「BYOD」関連記事一覧

関連キーワード:

24 件中 1~20件目を表示中

教育機関のセキュリティ課題に立ち向かう、簡単・効果的に活用できる脅威インテリジェンス

【特別企画】教育機関のセキュリティ課題に立ち向かう、簡単・効果的に活用できる脅威インテリジェンス

教育機関では、数多くの学生や保護者に関する情報を扱う必要があり、一般企業よりも多くの個人情報を管理しているケースも少なくない。そのため、サイバー攻撃のターゲットになりやすく、セキュリティ対策の強化が喫緊の課題となっている。

ネットワークセキュリティ

すかいらーく、ガスト全店舗の従業員マニュアルを「Teachme Biz」で共有

すかいらーく、ガスト全店舗の従業員マニュアルを「Teachme Biz」で共有

すかいらーくとスタディストは2月5日、すかいらーくが展開するファミリーレストラン「ガスト」全1,367店舗(2018年1月31日時点)に、スタディストのマニュアル作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz」を導入したと発表した。

ソリューション

エンドポイントにフォーカスせよ! 働き方改革で目を向けるべきは「人」

エンドポイントにフォーカスせよ! 働き方改革で目を向けるべきは「人」

ガートナー ジャパンは10月31日~11月2日、都内で「Gartner Symposium/ITxpo 2017」を開催。本稿では、11月2日に同社 リサーチ部門 主席アナリストの針生恵理氏が登壇した講演「働き方改革をエンドユーザー・テクノロジでドライブせよ」の模様をレポートする。

ソリューション

企業は積極的なチャレンジを! ICTが切り開くヘルスケア・医療分野の可能性

企業は積極的なチャレンジを! ICTが切り開くヘルスケア・医療分野の可能性

去る4月19日から21日、東京・ビッグサイトにて開催された「ヘルスケアIT 2017」では、有識者による各種専門セミナーが多数実施され、ヘルスケア・医療分野におけるICTを活用したさまざまな取り組みや事例などが紹介された。ここでは、「ヘルスケア・医療のICT最前線2017」と題して行われた東京慈恵会医科大学 先端医療情報技術研究講座/脳神経外科学講座の准教授、髙尾洋之氏による講演の模様をお届けしよう。

ソリューション

シャドーIT対策もBYOD対応もこれで解決!「SME Enterprise」が選ばれる理由

【特別企画】シャドーIT対策もBYOD対応もこれで解決!「SME Enterprise」が選ばれる理由

「どうして今までなかったのか」......。仕事やプライベートで、複数のストレージサービスを利用している人は多いはず。しかし、たとえば会社では利用規定上「box」を、プライベートでは「Dropbox」などそのほかのサービスを、といったように複数のサービスにデータが散在して使い勝手が悪くなっている人も多いのではないだろうか。しかも、IT管理者としては"シャドーIT"をされてしまう危険もはらんでいる。もし、すべてのストレージサービスを一括かつ安全に利用できたら......。

クラウド

メーカーや金融機関など20社の事例に学ぶ! セキュアなモバイル環境構築例

【特別企画】メーカーや金融機関など20社の事例に学ぶ! セキュアなモバイル環境構築例

今回マイナビニュースでは、MDM(モバイル端末管理)の進化形として位置づけられるEMMツールを提供するモバイルアイアン・ジャパンの導入事例資料を掲載する。経営企画や情報システムの担当者にはご参考いただきたい。

業務アプリケーション

日本はモバイル後進国!? HPE Aruba、モビリティ環境と業績の関係性を調査

日本はモバイル後進国!? HPE Aruba、モビリティ環境と業績の関係性を調査

HPE Arubaは5月19日、英エコノミスト誌調査部門が実施したグローバル調査「職場におけるモビリティ環境と生産性」の調査結果を発表した。同調査は今年3月、世界9カ国(米国、英国、ドイツ、フランス、UAE、ANZ、シンガポール、日本)の18歳以上のフルタイム労働者1,865名を対象に行われたもので、うち日本から回答したのは237名となっている。

