「DDoS攻撃」関連記事一覧

41 件中 21~40件目を表示中

同志社女子大学、ネットワーク機器を「F5 BIG-IP」に集約 - 管理負荷を軽減 [事例]

同志社女子大学、ネットワーク機器を「F5 BIG-IP」に集約 - 管理負荷を軽減 [事例]

F5ネットワークスジャパンは1月10日、同志社女子大学がロードバランサなどのネットワーク機器を「F5 BIG-IP(以下 BIG-IP)」に集約するとともに、学内のシングルサインオン(SSO)基盤を「BIG-IP Access Policy Manager(APM)」で構築したと発表した。

ネットワーク機器

サイトを狙った攻撃には多層防御で備えろ! あなたの会社は大丈夫?

【特別企画】サイトを狙った攻撃には多層防御で備えろ! あなたの会社は大丈夫?

Webサイトを狙ったサイバー攻撃で最近増えているのが、企業ネットワーク上に導入す...

セキュリティ

サイバー攻撃最前線! 巧妙化する標的型攻撃とIoT機器のマルウェア感染事情

サイバー攻撃最前線! 巧妙化する標的型攻撃とIoT機器のマルウェア感染事情

日本HPは10月25日、モバイルファースト時代のセキュリティ対策と最新技術を紹介するセミナー「熾烈化する攻撃に対抗せよ! 今こそ日本企業に必要な情報セキュリティ対策最前線」を開催した。ここでは、「猛威を振るう標的型攻撃の実態と、今後の予想されるサイバー攻撃最新情報」と題して行われた横浜国立大学 大学院環境情報研究院/先端科学高等研究院 准教授 吉岡克成氏による講演のもようをレポートする。

セキュリティ

中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント

【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント

今や中堅・中小企業もサイバー攻撃の目標にされる時代。多くの中堅・中小企業もセキュリティ対策の重要性を認識し対策を実施しているが、自社だけでは人材面、費用面での課題が多く、十分な対応ができていないのが現状だ。しかし、従来の大規模企業が実施するセキュリティ対策は、人材面、費用面で課題を抱える中堅・中小企業にとっては、実施するのに現実的でないものばかりだ。しかも、既に実施している対策を無視して、2重の投資を強いるものも......今こそ中堅・中小企業に特化した対策が求められている。

セキュリティ

DDoSの脅迫に屈するな! 従えばエスカレート! - 情報セキュリティEXPO 春

DDoSの脅迫に屈するな! 従えばエスカレート! - 情報セキュリティEXPO 春

5月11~13日、「情報セキュリティEXPO 春」が開催された。5月11日に行われたセミナーでは、インターネットイニシアティブ サービスオペレーション本部 セキュリティ情報統括室 シニアエンジニア 根岸征史氏が登壇。「国内外における最新のサイバー攻撃の実態とその動向」と題し、最近のサイバー攻撃から気になる動向や、今後対応するうえで注力すべきポイントについて言及した。

セキュリティ

猛威をふるう身代金ウイルス、業種ターゲット拡大も - キヤノンITS

猛威をふるう身代金ウイルス、業種ターゲット拡大も - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)はセキュリティソリューションベンダーとしての長年培ってきた情報収集能力とマルウェア解析能力を活かした「マルウェア解析サービス」を7月より開始する。費用は月額制の35万円と、都度スポット解析検体一件あたり10万円の二種類となっている。月額制の場合は、月4検体まで対応可能で、翌月繰越は行われない。

セキュリティ

【レポート】未知の攻撃を受け、すぐに情報公開を決断したイーブックイニシアティブジャパン-根底にあるのは、ユーザーへの思い

【レポート】未知の攻撃を受け、すぐに情報公開を決断したイーブックイニシアティブジャパン-根底にあるのは、ユーザーへの思い

国内有数の電子書店「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブジャパンは、2013年4月2日から4月5日にかけてアカウントリスト型攻撃を受けた。同じ攻撃の前例がほとんどないなか、攻撃手法と原因を迅速に突き止めるとともに、詳細な情報をほぼリアルタイムで公開したことなどが評価され、今年2月に開催された『セキュリティ事故対応アワード』で優秀賞を受賞するに至った。

