マイナビニュースマイナビ

「金融業界」関連記事一覧

90 件中 1~20件目を表示中

金融業界で進むAI活用の"今" - 三菱UFJ信託/三井住友ファイナンス&リース

金融業界で進むAI活用の"今" - 三菱UFJ信託/三井住友ファイナンス&リース

機械学習の自動化プラットフォーム「DataRobot」を展開するDataRobot社は11月10日、メディア向け説明会「金融業界におけるAI活用の重要性とDX推進の現在地」を開催。三菱UFJ信託銀行、三井住友ファイナンス&リース(以下、SMFL)からAI活用を推進する担当者らが登壇し、AI導入のインパクトや社内でAI活用を進めるための勘所などについて語った。

ソリューション

MaaSとペイメントの観点から地域をサポート - トヨタファイナンスが描く未来とは

MaaSとペイメントの観点から地域をサポート - トヨタファイナンスが描く未来とは

インフキュリオンは10月18日~22日、「Embedded Finance」をテーマにしたオンラインカンファレンス「Embedded Finance Week 2021」を開催した。企業が顧客に提供するサービスに金融機能を組み込むEmbedded Financeは、デジタル化を起点としたビジネスの潮流の一つとなっている。本稿ではカンファレンスから、トヨタグループ国内唯一の金融会社であるトヨタファイナンスの取り組みについてレポートする。

ソリューション

「もはやDXは不可欠」- 顧客体験向上に向け、MUFGが実践する「3つの取り組み」

「もはやDXは不可欠」- 顧客体験向上に向け、MUFGが実践する「3つの取り組み」

SAS Institute Japanは10月21日、年次カンファレンス「SAS FORUM JAPAN 2021」をオンラインにて開催した。「NEW DAY. NEW ANSWERS. INSPIRED BY CURIOSITY」をテーマに掲げた今回は、金融や製造、小売・流通などさまざまな業種からDXを積極的に推進する企業が登壇。最新のコンセプトや技術、事例の数々が紹介された。そのなかから本稿では、三菱UFJ銀行 デジタルサービス推進部 担当部長 上場庸江氏が登壇した講演「MUFGがめざす顧客体験の変革」の模様をレポートする。

マーケティング

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

健康増進型保険「Vitality」で住友生命保険が目指す新しい生保の形

設立114年を迎える住友生命保険相互会社が、2018年に販売を開始した「Vitality」でデジタルの活用を進めている。同社 Vitality戦略部 部長 西野貴智氏によれば、"健康増進型"というこれまでの保険商品とは異なる特徴を持ち、社会課題の解決にも繋がるという。

ソリューション

キャッシュレス社会の顧客理解と変化への対応策 - 三井住友カードのデータ分析支援サービスとは?

キャッシュレス社会の顧客理解と変化への対応策 - 三井住友カードのデータ分析支援サービスとは?

2021年7月14日に開催された「TECH+ EXPO 2021 Summer for データ活用」において、三井住友カード データ戦略部 グループ長の細谷友樹氏が登壇。『「キャッシュレスデータ」から読み解く消費行動の変化とアクション』と題して、三井住友カードにおけるデータ戦略とキャッシュレスデータを活用したデータ分析支援サービス「Custella(カステラ)」を紹介した。

ソリューション

スマートでゆとりある顧客接点を創造―常陽銀行における新アプリを基点としたDXとは

スマートでゆとりある顧客接点を創造―常陽銀行における新アプリを基点としたDXとは

2021年7月15日に開催された「TECH+ EXPO 2021 Summer for データ活用 イノベーションを創る」の特別講演に、常陽銀行 ダイレクト営業部 次長 丸岡 政貴氏が登壇。「常陽銀行における新アプリを基点としたDXへの挑戦」と題して、常陽銀行が新たにリリースしたスマホアプリを中心とした同行のデータ活用とDXの取り組み事例を紹介した。