ネットワーク機器

クライアント証明書でセキュアな環境を構築! 機密情報を低コストで管理

【特別企画】クライアント証明書でセキュアな環境を構築! 機密情報を低コストで管理

クラウドにより、ITはより柔軟に、よりコストを押さえて展開できるようになったが、セキュリティ面や認証面では未だ多くの不安を抱えている。多くのサービスがIDとパスワードによる認証のみであったり、サービス毎に任意のパスワードを使用していたりといった点から、フィッシングや不正利用といったリスクが存在するからだ。またスマートフォンなどのツールも、認証の部分で大きなリスクを抱えている。そんな中、システム管理者の注目を集めているのが「クライアント証明書」サービスだ。

セキュリティ

クラウドが当たり前になりつつある今、BYODを効果的に運用できるサービスはどれ?

【特別企画】クラウドが当たり前になりつつある今、BYODを効果的に運用できるサービスはどれ?

個人端末を業務で利用するBYOD(Bring Your Own Device)の実現には、情報漏えいを防ぐためのセキュリティーとコスト、そして効果的に運用するための仕組みを考える必要がある。その仕組み作りを実現するため、株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは3つのスマートデバイスサービスを提供している。

セキュリティ

社員のモバイル端末は安全か? モバイルセキュリティ対策5つの落とし穴とは?

【特別企画】社員のモバイル端末は安全か? モバイルセキュリティ対策5つの落とし穴とは?

2015年9月に発生した、公式AppStore経由でのiOSマルウェアのアウトブレイクについてはまだ耳に新しいのではないか。Androidだけでなく、iOSを狙ったモバイル脅威が増加している中、モバイルセキュリティ対策はMDM(デバイスマネジメント)だけで十分だろうか? そこには5つの落とし穴が存在する。

セキュリティ

金融機関勤務者の10人に4人がデータを消失? モバイル世代のリスクをどう考えるか

【特別企画】金融機関勤務者の10人に4人がデータを消失? モバイル世代のリスクをどう考えるか

ハードウェアからソフトウェアまで"モバイル"をキーワードに世界的にソリューションを展開するアルバネットワークスが、モバイル世代「#GenMobile」における、組織上のリスクについてのグローバル調査「Running the Risk」(リスクを管理する)を公開している。

セキュリティ

国内500,000以上のリモートユーザが利用中! "ユーザ数激増"のセキュア・アクセス・ゲートウェイ

【特別企画】国内500,000以上のリモートユーザが利用中! "ユーザ数激増"のセキュア・アクセス・ゲートウェイ

モバイルワークやBYOD環境を最小コストで構築できるセキュア・アクセス・ゲートウェイ「Array AGシリーズ」についてご紹介。Array AGシリーズを使えば、SSL-VPNによるセキュアなリモートアクセス環境が簡単に構築できる!

ネットワーク機器

1台のスマホで個人と仕事をハッキリ区別! BYOD導入成功の秘訣は、実績多数の「モバイルチョイス」

【特別企画】1台のスマホで個人と仕事をハッキリ区別! BYOD導入成功の秘訣は、実績多数の「モバイルチョイス」

個人所有の端末を仕事で使用する、BYOD(Bring Your Own Device)を採用しワークスタイルの変革を目指す企業は多い。「音声通話」の用途で、個人の携帯電話を活用したい が、実際の運用にあたり「通話料金の精算はどうなる?」「端末紛失時、取引先の情報は漏洩しないのか?」などの不安もあるはずだ。「モバイルチョイス」ならこれらをすべて解消できる。

業務アプリケーション

10分の1以下にデータ削減! だから実現できる「オールフラッシュVDI」

【特別企画】10分の1以下にデータ削減! だから実現できる「オールフラッシュVDI」

システム管理の負担を大幅に軽減し、セキュリティ対策やBYOD推進のためのIT基盤として注目を集めているVDI(デスクトップ仮想化)だが、導入を検討し始めてみて、そのハードルの高さにガッカリしたという読者もいるだろう。2014年5月、そのハードルを大幅に引き下げ、VDIを「現実的な選択肢」とする製品が、ピュア・ストレージ・ジャパンから発表された。

