「財務管理」関連記事一覧

16 件中 1~16件目を表示中

最大300%のROI達成も。RPAの対象に財務・経理業務が最適な理由

【特別企画】最大300%のROI達成も。RPAの対象に財務・経理業務が最適な理由

事業を滞りなく運営するだけでなく、より大きな企業成長を果たす意味でも、バックオフィス業務を自動化することは重要といえよう。本稿では、特に財務・経理における受発注業務に注目。オートメーション・エニウェアのホワイトペーパー「RPAとO2C」「RPAとP2P」から、同業務の自動化が企業にどのような好影響をもたらすのかを解説したい。

業務アプリケーション

競争力強化につながるグループ会計の方法

【特別企画】競争力強化につながるグループ会計の方法

企業内にある各事業部が担当事業の拡大に専念できる環境をつくる。そしてこれにより企業としての競争力を引き上げる。こうした狙いの下、事業部を事業会社(子会社)化する「グループ経営」を推進する企業が増えている。また、事業の多角化などを目的としたM&Aによる「グループ経営」の推進についても同様だ。本稿ではグループ会計をテーマとし、中堅中小企業に向けた基幹業務システム「PCA hyper」を利用した「競争力を引き上げるためのグループ会計」について紹介する。

業務アプリケーション

予実管理、原価管理を最適化するためのヒント

【特別企画】予実管理、原価管理を最適化するためのヒント

Adaptive Insightsは、2016年にGartnerより予実管理分野の「市場に影響力のある"リーダー製品"」(評価対象全16製品中上位4製品)に選ばれた実績を持つ企業だ。本稿では、Adaptive Insightsが提供する予実管理クラウドサービス「Business Planning Cloud(旧Adaptive Planning)」の有用性に早くから着目し、予実管理、製造原価管理を最適化した2つの事例を紹介する。

業務アプリケーション

ヒト・モノ・カネ・情報を有効活用 - 最新ERPの機能に迫る

【特別企画】ヒト・モノ・カネ・情報を有効活用 - 最新ERPの機能に迫る

「基幹系情報システム」であるERPは、企業の情報戦略に欠かせない重要な存在だ。本稿では、最新のERPについて詳しく知ることができるホワイトペーパーを紹介したい。

ソリューション

クラウド対応「奉行シリーズ」の導入に最適なベンダーの条件とは

【特別企画】クラウド対応「奉行シリーズ」の導入に最適なベンダーの条件とは

かつて基幹システムは、企業における最重要データを扱うため、オンプレミス環境で目の届く範囲に置きたいという考えが一般的だった。しかし、それが一変したのが2011年に発生した東日本大震災である。当時、自社内に設置したサーバなどが停止し、復旧にも時間がかかり、業務が継続できず大きな損失を出す企業が続出。そのためBCPの観点からも、データをインターネットを通じて強固なデータセンターに保管する、クラウド環境が注目されることとなった。

クラウド

公認会計士・税理士が伝授! 経営力を強化する「経営の見える化」の実現

【特別企画】公認会計士・税理士が伝授! 経営力を強化する「経営の見える化」の実現

経営環境が目まぐるしく変わる現代、企業はその変化に臨機応変に対応する必要がある。そのために企業はさまざまな施策(持株会社制度の活用、グローバル対応、サプライチェーンの見直し、M&A、支店・工場・店舗等の各種拠点のスクラップ&ビルド、業務プロセスの改善 等)を実施し、経営環境の変化に対応しようとしている。そして、このような施策を立案、実施するうえで欠かせないのが"経営の見える化"だ。

ソリューション

総合メディカル、「SAP S/4HANA Finance」を導入 - 会計データを一元化 [事例]

総合メディカル、「SAP S/4HANA Finance」を導入 - 会計データを一元化 [事例]

アビームコンサルティングとSAPジャパンは11月25日、総合メディカルにSAPジャパンが提供する会計システム「SAP S/4HANA Finance」を導入したと発表した。

業務アプリケーション

財務・人事管理に「Power of 1」が与えるインパクト - Workday Rising 2016

財務・人事管理に「Power of 1」が与えるインパクト - Workday Rising 2016

企業向けクラウド型財務・人事アプリケーションプロバイダの米Workdayは米国時間9月26日~9月29日、同社の年次カンファレンス「Workday Rising 2016」を米国シカゴにて開催した。同イベントの大きな特徴は、新機能の発表はもちろん、半年から1年先のリリース予定機能が告知されることと、ユーザー同士の積極的なディスカッションが行われることだ。本稿では、その基調講演の模様をお届けする。