ソリューション

限度額3000万円の法人カードなどを発表 - freeeが新戦略

限度額3000万円の法人カードなどを発表 - freeeが新戦略

freeeは6月22日、都内で新戦略発表会を開催し、発表会には同社 CEOの佐々木大輔氏らが出席した。

クラウド

QRコード決済の利用率が全年齢層で10%以上増加 - インフキュリオン「決済動向調査2021年4月調査」

QRコード決済の利用率が全年齢層で10%以上増加 - インフキュリオン「決済動向調査2021年4月調査」

インフキュリオンは6月9日、キャッシュレス決済の利用動向を調査した「決済動向調査2021年4月調査」の結果を発表した。記者説明会には、インフキュリオン コンサルティングマネジャー 森岡剛氏が登壇。調査結果を基に、日本の決済サービス利用の全体傾向や消費者のデジタルサービス利用動向などについて解説した。

ソリューション

ファーストリテイリングとNTTデータのGoogle Cloud活用策とは

ファーストリテイリングとNTTデータのGoogle Cloud活用策とは

グーグル・クラウド・ジャパンは5月25日、オンラインでファーストリテイリングとNTTデータのGoogle Cloud活用によるDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みに関する記者説明会を開いた。

クラウド

グローバル決済プラットフォームのAdyenが日本でアクワイアリング機能の提供を開始

グローバル決済プラットフォームのAdyenが日本でアクワイアリング機能の提供を開始

グローバル決済プラットフォームを提供するオランダのAdyen(アディエン)は5月19日、同社プラットフォームのアクワイアリング機能を日本市場でも展開することを発表した。Adyenは、単一の決済プラットフォーム上でゲートウェイからリスクマネジメント、アクワイアリングといった決済フローを管理するというもの。すでにMicrosoft、Foodpanda、VanMoof、Breitling、G-Starが加盟企業に名を連ねており、日本では現在、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners、Discover、UnionPayのアクワイアリングに対応する。

マーケティング

4年半越しのソニーグループ横断型開発プロジェクトはいかにして実を結んだか? - AIを活用した自動車保険「GOOD DRIVE」

4年半越しのソニーグループ横断型開発プロジェクトはいかにして実を結んだか? - AIを活用した自動車保険「GOOD DRIVE」

今年3月にリリースされた運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE」は、スマートフォンの専用アプリによって計測された運転特性データをAIが分析し、ドライバーの事故リスクを算出。事故リスクが低いドライバーに対して保険料の最大30%がキャッシュバックされるというサービスだ。ソニー、ソニー損害保険、およびソニーネットワークコミュニケーションズの3社が会社の枠を超えて共同で開発を進めた同サービスの開発秘話を聞いた。

ソリューション

レガシーからDX人材への変換には何が必要か? - 住友生命のDX人材育成術

レガシーからDX人材への変換には何が必要か? - 住友生命のDX人材育成術

DX型の保険商品「Vitality」の開発を通して、DX人材に必要な資質、能力、知識とは何かを知ることができた――住友生命保険 情報システム部担当部長 兼 代理店事業部担当部長 岸和良氏はこう語る。現在では、これらを数値化することで、DXプロジェクトに向く人を選抜し、育成する取り組みも行っているという。7月29日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「失敗と挑戦から導くDX促進の方法論」にて、岸氏がその詳細を明かした。

ソリューション

「世界一止まらないATM」はいかにして生まれたか? セブン銀行のAI×データ活用

「世界一止まらないATM」はいかにして生まれたか? セブン銀行のAI×データ活用

新世代ATMをはじめとする"破壊的イノベーション"を起こし続けるセブン銀行は、どのようにテクノロジーを活用しているのか。7月9日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 Summer for データ活用」では、セブン銀行 専務執行役員 松橋正明氏が登壇。自らが率いるセブン・ラボにおけるAI×データ活用の全容を語った。