セキュリティ

【レポート】事後にこそ問われる、企業の真価-セキュリティ BIG 5が選ぶ セキュリティ事故対応アワード

【レポート】事後にこそ問われる、企業の真価-セキュリティ BIG 5が選ぶ セキュリティ事故対応アワード

マイナビニュースは2月24日、「セキュリティ BIG 5が選ぶ セキュリティ事故対応アワード」を開催した。同アワードは、不幸にもセキュリティ事故/攻撃に遭ってしまったものの、その後の対応が素晴らしかった企業・団体を表彰するものだ。

セキュリティ

【第1回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第1回】情報セキュリティ事故対応アワード

IT Search+では、不幸にもセキュリティ事故に遭ってしまったものの、その後の対応が素晴らしかった企業・団体を表彰する『セキュリティ事故対応アワード』を開催いたしました。国内セキュリティ業界で影響力のある有識者5人を審査員に迎え、100を超えるインシデントを調査。主に説明責任/情報開示に焦点を当て、対応の素晴らしかった企業3社を選定。いずれもユーザーファーストで行動した素晴らしい企業ばかり。ぜひ模範事例として参考にしてください。

セキュリティ

「非・標的型攻撃」!? 関係ない組織まで狙うハクティビストの狙いとは?

【特別企画】「非・標的型攻撃」!? 関係ない組織まで狙うハクティビストの狙いとは?

ここ最近、空港や出版・メディア関連のWebサイトをダウンさせる攻撃が目立ってきている。ターゲットとされる組織の間に関連性は薄いように見えるが、それこそが攻撃者の狙いである、とも言える。本ドキュメントでは、一連の攻撃について、その犯人の目的とメッセージ、具体的な被害について述べる。

セキュリティ

パスワードリスト攻撃も防御可能! "真の"多層防御のかたちを示す

【特別企画】パスワードリスト攻撃も防御可能! "真の"多層防御のかたちを示す

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用の現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意」と題するセミナーが都内で開催された。

セキュリティ

IPSやFWだけでは守れない - 進化する攻撃からWebサイトを防衛する方法を探る

【特別企画】IPSやFWだけでは守れない - 進化する攻撃からWebサイトを防衛する方法を探る

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、ハードウェア/ソフトウェアの両面において常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意」と題するセミナーが都内で開催された。セミナーではNSFOCUSジャパンのプロダクト マネージャ、佐藤剛氏が登壇し「Webアプリケーションへの脅威最新事情」というテーマでセッションを行った。

セキュリティ

Zeus GameOverもキルチェーンで捉えよ、「2014年度版 Websense脅威レポート」が公開

【特別企画】Zeus GameOverもキルチェーンで捉えよ、「2014年度版 Websense脅威レポート」が公開

世界規模で100万にもおよぶコンピューターへの感染、インターネットバンキングのパスワード窃取による1億ドルを越えると推測される損失も懸念されるZeusの亜種GameOver。米司法省や米国連邦捜査局をはじめ、各国機関も連携するなど大規模な活動停止作戦が行われている。コマンド&コントロール(C&C)によるDDoS攻撃など複雑な構造で被害を拡大させている。セキュリティベンダーであるWebsenseが、このGameOverに関する考察をオフィシャルブログに掲載している。

セキュリティ

『「マルウェア対策」スマートデバイスに求められるセキュリティ「4つのポイント」』 - チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ 【Business Conference 2014】

【特別企画】『「マルウェア対策」スマートデバイスに求められるセキュリティ「4つのポイント」』 - チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ 【Business Conference 2014】

より高度化、凶悪化したインターネット上の脅威が、企業にとって深刻なセキュリティリスクとなりつつある。こうした脅威への対応は、企業での利用が広がるスマートデバイスにも必要だ。