業務アプリケーション

活用度NO.1を目指すERP製品「Biz∫(ビズインテグラル)」とは

【特別企画】活用度NO.1を目指すERP製品「Biz∫(ビズインテグラル)」とは

現在の基幹業務システムにおける、業務パッケージの構築や運用の課題として、TCOの削減、システム基盤の効率化、ビジネスプロセスの変革サポート、主要業務の再構築への柔軟な対応などが挙げられることが多くなっている。そして、これらの課題解決に最適なソリューションとして注目されているのが、Biz∫(ビズインテグラル)だ。

業務アプリケーション

iPhoneで棚卸し工数を1/10に削減 - 資産物品管理クラウドサービス「Convi.BASE」

【特別企画】iPhoneで棚卸し工数を1/10に削減 - 資産物品管理クラウドサービス「Convi.BASE」

企業が使用する各種物品や機器・設備は、常により効果的・効率的に運用することが求められる。そして、管理すべき資産は固定資産やIT資産、重要文書など広範囲に渡る。これらを適正に管理するためには「棚卸し」が必須業務である。しかし、「棚卸し」を効率的に行っている企業は少なく、大多数は時間も手間もかかる目視確認で対応しているのが実情だ。

業務アプリケーション

オートバックスセブン、SAPとConcurの連携ツールで短期に稼動開始 [事例]

オートバックスセブン、SAPとConcurの連携ツールで短期に稼動開始 [事例]

クレスコ・イー・ソリューションは7月12日、カー用品大手のオートバックスセブンに同社の「ConnectPlus for CONCUR Expense」が採用されたと発表した。

業務アプリケーション

規則緩和で今改めて考えるペーパーレス - MJSのe-文書活用術

【特別企画】規則緩和で今改めて考えるペーパーレス - MJSのe-文書活用術

2015年9月、電子帳簿保存法におけるスキャナ保存制度の規制が緩和され、2016年1月より新基準の運用がスタートした。この法律が改正された今こそ、経理業務を見直し、ペーパーレス化を実現するチャンスなのである。

業務アプリケーション

いま、クラウド型の会計システムを検討するべき4つの理由

【特別企画】いま、クラウド型の会計システムを検討するべき4つの理由

調査会社Dynamic Marketsが行った調査レポートによれば、世界の経営者のうち約76%が、クラウド(SaaS)アプリケーション採用における一番の動機として「迅速かつ簡単に入手するため」と回答しているという。特に複数の事業や拠点(海外含む)、関連会社を持つ企業にとって、会計、人事給与、生産管理、物流管理、販売管理といった企業経営の基幹を担うシステムのクラウド化は、さらにその有効性を増すと言える。その理由について、本稿で紹介する日本オラクル提供のホワイトペーパー「最先端 ERP のグローバル会計」では、以下の4つの観点から解説している。

業務アプリケーション

ITから経営ITへ! 企業成長を手助けするための経営インフラとIT部門の役割 - リアルタイムクラウド経営基盤

【特別企画】ITから経営ITへ! 企業成長を手助けするための経営インフラとIT部門の役割 - リアルタイムクラウド経営基盤

現在の組織には、常に変化するビジネスニーズに柔軟に対応できる財務管理ソリューションが求められている。しかし、技術の発達により様々なソリューションが氾濫し、問題を抱える担当者にとっては解決策を手にするチャンスが広がる一方、いったいどのソリューションを選んだらよいのかという新たな悩みが出てきてはいないだろうか。

業務アプリケーション

基幹業務もオンプレミスからクラウドへ業務効率と事業継続性を同時に高めるポイントとは

【特別企画】基幹業務もオンプレミスからクラウドへ業務効率と事業継続性を同時に高めるポイントとは

企業がビジネスを展開するにあたり、必要不可欠なのが基幹システム。従来はオンプレミス環境で構築する企業が多かったが、最近ではこの基幹システムのクラウド化に注目が集まっている。ではなぜ注目されているのかを紹介する。

業務アプリケーション

導入実績56万社!「奉行シリーズ」で基幹業務をクラウド化

【特別企画】導入実績56万社!「奉行シリーズ」で基幹業務をクラウド化

オンプレミス環境へのこだわりが企業の成長を止める基幹業務のクラウド化で業務効率の向上と事業継続性を確保。数ある情報システムの中でも、企業の経営や事業展開に必要不可欠なのが基幹システムだ。企業にとって極めて重要なデータが含まれることから、従来はオンプレミス環境で構築するのが通例だった。しかし近年、この基幹システムをクラウド化する企業が増えてきている。その理由とは何かをご確認いただきたい。

業務アプリケーション

16 件中 1~16件目を表示中

1

16 件中 1~16件目を表示中

  • 1
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る