ソリューション

SOMPOが「保険が必要ない世界」を目指すのはなぜか? ニューノーマル時代のDX戦略

SOMPOが「保険が必要ない世界」を目指すのはなぜか? ニューノーマル時代のDX戦略

7月9日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Summer for データ活用~不確実性の時代に求められるデータ戦略~」には、SOMPOホールディングスでDXの指揮を執るグループCDO 執行役常務 楢﨑浩一氏が登壇。「DX or Die」と題し、同社におけるDX戦略について語った。

ソリューション

DX時代に、最適な基盤を提供するハイエンドストレージ「PowerMax」の実力とは

【特別企画】DX時代に、最適な基盤を提供するハイエンドストレージ「PowerMax」の実力とは

2019年10月に登場したDell EMCの新しいハイエンドストレージ「PowerMax」が高い関心を集めている。ハイエンドストレージとして初めてNVMe over Fabricとストレージクラスメモリ(SCM)に対応したことで、圧倒的なパフォーマンスと可用性を実現したことが特徴だ。

ストレージ

新生銀行がデジタル技術とデータ活用で挑む新しいビジネスのかたちとは?

新生銀行がデジタル技術とデータ活用で挑む新しいビジネスのかたちとは?

12月13日に都内で開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」では、新生銀行 常務執行役員 兼 株式会社アプラス 代表取締役社長 清水哲朗氏が登壇。「新生銀行が目指す『価値共創型ビジネス』とは」と題し、同社が取り組む金融機能のプラットフォーム化と価値共創に向けた事業戦略を解説した。

ソリューション

金融データの可視化は人に何をもたらすか? - マネーフォワードの取り組み

金融データの可視化は人に何をもたらすか? - マネーフォワードの取り組み

去る12月13日、「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」が都内にて開催された。9つ用意されたKeynoteの1つには「金融データが行動を変える」と題し、マネーフォワード 取締役執行役員 マネーフォワード Fintech 研究所長 瀧俊雄氏が登壇。同社が「行動変容」に対してどのように金融データを活用しているか、その取り組みについて紹介した。

ソリューション

三菱UFJ信託銀行はAI導入の「落とし穴」をどうやって乗り越えたのか?

三菱UFJ信託銀行はAI導入の「落とし穴」をどうやって乗り越えたのか?

DataRobot社は11月20日、プライベートカンファレンス「AI Experience 2019 Tokyo」を都内にて開催した。「AIで成功した先進企業ではビジネスにどんな変化が起こっているのか」をテーマに掲げた同カンファレンスでは、さまざまな分野から機械学習を活用したビジネス変革を推し進める企業が登壇し、その知見が語られた。

ソリューション

セブン銀行の挑戦から学ぶ、AI導入とオープンイノベーション実現の秘訣

セブン銀行の挑戦から学ぶ、AI導入とオープンイノベーション実現の秘訣

2万5千台を超えるATMを運営するセブン銀行は、新決済事業者との提携や電子マネーチャージなど、他のATMにはない独自のサービスを展開してきた。7月31日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Summer for データ活用」の基調講演では、サービスを次々生み出すためのデータ活用手法やオープンイノベーションの取り組みについて、同行 専務執行役員 松橋正明氏が紹介した。

マーケティング

Web-EDIの受注業務をRPAで自動化し働き方改革を推進

【特別企画】Web-EDIの受注業務をRPAで自動化し働き方改革を推進

専用環境を必要とせず、Webブラウザを通じて手軽に取引が可能なWeb-EDIは、急速に普及してきた。さらに2024年に迫った固定電話網からIP網への切り替えによって、EDI取引への移行が各業界で推奨/検討されている。そんななか注目されているのが、企業間取引を支援するEDI/FAX統合サーバー「Biware EDI Station 2」だ。

業務アプリケーション

90 件中 1~20件目を表示中

90 件中 1~20件目を表示中

ページの先頭に戻る