セキュリティ

【ボット感染率63%】会社組織の現実 - これからのセキュリティは「多層防御」が鍵

【特別企画】【ボット感染率63%】会社組織の現実 - これからのセキュリティは「多層防御」が鍵

増え続けるネットワーク・セキュリティの課題に対し、企業が信頼性を失うことなく事業を継続していくには、何が必要なのだろうか?インターネット・セキュリティのリーディングカンパニーであるチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(以下、チェック・ポイント社) シニア・システムズ・エンジニア 安藤 正之氏から、拡大を続ける脅威の現状と、それに対する効果的な対策が語られた。

セキュリティ

【標的型攻撃対策の秘訣!】 ソーシャルエンジニアリングの知識を深めよう

【特別企画】【標的型攻撃対策の秘訣!】 ソーシャルエンジニアリングの知識を深めよう

巧妙化・深刻化する標的型攻撃。その根底には、人の心の隙を狙って情報入手を行うソーシャルエンジニアリングがある。標的型攻撃に対処するためには、まずソーシャルエンジニアリングについての理解が必要だ。

セキュリティ

リソース量を最低限に抑えつつ標的にダメージを与えるDDoS攻撃が流行 - NSFOCUS 2013年上半期 DDoS脅威レポート

【特別企画】リソース量を最低限に抑えつつ標的にダメージを与えるDDoS攻撃が流行 - NSFOCUS 2013年上半期 DDoS脅威レポート

分散型サービス拒否(DDoS)攻撃の検知・軽減を専業とするセキュリティベンダーNSFOCUS社。同社はNSFOCUSクラウドセキュリティセンターのデータに基づいたDDoS攻撃の動向と流行を、「2013年上半期のDDoS脅威レポート」としてまとめており、そこでは興味深い情報が見て取れる。

セキュリティ

「アノニマス」はあなたの会社も狙っている!? ~最新のサイバー攻撃には先手必勝で対抗すべし~

【特別企画】「アノニマス」はあなたの会社も狙っている!? ~最新のサイバー攻撃には先手必勝で対抗すべし~

「アノニマス」は、ただ自らの技術をひけらかしたり、あるいは金銭の窃取のみを目的とした従来のハッカーとは根本的に異なる、政治的・社会的主張を伴った「ハクティビスト」と呼ばれる新しいタイプの攻撃者の代表的な集団である。彼らがその名を世界中に知らしめるきっかけとなったのが、2010年に行われた、「オペレーション・ペイバック」と呼ばれる一連の攻撃だ。こうしたDoS/DDoS攻撃への対抗手段はいかにすべきか? その手段を解説する。

セキュリティ

情報漏えい事件の平均賠償額は約1億3000万円! 事件が頻発する本当の背景と有効な対策を解説

【特別企画】情報漏えい事件の平均賠償額は約1億3000万円! 事件が頻発する本当の背景と有効な対策を解説

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査によると、2011年に発生した個人情報漏えいインシデントの件数は1551件で漏えい者数は628万4363人となっており、想定損害賠償額は1899億7378万円にも及ぶ。情報漏えいインシデント1件あたりの想定損害賠償額も1億2810万円となる。企業の信用が大きく失墜してしまうおそれもある不正アクセスの脅威に対応するためには、

セキュリティ

複雑さを増すDDoSの脅威 攻撃手法の実態を知り、対策の現実解を探る

【特別企画】複雑さを増すDDoSの脅威 攻撃手法の実態を知り、対策の現実解を探る

数千・数万規模のコンピュータを踏み台として操り、ターゲットのサイト/サーバーをダウンさせるDDoS攻撃(Distributed Denial of Service Attack:分散サービス拒否攻撃)。本稿では、昨今の主要なDDoS攻撃手法を取り上げた後、企業がなすべき対策の現実的なアプローチを紹介・解説する。

セキュリティ

41 件中 21~40件目を表示中

41 件中 21~40件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る