「勤怠管理」関連記事一覧

27 件中 1~20件目を表示中

働き方改革の第一歩、安心のパナソニックブランドで"ムダ"を徹底排除

【特別企画】働き方改革の第一歩、安心のパナソニックブランドで"ムダ"を徹底排除

2016年に「働き方改革」が提唱されて以来、業務の見直しや効率化への取り組みは加速度を増している。「働き方改革」のポイントは「法改正による時間外労働の上限規制の導入」だ。違反時には「ブラック企業」のレッテルが貼られてしまい、業績、ブランドイメージ、採用活動などに大きな影響を及ぼすことになってしまう。

業務アプリケーション

事例でわかる、利用シーンが広がる"顔認証"ソリューションの導入効果

【特別企画】事例でわかる、利用シーンが広がる"顔認証"ソリューションの導入効果

創業150年の歴史を持つ造船メーカーである神例造船では、協力会社作業員の出退勤管理に静脈認証を利用していたが、冬場は寒さの影響で血管が収縮し静脈が読み取りにくくなり、約25%の作業員に認証エラーが起きていた。そのため、認証されなかった作業員は出退勤時刻を所定の紙に記入し、それを管理部門の担当者が勤怠管理システムへ手入力しなければならなかったという。

業務アプリケーション

女性社員100%の企業を支えたスーパーフレックスな働き方改革とは

【特別企画】女性社員100%の企業を支えたスーパーフレックスな働き方改革とは

国内最大の美容ポータルサイトであり、多くの女性の美容情報のよりどころ「@cosme」。それを運営するのがアイスタイルグループだ。そのグループ企業の一つであるISパートナーズは、一風変わった大きなミッションを背負って、2016年3月に設立された。そのミッションとは「さまざまなライフステージに立つ女性が活躍できる機会を創出すること」。そして、そのチャレンジに不可欠だったのが"TeamSpirit"だ。

IT Search+

グローバル対応、厳格なセキュリティ、複雑な勤務体系、そのすべてをクリアする勤怠管理システムとは

【特別企画】グローバル対応、厳格なセキュリティ、複雑な勤務体系、そのすべてをクリアする勤怠管理システムとは

エボニック ジャパンは、国内では三菱マテリアルやシオノギ製薬、ダイセル化学といった企業との合弁企業を設立し、化学品の研究開発から製造・販売までを行うドイツの企業だ。同社はスペシャリティケミカルの製造業であり、開発にとても力を入れており、基本的にはニッチなところの1位を取っていく、というビジネスを行っている。そのため、セキュリティには極めて厳しく、これまでは"外部のシステム環境に自社のデータを置いてはならない"という考え方が貫かれていた。それでもクラウドシステムである「TeamSpirit」とファミリー製品をフルセットで導入したのはなぜなのか。

クラウド

有力メディア企業の取り組む人事制度改革は、どのように長時間労働是正を実現させたのか

【特別企画】有力メディア企業の取り組む人事制度改革は、どのように長時間労働是正を実現させたのか

IT業界でなくとも「ギズモード・ジャパン」や「ライフハッカー[日本版]」、「ビジネス インサイダー ジャパン」といったオンライン・メディアの記事を読んだことがある、という方は多いはず。これらのメディアを運営しているのが、業界の雄として有名なインフォバーングループである。しかし、そんな先駆的なメディア企業でも、ほかのメディア企業同様 "厳しい労働環境"が問題視されていた。そこで、働きやすい職場環境の実現に向けた人事制度の改革に着手。その取り組みの一つとして「リア充手当」制度を導入した。この「リア充手当」制度の実現に一役買っているのが"TeamSpirit"だ。

IT Search+

夜勤の勤怠管理で押さえるべきポイントと労働時間の計算方法

夜勤の勤怠管理で押さえるべきポイントと労働時間の計算方法

病院をはじめ、夜勤のある仕事はたくさんあります。夜勤は通常勤務と違い、残業手当や勤務日数の計算などが非常に厄介です。ただ、ここをおざなりにしてしまうと、労働基準法にいつの間にか抵触していたなんてことになりかねません。そこで、夜勤の勤怠管理に伴う企業が押さえておくべきポイントと労働時間計算上の注意点などをわかりやすく解説していきます。