サーバ/ストレージ

どのようなテクノロジーを用いるにしても通信のトラフィックの最適化が重要 - リバーベッドテクノロジー【Business Conference 2014】

【特別企画】どのようなテクノロジーを用いるにしても通信のトラフィックの最適化が重要 - リバーベッドテクノロジー【Business Conference 2014】

スマートデバイス時代の通信においては、距離に伴う通信の遅延がネックとなってくる。距離による遅延の問題は、どれだけ帯域幅のある回線を用いても単純には解消されず、改善には限界があることをご存じだろうか。

ネットワーク機器

数年先を見据えた企業内無線LANインフラを - アルバネットワークス 【Business Confernce 2014】

【特別企画】数年先を見据えた企業内無線LANインフラを - アルバネットワークス 【Business Confernce 2014】

スマートデバイス時代に突入しつつある現在、企業内の無線LANインフラには、かつて考えられなかったほどのトラフィックが集中するようになり、多種多様な通信が行われるようになってきている。これからのスマートデバイス時代、この無線LANインフラにはどのような要件が求められ、どのような構成が妥当となるのか。

ネットワーク機器

"公私分計"とクラウド電話帳でBYODの悩みも解決 - フュージョン・コミュニケーションズ 【Business Conference 2014】

【特別企画】"公私分計"とクラウド電話帳でBYODの悩みも解決 - フュージョン・コミュニケーションズ 【Business Conference 2014】

スマートフォンの急速な普及を背景にBYODが着実な広がりを見せている。ただし、BYODでは業務での通話料金も社員に請求がいくため、通話料金の社内精算処理が煩雑になりがちだ。この問題を解決し、さらにBYODの普及を加速させる最新サービスを解説。

業務アプリケーション

米国政府機関、米国陸軍、大手企業など、世界が認めた "WhatsUpGold" とは

【特別企画】米国政府機関、米国陸軍、大手企業など、世界が認めた "WhatsUpGold" とは

サイバー攻撃に伴う情報漏えい事件などが日々世間を騒がせている。さらに昨今では、BYOD(Bring Your Own Device:私有端末の業務利用)に代表されるように業務でスマートデバイスを使用するのが当たり前となりつつあり、利便性が向上する一方で企業のネットワークが抱えるリスクはますます増大している。しかしながら、コストにも人的リソースにも限界がある企業にとって本当に必要なのは、"あれもこれもやりましょう"といった理想論に基づいたセキュリティ対策ではなく、自社の安全と信頼を守るために最低限必要となる現実的なセキュリティ対策を早期に実施することではないだろうか。

セキュリティ

BYOD時代にMDMの必要無し!? 目からウロコのモバイル端末管理を実現

【特別企画】BYOD時代にMDMの必要無し!? 目からウロコのモバイル端末管理を実現

スマートフォンを含めた携帯電話の普及は、仕事のあり方を大きく変えつつある。今やいつでもどこにいても業務上のコミュニケーションが可能となっており、ワークスタイルにも変革をもたらしているのである。しかし、携帯電話やスマートフォンを業務で使用するには大きなリスクも伴う。なかでも多大な被害につながりかねないのが情報漏洩だ。本稿ではそんなセキュリティ上の企業が抱える悩みを、XePhion コールスマートセキュリティがどのようにして解消できるのかを見てみることにしよう。

業務アプリケーション

MDM市場をリードする「MobiConnect」で進化するスマートデバイスの運用法

【特別企画】MDM市場をリードする「MobiConnect」で進化するスマートデバイスの運用法

スマートフォンやタブレットを使いこなすビジネスパーソンをよく見かけるようになった。メールだけでもスマートフォンから利用できれば、ビジネスの幅は広がるし、タブレットからファイルサーバにアクセスできれば、急なプレゼンの要求にもすぐに起動して対処できる。本稿では、2年連続MDM市場で占有率第一位(※)となっているインベンティットの「MobiConnect」の運用方法を紹介しよう。

セキュリティ

24 件中 1~20件目を表示中

24 件中 1~20件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る