マイナビニュースマイナビ

「人事労務管理」関連記事一覧

139 件中 1~20件目を表示中

建設技術研究所、HRチャットボット「HiTTO」を導入 [事例]

建設技術研究所、HRチャットボット「HiTTO」を導入 [事例]

HiTTO社は9月8日、総合建設コンサルタントの建設技術研究所がHRチャットボット「HiTTO」を導入したと発表した。

業務アプリケーション

ワークデイ、「Workdayファイナンシャルマネジメント」の国内提供を正式に開始

ワークデイ、「Workdayファイナンシャルマネジメント」の国内提供を正式に開始

ワークデイは7月7日、財務管理ソリューション「Workdayファイナンシャルマネジメント」の国内提供を正式に開始すると発表した。発表会には、ワークデイ エグゼクティブ・プレジデント兼日本担当ゼネラルマネージャー日本法人社長 正井拓己氏が登壇し、同社が構想する「エンタープライズマネジメントクラウド」の概要や新ソリューションの特徴、国内クラウド事業の今後の戦略などについて解説した。

ソリューション

ハイブリッド型勤務の定着に向けた課題とは? - クアルトリクス「コロナ禍における働き方の実態調査」

ハイブリッド型勤務の定着に向けた課題とは? - クアルトリクス「コロナ禍における働き方の実態調査」

クアルトリクスは6月30日、「コロナ禍における働き方の実態調査」の結果を発表した。記者説明会には、クアルトリクス EXソリューション ストラテジー ディレクター 市川幹人氏が登壇。調査結果を基に、コロナ禍が働き方や生活にもたらした変化や、従業員エンゲージメントを維持/強化するために企業が対処すべき課題などについて解説した。

ソリューション

限度額3000万円の法人カードなどを発表 - freeeが新戦略

限度額3000万円の法人カードなどを発表 - freeeが新戦略

freeeは6月22日、都内で新戦略発表会を開催し、発表会には同社 CEOの佐々木大輔氏らが出席した。

クラウド

HRデータ活用の隠れた"落とし穴"- 成果につながるアプローチとは?

HRデータ活用の隠れた"落とし穴"- 成果につながるアプローチとは?

予測型ピープルアナリティクスサービス「アッテル(Attelu)」を展開するアッテル社は5月25日、国内のピープルアナリティクス動向に関する記者説明会を開催した。登壇したアッテル CEO 塚本鋭氏はHR業界におけるデータを活用した人材採用の最新動向や課題についてデータを交えて解説。"脱。肌感覚人事"を掲げるアッテル社が考える解決策と、さまざまな規模の企業へのサービス導入事例が紹介された。

業務アプリケーション

HR領域のDXとは? 主要6ジャンルと注目を集める「面接」の進化

HR領域のDXとは? 主要6ジャンルと注目を集める「面接」の進化

コロナ禍を機に、企業ではあらゆるDX施策が一気に進められました。これまで対面で行われてきた業務の数々は非対面で行われるようになり、急速な変化に戸惑った方も多いことでしょう。中でも変化の大きかった領域の一つが、業務の性質上、人と密接に関わるHR(Human Resource)領域です。本稿では、このHR領域のDXについて解説していきます。

業務アプリケーション

三菱ケミカルの人事制度改革は、どうやって社内の理解を獲得してきたか?

三菱ケミカルの人事制度改革は、どうやって社内の理解を獲得してきたか?

2月25日に開催されたマイナビニュースフォーラム「働き方改革Day 2021 Feb. ニューノーマルのマネジメント、変化を生き抜く個人と組織のあり方」では、三菱ケミカル 取締役 常務執行役員 総務部・広報部・人事部 所管 中田るみ子氏が、同社の人事制度改革に関するこれまでの取り組みについて紹介した。

ソリューション

労務、勤怠の一元管理で業務をシンプルに!給与計算にかかる時間を圧倒的に短縮する人事労務freeeの「一元化の価値」とは?

【特別企画】労務、勤怠の一元管理で業務をシンプルに!給与計算にかかる時間を圧倒的に短縮する人事労務freeeの「一元化の価値」とは?

「人事労務freee」は、中小企業を対象とするクラウド人事労務ソフトだ。市場の中では後発の部類に入るものの、同サービスは2017年のリリースからわずか3年で、有料利用企業の数を10万事業所にまで伸ばしている。中小企業から高い支持を得る理由は、ツールが分散する傾向にある労務業務を一元化できること。詳しく見ていこう。

業務アプリケーション

3年連続シェアNo.1を誇る労務管理クラウド「SmartHR」は、なぜ圧倒的な支持を得ているのか

【特別企画】3年連続シェアNo.1を誇る労務管理クラウド「SmartHR」は、なぜ圧倒的な支持を得ているのか

労務管理クラウド「SmartHR」は、ミック経済研究所がまとめる調査レポート「HRTechクラウド市場の実態と展望」において、2018年、2019年、2020年と3年続けてシェア一位の座に輝いている。登録社の数は30,000社を超え、利用継続率も99%以上に到達。なぜ同サービスは、市場から高い支持を得ているのか。

業務アプリケーション

バックオフィスから始めなければ働き方改革はうまくいかない。その理由とは?

【特別企画】バックオフィスから始めなければ働き方改革はうまくいかない。その理由とは?