勤怠管理・就業管理

派遣社員の勤怠管理における基礎知識と注意点

派遣社員の勤怠管理における基礎知識と注意点

一時的な人手不足や実質的な試用期間を設けるために、派遣社員を雇っている企業はたくさんあります。派遣社員は派遣先企業の社員ではなく、あくまでも派遣先企業と派遣会社との契約によって派遣されますが、勤怠管理は派遣元の会社が行うのが一般的です。そこで、年々需要が増している派遣社員の勤怠管理やその際の注意点、トラブル事例などについて解説していきます。

勤怠管理・就業管理

業種別の勤怠管理システムの特徴と選び方

業種別の勤怠管理システムの特徴と選び方

業種によって従業員の勤務形態は大きく異なります。事務系の業種であれば午前9時から午後5時までの勤務時間が多いですが、飲食業では24時間営業も珍しくありません。また、正社員ばかりの業種もあれば、パートタイム従業員が主という業種も存在します。そのため、自社の業種に合った勤怠管理システムを選ぶことが必要となります。ここでは、業種別の勤怠管理システムの特徴と選び方を解説していきます。

勤怠管理・就業管理

働き方改革によって求められる勤怠管理

働き方改革によって求められる勤怠管理

働き方改革では、働く人の視点に立って労働制度の抜本的な改革が行われます。働く人それぞれが自分に合った働き方を選べるようになる一方で、企業には多様な働き方を管理することが求められるようになります。ここでは、働き方改革によって具体的に何が変わるのか、企業にはどのような勤怠管理が求められるようになるのかを解説します。

勤怠管理・就業管理

魚金、「ジョブカン勤怠管理」を導入 - アルバイトの残業時間を約8割削減 [事例]

魚金、「ジョブカン勤怠管理」を導入 - アルバイトの残業時間を約8割削減 [事例]

Donutsは7月18日、魚金が運営する居酒屋チェーン「魚金」が、クラウドベースの業務支援システム「ジョブカン勤怠管理」を導入し、約2年間でアルバイト従業員の月間平均残業時間を約80%削減したと発表した。

業務アプリケーション

沖縄県信用保証協会、「Hi-PerBT人事給与/モバイル給与」を導入 [事例]

沖縄県信用保証協会、「Hi-PerBT人事給与/モバイル給与」を導入 [事例]

日立ソリューションズ西日本は6月8日、沖縄県信用保証協会が人事給与システム「Hi-PerBT 人事給与」と明細配信システム「Hi-PerBT モバイル給与」を導入し、2018年2月から稼働を開始していることを発表した。

業務アプリケーション

勤怠管理に携わるなら知っておくべき労働基準法の基礎知識

勤怠管理に携わるなら知っておくべき労働基準法の基礎知識

バックオフィス業務のなかでも非常に手間がかかる業務といわれているのが勤怠管理とそれに伴う給与計算です。この勤怠管理をするうえで欠かせないのが労働基準法の知識です。社会問題になった長時間労働問題などを背景に、勤怠管理に対して今まで以上に慎重になっている企業も多いでしょう。これからの時代ますます重要になってくると思われる労働基準法について、重要なポイントを見ていきます。

勤怠管理・就業管理

中小企業の勤怠管理、クラウド型勤怠管理システムをすすめる理由

中小企業の勤怠管理、クラウド型勤怠管理システムをすすめる理由

従業員数が数十人から数百人規模の中小企業では、エクセルや管理台帳などで勤怠管理をしているところも多いのではないでしょうか。しかし、手作業でのアナログな勤怠管理は煩雑さを伴い、人為的なミスを招く恐れがあります。これを防止するために続々と導入されているのがクラウド型勤怠管理システムです。ここでは、中小企業にこそ注目のクラウド型勤怠管理システムについて見ていくことにしましょう。

