージ

458 件中 81~100件目を表示中

458 件中 81~100件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る