新型コロナウイルス感染症へ対応すべくテレワークをスタートしたという企業は多い。しかし、それで働き方改革が進むわけでは無い。本質は、無駄な業務をなくす、あるいは効率化することで、「労働人口の減少」にあっても事業を発展させていくことにある。どうすればその歩みは進められるのか。鍵になるのは、「バックオフィス部門から "新たな生産性" を生み出す」ことだ。

業務アプリケーション

人事・労務業務の無駄を一掃! SmartHRで真のテレワークを実践

【特別企画】人事・労務業務の無駄を一掃! SmartHRで真のテレワークを実践

テレワーク環境はある、けれど「紙」「ハンコ」などを使用したアナログベースな業務があるため出社せねばならない――こうした声は、特に関係部署との手続きや申請・承認を必要とするバックオフィス業務において多く耳にする。テレワークを真に機能させるためには、環境整備だけでなく業務のデジタル化も進めていく必要がある。本稿ではバックオフィス業務に焦点をあてて、SmartHRでこれをデジタル化する方法を紹介したい。

業務アプリケーション

成長企業を支えるビズリーチの人事システム「HRMOS」

【特別企画】成長企業を支えるビズリーチの人事システム「HRMOS」

働き手の数が減少し一人ひとりの生産性向上が叫ばれる中、部門を超えて活躍する従業員を育成すること、そうして育ったハイパフォーマーの退職を防止することが、今日の企業には求められている。中途採用サービスで有名なビズリーチは、先の命題を達するための人事システム「HRMOS(ハーモス)」を提供している。2016年のリリース以降、数多くの企業で活用されている同システムについて、その魅力を紐解いていきたい。

業務アプリケーション

富士通デジタルワークショップセミナーで聞いた「本当の働き方改革実現」とその本質に迫ってみた

【特別企画】富士通デジタルワークショップセミナーで聞いた「本当の働き方改革実現」とその本質に迫ってみた

富士通マーケティング主催で「なぜ今、働き方改革が必要なのか?本当の働き方改革実現セミナー ~働き方改革の実現は「意識改革」ではなく「行動改革」と「見える化」から~」が開催された。労働力人口の減少による人手不足や少子高齢化が進み多くの課題が山積みする昨今、企業は働き方を大きく変えることが求められている今その改革に取り組む人事・総務・情報システム部門の担当者向けに、「働き方改革」の本セミナーで詳しく解説されたのでその本質に迫ってみた。

業務アプリケーション

「人に投資できるかどうか」がビジネスの成否を決める - CONVERGE TOKYO 2019

「人に投資できるかどうか」がビジネスの成否を決める - CONVERGE TOKYO 2019

コーナーストーンオンデマンドジャパンが7月10日に開催した年次イベント「CONVERGE TOKYO 2019」では、基調講演に米Cornerstone OnDemand 創業者兼CEO アダム・ミラー氏が登壇。変化の激しい現代のビジネス環境を踏まえ、企業における人材教育の重要性について語った。

ソリューション

ビズリーチ、1on1にフォーカスした人事評価クラウド「HRMOS評価」を発表

ビズリーチ、1on1にフォーカスした人事評価クラウド「HRMOS評価」を発表

ビズリーチは4月17日、人事評価クラウド「HRMOS(ハーモス)評価」をリリースしたと発表した。同サービスは近年、人材育成/評価において注目を集める「リアルタイムフィードバック」の手法の1つ「1on1」に着目したもの。1on1の面談で行われた内容の記録や、目標/行動の管理を行えるほか、MBOや360度評価、OKRなど、多くの企業で採用されている人事制度にも対応する。

業務アプリケーション

[講演資料提供] 「出勤休業」社員を減らすためにすべきこと - FiNC 長田氏

[講演資料提供] 「出勤休業」社員を減らすためにすべきこと - FiNC 長田氏

個人の業務パフォーマンスを高めるうえで大切なことは何か――。「モチベーション」「マインドセット」といったメンタルに関連した言葉が真っ先に挙がり、身体の健康管理については"おまけ"程度に考えるビジネスパーソンが多いのではないだろうか。

ソリューション

ワンダーテーブル、クラウド人材管理の「カオナビ」を導入 - 評価期間を短縮 [事例]

ワンダーテーブル、クラウド人材管理の「カオナビ」を導入 - 評価期間を短縮 [事例]

カオナビ社は11月15日、ワンダーテーブルがクラウド人材管理ツール「カオナビ」を導入したと発表した。

業務アプリケーション

大塚製薬、グローバル人事システム「Workday HCM」を導入 [事例]

大塚製薬、グローバル人事システム「Workday HCM」を導入 [事例]

ワークデイは11月6日、大塚製薬がグローバル人事システム「Workday ヒューマン キャピタル マネジメント(HCM)」を導入したと発表した。

業務アプリケーション

「私、承認欲求強めなんです」 - サイバーエージェントが明かす、イマドキの採用事情

「私、承認欲求強めなんです」 - サイバーエージェントが明かす、イマドキの採用事情

SNS世代が就職・転職活動をするようになり、求職者の傾向は大きく変わっている。今、企業に求められる採用活動とはどういったものなのか。サイバーエージェント 曽山氏の話をご紹介する。

ソリューション

Workdayで人事の刷新に挑む日産 - 最新動向と成功のポイント

Workdayで人事の刷新に挑む日産 - 最新動向と成功のポイント

企業にとって大きな資産でありコスト源でもある人材。人手不足の今、効果的な活用がさらに重要になっている。「目指す人事は『ヒューマンキャピタル・サプライチェーン』」と語るのは、日産自動車 グローバルデジタルHR部門ゼネラルマネージャー ラジュ・ヴィジェイ氏。クラウド型人事ソリューション「Workday HCM」を導入し、グローバルで統一したタレントマネジメントを進めてきた人物だ。米Workdayが10月初めに米ラスベガスで開催した「Workday Rising 2018」にて、同氏に話を聞いた。

ソリューション

139 件中 1~20件目を表示中

139 件中 1~20件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る