勤怠管理・就業管理

便利な勤怠管理システムの給与計算機能 - 給与ソフト連携でより高機能に

便利な勤怠管理システムの給与計算機能 - 給与ソフト連携でより高機能に

長時間労働やブラック企業などの存在が社会問題になり、一時期ニュースでも連日報道されていました。このような状況において、企業の勤怠管理は今まで以上に慎重な作業が求められます。適正な労働時間とそれに見合った給与計算を手作業で行うのはなかなか大変です。そこで注目を集めているのが、勤怠管理システムと給与計算ソフトの連携です。大幅に工数を削減してくれるため、中小企業をはじめ多くの企業が導入を始めています。

勤怠管理・就業管理

便利な勤怠管理システムのシフト設定機能 - 複雑なシフト管理を簡単効率化

便利な勤怠管理システムのシフト設定機能 - 複雑なシフト管理を簡単効率化

どんな業種であってもシフト制を採用しているところは少なくありません。この勤務体系は従業員にとってスケジュールが組みやすいなどのメリットがありますが、シフトを組む側にとってはかなり大変な作業です。企業によっては早番や遅番といった2交代制ではなく、3交代や4交代制を採用しているところもあるでしょう。そんな複雑になりがちなシフト管理を簡略化してくれる便利な勤怠管理システムの機能を取り上げます。

勤怠管理・就業管理

便利な勤怠管理システムの申請・承認機能 - 完全オンラインでも申請・承認

便利な勤怠管理システムの申請・承認機能 - 完全オンラインでも申請・承認

企業が行う勤怠管理のなかでも、有給休暇や代休などの手続きは逐一作業が伴い、面倒くさいと思っている人も多いのではないでしょうか。これらの作業には煩雑さが伴うだけでなく、確認ミスや承認漏れなどのリスクも常に付きまといます。これらのリスクを排除してくれる勤怠管理システムの申請・承認機能について紹介していきます。

勤怠管理・就業管理

便利な勤怠管理システムの打刻機能 - 最先端の打刻機能で業務を効率化

便利な勤怠管理システムの打刻機能 - 最先端の打刻機能で業務を効率化

有給休暇や代休など、企業の勤怠管理は煩雑になりがちです。従業員が多ければ特にそうで、管理表や申請書を使ったアナログな方法では致命的なミスが発生しやすいというリスクがあります。そんなリスクを最小限に抑えるために、便利な勤怠管理システムがたくさん開発されているのです。ここではそんな便利な勤怠管理システムの機能を紹介します。

勤怠管理・就業管理

便利な勤怠管理システムの集計機能 - まずは正しい設定から

便利な勤怠管理システムの集計機能 - まずは正しい設定から

従業員の増加に伴い勤怠管理は煩雑になります。特に、勤務形態が異なる従業員が混在している職場などでは、その管理は複雑化します。そこで注目されているのが勤怠管理システムの自動集計機能です。一般的な勤怠管理システムは、設定を済ませてしまえば残業を含め、従業員の勤務時間を自動で計算します。給与システムと連携させれば、毎月の支給額まで計算可能となり大変便利です。以下、勤怠管理システムの集計機能と主要な設定について紹介します。

勤怠管理・就業管理

勤怠管理システムの主な機能、把握することで有用性が見えてくる

勤怠管理システムの主な機能、把握することで有用性が見えてくる

「勤怠管理システム」とは、従業員の勤務実態を記録し、就業全般を管理するシステムです。そして、勤怠管理システムが有する様々な機能を活用することによって、各種業務の軽減化、合理化を進めることができます。例えば、給与計算や個人情報の管理はもちろんのこと、シフト表の自動作成や各種申請のペーパーレス化なども可能です。様々な種類のシステムが用意されていて、導入の目的やニーズに合わせて柔軟に対応できます。

勤怠管理・就業管理

勤怠管理システム導入の注意点、導入効果を最大にする事前準備のポイント

勤怠管理システム導入の注意点、導入効果を最大にする事前準備のポイント

勤怠管理システムの導入は、各種機能の活用や他システムとの連携によって、様々なメリットをもたらします。一方、全社員にかかわるシステムであるため、一度導入してしまうと簡単に別のシステムに変更することはできません。導入効果を最大にするためには事前の準備がとても大切です。導入時における注意点、着意すべきポイントを紹介します。

勤怠管理・就業管理

27 件中 1~20件目を表示中

27 件中 1~20件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る